クリスマスケーキの売れ残りセールは26日?25日?あの有名店も安売りするの?

スポンサーリンク

夏も終わり、秋になると百貨店や人気洋菓子店、コンビニなどでは、早くもクリスマスケーキの予約受付が始まります。特に人洋菓子店ではすぐに売り切れてしまうため、早めに予約を考えている人も多いようです。


また最近は、コンビニのクリスマスケーキもあなどれないほど、美味しくなっていますし、どこで購入するか迷いますよね?


しかし、クリスマスケーキってちょっとお高く感じませんか?「少しでも安く、お得にクリスマスケーキを買いたい!」と思っている人も少なくないかもしれません。


そこで今回はクリスマスケーキについて調べている人へ、売れ残りセールについての情報をご紹介します。



スポンサーリンク

【クリスマスケーキ売れ残りの安売りがはじまるのは26日?25日?】

一般的に家でクリスマスをする場合、12月24日にやる人が多く、24日が都合の悪い場合などは、その次の25日にやりますよね?


24日に売れ残ってしまったクリスマスケーキでも、25日に売れる可能性はまだまだありますので、この時点でケーキの値引きはないと思われます。


実際にケーキの値引きが始まるのは25日になってからです。


そして、クリスマスケーキの賞味期限を考えた場合、26日の時点では、クリスマスケーキは売り切れか、賞味期限切れにより廃棄している場合がほとんどです。


ケーキ店では、クリスマスの天候が崩れたりしてない限り、売れる個数というのはだいたい同じなので、クリスマスの3か月ほど前から、過去のクリスマス時期の売り上げデータなどから、売れる個数を分析して販売個数の計画を立てています。


最近では売れ残りを出さず、値引きもせずに済むようにクリスマスケーキは、予約販売のみとしているところも多く、そのようなお店では値引きは望めません。


スーパーなど確実に当日販売をしているお店では、12月25日のお客さんが落ち着き始める夕方18時過ぎから19時頃に値引きを始める場合が多いようです。25日の閉店までには、何とか在庫をなくしたいので、閉店2時間前くらいから値引きを始めます。


ただし、半額まで値引きをされることはほとんどなく、多くのお店は30%値引きくらいですが、それでも売れていくようです。





【そもそもクリスマスケーキを食べる習慣はいつから?】

日本のクリスマスには、いちごがのった生クリームのデコレーションケーキが定番ですね?1922年(大正時代の末期)に不二家「クリスマスにはケーキを食べましょう!」と習慣づけるようにマーケティングをして、日本で初めてクリスマスケーキを販売しました。


クリスマス定番のデコレーションケーキの基本形は不二家が作ったものですが、当時は高価で一般市民が購入できるものではなかったようです。日本にクリスマスケーキが本格的に広まったのは、昭和50年代(1975年~)からだそうです。


あるメーカーでは、今年のクリスマスケーキの製造開始は12月1日からで、250万個出荷予定とのことです。そのため製造アルバイトの求人もよく見かけます。


最近のクリスマスケーキは進化して、日本でも色々な種類のクリスマスケーキが楽しめるようになってきましたが、やはり日本での一番人気は基本のいちごがのったデコレーションケーキのようです。</p


【不二家やシャトレーゼ、など有名店でのクリスマスケーキもセールはあるの?】

街の個人のケーキ店では、予約販売のみが多く、値引きを期待するのはなかなか難しいので、早割などがあるお店では、それを利用しても良いかもしれません。


不二家やコージーコーナー、シャトレーゼなどの洋菓子チェーン店では、値引きがされることがあります。


<不二家>
不二家のクリスマスケーキの予約は店舗のみの受付です。2016年の予約は12月16日(金)でした。不二家では締切日までに予約をすると、クリスマス仕様のプレートがついてきます。


不二家では予約をしていなくても、ほとんどのクリスマスケーキが店頭に用意されています。ただ時間によっては、お目当てのケーキが品切れの場合があります。


不二家のクリスマスケーキの安売りは噂の息を出ません。ここ数年、売り切れはあっても、売れ残りや値引きはほとんどされないという声もあります。


それでもとにかく安く購入したい場合は、26日にお店を覗いてみて、運がよければ、半額になった売れ残りのクリスマスケーキが見つかるかもしれません。


<シャトレーゼ>
シャトレーゼでも予約が可能で、当日店舗で購入することもできます。


シャトレーゼでは売上を予測して、クリスマスケーキを用意していますが、どうしても売れ残りが発生してしまうこともあるようです。


しかし、店舗によって、余った時点でクリスマスケーキを廃棄してしまったり、余らせないように計算してお店に出す方針の店舗もあるようです。


ネット情報では、25日のクリスマスケーキに既に半額で販売している店舗があったり、26日、27日になって半額で販売していたりと様々なようです。


ただし、どのようなタイミングで値引きになるのかはわかりませんので、確実に購入したい人は、やはり予約をした方が確実です。


とにかく安くクリスマスケーキをゲットしたい人は、お店を覗いてみるしかありませんね?


【もしかしたらお得に買えるかも?争奪戦必至のクリスマスケーキとは?】

今年のクリスマスも争奪戦必至!間違いなしの人気のクリスマスケーキをご紹介します。ご予約はお早めに!

<キルフェボンのクリスマスケーキ>
「キル フェ ボン」フルーツタルト専門店です。旬のフルーツをふんだんに使った綺麗な宝石のようなケーキは、女性たちにとても人気です。


2016年の限定クリスマスケーキは3種類で、どれも旬のフルーツがたくさんデコレーションされています。1つ目は「タルトプレミエ クリスマスツリーのタルト」で、ツリーの形をしていて、ベリーをふんだんに使ったケーキです。サイズは3サイズあります。


2つ目は「色とりどりのフルーツリースタルト」です。クリスマスリースの形で10種類以上のフルーツが使われています。サイズは3種類あります。


最後は「ブルターニュ産“ル ガール”クリームチーズムースのタルト」です。クリスマスの花「ポインセチア」かたどったケーキで、たくさんのいちごが使われています。


キルフェボンのクリスマスケーキは、10月初旬に予約開始です。商品の引渡しは12月20日から25日の5日間です。早めに予約しましょう!


ほとんどの有名洋菓子店と同じく、キルフェボンの限定クリスマスケーキも、予約販売のみです。当日店頭販売はありませんので、Å残念ながら売れ残りセールもありません。


10月には各地で試食会が行われるようです。


キル フェ ボン公式HP

こだわりのタルト、ケーキのお店。 キルフェボン
ようこそ、キルフェボンへ。こだわりのタルト、ケーキをご用意して青山、銀座、大阪など全国10店舗にてお客様のご来店を心よりお待ちしております。


売れ残りセールを狙うならコンビニのクリスマスケーキが狙い目です!運がよければ半額で買えるかもしれません。争奪戦必至!のセブンイレブンのクリスマスケーキをご紹介します。


セブンイレブンで人気のクリスマスケーキは、21周年をむかえるロングセラーの「かまくら」です。セブンイレブンのケーキの売上が120万個の中、29万個がこの「かまくら」なのです。


このケーキはただスポンジとホイップクリームだけではなく、いちご入りのババロアが入っていて、食感が他のケーキと違います。見た目はふわふわの雪だるまといった感じで、甘さはひかえめです!


2つ目はやはり定番のクリスマスケーキの「ガトー・フレーズ」です。先の「かまくら」とともに人気があるショートケーキです。


このケーキは他のケーキと違うのは、生クリームのおいしさです。濃厚ですが口溶けがよくほどよい甘さが人気です。セブンイレブンのクリスマスケーキは本気度が伝わりますね?


セブンイレブン クリスマスケーキ

クリスマス
ケーキやチキンなど、クリスマスメニューを多彩にご用意しました。



【最後に】

「クリスマスケーキの売れ残りセール」についてご紹介しました。今年も美味しいクリスマスケーキで幸せ気分に浸ってみませんか?


最後にまとめると


①クリスマスケーキの売れ残りセールが始まるのが25日

②日本にクリスマスケーキが広まったのは、昭和50年代(1975年)

③不二家やシャトレーゼなどでもクリスマスケーキのセールはある

④争奪戦必至の有名店のクリスマスケーキは、「キル フェ ボン」とセブンイレブンの「かまくら」「ガトー・フレーズ」


などをご紹介しました。参考にしていただいて、是非、クリスマスケーキの売れ残りセールもチェックしてみてください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です