嫁が実家依存しすぎで、離婚を検討中!実家依存症とは?

スポンサーリンク


最近、気が付けば、妻が近くに住んでいる実家の両親のことばかり話しており頻繁に実家に帰っている、そんな状況下にいる旦那さんは多いのではないでしょうか?不景気のため、自分の親世代よりも子育てや家のやりくりに苦労している若夫婦は多いものです。


そのため、妻の実家に経済援助してもらっていたり、妻の実家の近くに住んで、子育てを助けてもらっている家庭がほとんどでしょう。そんな中、急増しているのが妻の実家依存症です!放っておくと、旦那さんの居場所がなくなったり、離婚になるケースもあるんですよ!


スポンサーリンク

実は多い、実家依存症の嫁!いったいどんな状態?

そもそも、妻の実家依存症ってどんな状態を指すのでしょうか?

まぁ、言葉の通り、実家に入り浸っている妻を意味するのですが、妻の家族が口出ししてきたり、妻の味方についてしまい、旦那が孤立してしまい、旦那が産後うつになるケースや離婚に至るケースが目立ちます。


離婚まで行かなくても、妻が子供と共に実家に居候してしまうこともあり、なんのために結婚したのか分からないなんてこともあります。


どんな人が実家依存症になりやすいのか?

傾向としては、特に新婚や子供が生まれたばかりの妻に多く見られます。慣れない環境で苦労して、実家の居心地の良さに依存してしまうのです。


さらに、最近は経済的な理由も多く見られます。不景気で若い夫婦はやりくりに苦労しているために、親世代に経済的援助を求めた結果、妻の両親の干渉が止まらなくなるのです。


さらに、旦那が子供や家庭を優先せずに仕事や友人との付き合いを優先している家庭に多く見られる光景でもあります。自分の家庭をほったらかしていれば、妻は一番居心地が良い実家に住み着くのも時間の問題ですよね。


また、現代では、不景気のために共働きが多く、妻は育児・家事・仕事(パート)の3つを両立させなければなりません。旦那は毎日残業で一日中、仕事をしているので育児や家事の手伝いには限りがあります。その結果、妻が実家に助けを求めて、実家依存症に陥るケースもあります。


もちろん、子供が生まれて、1歳になるまでに離婚する夫婦の数は年々増えているので、ある程度は妻の実家に子育てや家事を手伝ってもらい、妻の負担を減らした方が良いと思います。妻は実家の方が気兼ねなく援助を求められますからね。子供が小さいうちある程度は妻の実家をうまく使うのも重要ですよ。


離婚のリスクも⁉結婚後も親に頼る実家依存症なママの特徴7つ




離婚になったしまったケースも。。。。実家依存症の問題とは?


妻が実家依存であっても、育児や家事で妻と喧嘩せずにいられるので良いのでは、と思う旦那も増えています。夫婦だけで育児・家事・仕事をこなしていると、いずれは大喧嘩が勃発して離婚危機に陥いるというのはよくあることです。


旦那の自分が必要に妻から責められるよりも実家依存症を黙認していた方が楽ではあるのですが、あんまり妻が実家に依存しすぎると、帰ってきたら、妻は実家で食べてきており、自分のごはんがなかったり、家庭の相談や問題を妻の両親から初めて聞いて咎められたり、子供までもが妻の実家に入り浸り、自分になつかなかったり、価値観の違いで喧嘩になっても自分の味方が一人もいなかったりという問題に出くわすかもしれません。


他にも、新婚から実家依存症となった妻との間に子供ができないケースや妻が結婚に価値を感じられなくなり、離婚に陥るケースもあります。喧嘩した際に実家に帰り、何日も帰ってこないから話し合いもできないなんてこともあります。


また、妻が自分の実家にべったりのため、旦那の両親との仲が全く深まらず、疎遠になってしまうこともあります。旦那も妻の両親に嫌気がさして疎遠になることが多いです。


離婚したいですか?「実家依存症妻」の特徴10項目



こんな兆候がでたらヤバイ!実家依存症チェック!


今の20代や30代の女性というのは、母親と友達のように仲が良いのが特徴です。なので、結婚後であっても、妻は母親との連絡を毎日欠かさず行っており、買い物も家事も育児も母親に手伝ってもらい、相談がある場合も旦那よりも先に母親や自分の家族にするようになってしまいます。なので、まず、妻と母親の仲が良い場合は要注意です。


さらに、実家に帰るのは娘なのだから当たり前だと思っている場合も、家を出たという自覚がないことを表しているので、危険です。また、旦那がいない時は実家で過ごすのが当たり前になっているのも危険度高めです。


そもそも、妻の家庭では母親の発言や決定権が強く、父親の影が薄い場合も依存症になりやすいです。ただ、こういった家庭は現代ではほとんどそうだと思いますが。


また、妻が旦那の意見よりも実家の意見を優先したり、相談事をまず実家の両親にするような場合も気を付けなければなりません。また、妻の母親が過保護で過干渉である場合も同様です。


嫁を実家から取り戻せ!実家依存症の妻を持つ夫がするべき行動とは?


手っ取り早い方法

まず、一番手っ取り早い方法は、妻の実家から遠く離れた場所に住むことです。当然ですよね、実家が近いから妻が入り浸るのですから、離れればいいんです。


ただ、この時に注意が必要なのは、フェアーにするため旦那の実家からも遠いところに住むことです。自分は気づいてないかもしれませんが、妻の依存症を問題視する旦那の過半数は自分も実家に依存している場合が多いんです。


毎週末、親孝行と言い聞かせて、子供といっしょに実家に行っていませんか?もちろん、姑と嫁の仲が良くなるようにするのは大切ですが、一番大切なのは夫婦や自分の家庭の絆を高めることです。


子供がいる夫婦の場合

妻が一人で子供と過ごす時間が多いと、当然、妻は実家に行く頻度が増えます。妻と子供との時間を大切にすることで、妻の依存症は治せます。妻を献身的にサポートして、時間を作って夫婦で話し合い、お互いの大変さを理解しましょう。


妻は自分が大変なことを旦那に愚痴れないから、実家でストレス発散しているだけなのですから。夫婦での取り決めをきちんと話し合って作り、なるだけ妻と子供と出かけたり、何かを家で作ったりして家族だけの時間を作り出しましょう。


その時間の中で夫婦間の絆も深まります。夫婦は育った環境が異なる者同士なので、黙っていても何も伝わりません、どんな些細なことも相手に話して、分かり合う努力をしましょう。妻だって、結婚相手として選んで、自分の意志で結婚したのですから、旦那を大切に想う気持ちがあります。それを忘れずに、新しい家庭を築く自覚をお互いが持てるように努力しましょう。


【最後に】


嫁の依存症を治す手っ取り早い方法は、実家から遠ざかることですが、そう簡単に引っ越しもできるものじゃないですよね。できたとしても、仕事もありますし、差ほどの距離ではないでしょう。妻が実家に行きがちになると、妻の実家からの自分の評価が気になることでしょうが、マイペースでいることで鬱になるのを防げます

また、自分から妻の母親や父親に相談することで、自分も積極的に妻の実家に依存するのも一つの手ですよ。夫婦で依存すれば、それはもう妻の依存症ではないですからね。疎外感はなくなりますよ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です