ハロウィンが日本に広まったのはいつから?外国人からみたおかしい?海外の反応は?

スポンサーリンク


毎年ハロウィンの季節になるとたくさんのハロウィンイベントが開催され、また仮装グッズや小物などをあちこちで見かけます。
お菓子などもハロウィンバージョンなどが並び、すっかり季節のイベントのひとつとなっていますよね。


しかしハロウィンは「自分の子どもの頃はそんなに盛り上がってなかった」という方も、多くいらっしゃるのではないでしょうか。
いつの間にかこんなに大きな規模に発展しすっかり定着した感じのあるハロウィンですが、決して歴史は長いわけではないんですよね。


今回はそんな日本のハロウィン文化、また外国人から見た場合の様々な反応など、日本ならではのハロウィンについてを紹介したいと思います!


スポンサーリンク

【日本にハロウィンが広まったのはいつから?誰が流行らせた?】


毎年周囲を見渡すだけでもすっかり日本に根付いたハロウィンですが、やっぱり子どもの頃はそんなに盛り上がってなかった、言ってみれば「外国のお祭り」程度の認識だったという方も多いですよね。
それもそのはず、日本で盛り上がってきたのは東京ディズニーリゾート、またユニバーサル・スタジオ・ジャパンなどがハロウィンをイベントとして取り上げ、盛り上げるようになってきてからなのです。


それまでにも商業的な要素としてイベントを考えられたりはしていたのですが、そこまで浸透はせずに終わっていました。
一気に広まったのはやはり東京ディズニーリゾートがパレードやイベントに組み込んでからのことで、2001年頃からイベントとして定着しはじめ現在となってはビッグイベントとなりました。


ちなみにハロウィンの経済効果も成長がすさまじく、市場規模は1120億円……なんとそれより前から定着しているバレンタインの市場規模を越えているんです。
バレンタインはどうしても「プレゼント」という制限がありますが、ハロウィンはコスプレ衣装や小物、お菓子、イベントなど幅広く、経済効果もまだまだ伸びる余地があると言われています。




【日本のハロウィンはおかしい?本来のハロウィンはどんな行事?】



とはいえ日本で広まったハロウィンは本来のハロウィンとかなりかけ離れたものであり、外国の方から見ると戸惑うことも多いそうです。
ですので次に、本来のハロウィンとはどういうものなのか、どんな意味があるのかを見てみましょう!


ハロウィンとは毎年10月31日に行われるお祭りのことで、その起源は古代ケルト人と考えられています。
本来は秋の収穫を祝い悪霊を払う「宗教行事」であり、夏が終わって冬が始まるこの時期に有害な精霊や魔女から身を守るために仮面をかぶり、魔除けの焚き火を焚いていたんです。


また子ども達も仮装し、近くの家を訪ねて「トリック・オア・トリート」「お菓子をくれなきゃいたずらしちゃうぞ」と唱える風習があります。
この日に備えてそれぞれの家庭はきちんとお菓子を作り、子どもたちにお菓子を与え、子どもたちはそのお菓子を持ち寄ってハロウィンパーティーを開いたりもしていました。


ハロウィンはもともとケルト人の国であるアイルランドで色濃く残り、10月最後の月曜日は祝日となってハロウィンを祝うそうです。
その他英語圏でも知名度は高く、ハロウィンは大切な行事であり、同時にお祭りでもあるんですね。


一方日本におけるハロウィンは真っ先に「仮装」、しかも「子どもではなく大人も仮装をして盛り上がる日」という印象が強いのではないでしょうか。
ディズニーなどはもちろんのこと、各地でも仮装イベントやパレードが開催され、毎年大きな盛り上がりを見せています。
仮装についてもコスプレ衣装として様々なものが販売され、アニメやマンガのコスプレも多く見かけるのが特徴です。


このように日本では本来の意味である「宗教的行事」の意味合いはほとんどなく、完全に娯楽の要素が強くなっているんですね。
クリスマスも同様ですが、日本にとってはハロウィンも「季節のイベント」であり、大人も仮装をして楽しむ、外国とは違ったものになっています。


【ハロウィンのバカ騒ぎが嫌い、、、という声も。】



このように日本では極めてここ最近に盛り上がるようになったハロウィンですが、正直なところ否定的な、日本のハロウィンを嫌っているという方もいます。
どうして日本のハロウィンが嫌われているのか、その理由もありますので見てみましょう。


例えばこちらのブログですが、分かりやすく日本のハロウィンが嫌われている理由が載せられています。
ハロウィンなんて大嫌い!何で街に出てくるの?家でやれよ家で!
ハロウィンなんて大嫌い!何で街に出てくるの?家でやれよ家で! 今まで10月末といえば学園祭の他に目立ったイベントもなく 秋が深まり始める静かな時期。 &nbsp


また「発言小町」でも、すぐに「ハロウィンが嫌い」という方が集まっているトピックを見つけることが出来ますね。


「ゾンビとか気持ち悪いメイクをして街中に出てくるのが気持ち悪い、家でやって欲しい」
「ただの目立ちたがりが群れて騒いでいるだけ、ハロウィンのせいで機動隊が出動したりと税金が使われているのが馬鹿らしい」


こういった理由が目立ちます。
渋谷のハロウィンに関してはゴミのひどさ、翌日の片付けなども一気に広まったので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。


【日本のハロウィンを海外の人はどんな風に見ているの?】



一方国内だけではなく海外からも日本のハロウィンは特殊なものと映っているようで、肯定的な意見や否定的な意見、どちらも見かけることが出来ます。


本来のハロウィンイベントは宗教行事ですし、海外では「子どもが仮想してお菓子をもらうイベント」という日です。
それを日本では大人も仮装して街中を歩き、パレードで行進する……というのは、海外の方からすると非常に違和感があるそうです。


また日本では本来の意味があまりに知られておらず、ただの娯楽的なイベントという風潮が強いですよね。
これに関しても「何を祝っているのか分からずに盛り上がっている」ということで違和感を持つ方が多くいらっしゃいます。


しかしこういった否定的、懐疑的な目だけではなく、肯定的な意見があるのも事実です。
「日本のコスプレのレベルの高さに驚いた」「バラエティと質の高さが素晴らしい」など、本物と見間違えるようなコスプレを一般の方がやっていることに驚き、感動したという意見も見られます。


日本のハロウィンはおかしい Japan Fails At Halloween?


【まとめ】

このように日本のハロウィンは独自のものになりつつあり、本来のハロウィンの趣旨である収穫のお祝いや宗教行事といった意味合いはほとんどありません。
肯定的な意見、否定的な意見どちらも国内・海外で見かけられ、これからの変化についても見守っていきたいところですね。


とはいえもちろんゴミのポイ捨てや場所をわきまえないコスプレ、またそういった場所での子どもが怯えるようなメイクは常識的に考えて受け入れられるわけがないのも事実だと思います。
日本独自のハロウィンを楽しみたいのならこういった部分にもしっかり目を向け、誰もが苦痛を感じない、楽しい日となるように少しずつでも変えていきたいところですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です