保育園年長さんが運動会で発表する人気のダンス曲は?練習方法は?

保育園

保育園での最後の運動会、子どもたちに楽しい思い出を作ってあげたいですよね。
特にみんなで踊るダンスの発表は、子どもたちの努力の成果も見ることが出来るので親御さんも楽しみにしていると思います。

では肝心のダンスの選曲や練習方法はどのようにしたらいいのでしょうか

そこで今回は、子どもたち思いの保育士さんのために、オススメのダンス曲と練習の仕方をご紹介!

子どもたちがノリノリになるダンス曲を選んで楽しく練習することで、運動会は大成功まちがいなしです!

保育園の年長さんが運動会で主役になる!人気のダンス曲は?

運動会のダンス発表、選曲も肝心です!
流行りの曲でノリノリ♪といきたいところですが、保護者のことも考えながら決めなければなりません

曲のノリだけで決めてしまうと、歌詞に「ん?」と不快になってしまう親御さんもいると思います。

では、子どもたちがノリノリで踊れて、保護者にも楽しんでもらえるダンス曲は何があるのでしょうか。

1. 恋/星野源

大人気ドラマの主題歌だったということもあって、保護者のみんなにも馴染み深い曲ですね。

一度聴いたら耳に残るメロディで、大人の私たちでもダンスを覚えて踊りたくなってしまいます!

星野源 – 恋【MV & Trailer】/ Gen Hoshino – Koi

2. 恋するフォーチュンクッキー/AKB48

一時期テレビや街中でこの歌がよく流れていましたよね!誰もが一度は耳にしたことがあると思います。

元のダンスも特に難しくなく、子どもたちが覚えやすいものになっています!

【MV full】 恋するフォーチュンクッキー / AKB48[公式]

3. ようかい体操第一/Dream5

子どもたちに大人気のアニメの初代エンディングテーマ!
キャラクターが踊っているダンスが大流行しましたね。

すでにダンスをマスターしている子もいるかもしれません。

【妖怪ウォッチ】ようかい体操第一

4. エビカニクス/ケロポンズ

インパクトのある衣装と一度聴いたら忘れられない歌で子どもたちに大人気のダンス曲!

体操のような簡単な振り付けになっているので、ダンスが苦手な子でも楽しく踊れそうですね

エビカニクス/ケロポンズ【2019年夏2つのBESTアルバム発売&20周年記念親子コンサート開催!(8/4@(日)浅草公会堂)】

5. おどるポンポコリン

親御さんの世代から今もずっと親しまれている国民的アニメの主題歌で、知らない人はいないのではないのでしょうか。

歌詞に合わせて振り付けを考えやすい曲ですね!

E-girls / おどるポンポコリン ~Animation Clip~

年長さんのダンスプログラム、振り付けはどうやって決める?

ダンス曲が決まったら、次は振り付けです。
難しすぎず、子どもたちが笑顔になれる振り付けを考えなければなりません。

年長さんのダンスプログラム、振り付けはどのようにして決めればよいのでしょうか。

振り付けの決め方は?

決めた曲の元のダンスをそのまま取り入れて、難しいかもと感じたところは簡単な振り付けにアレンジすると良いでしょう。

もし元々ダンスのない曲なら、歌詞に合わせた子どもたちが覚えやすい振り付けにしても良いですね!

振り付けは誰が考える?

振り付けは全てを先生方が考えても良いですが、「ここはどんなダンスがいいかな?」と子どもたちに聞いて一緒に作るのもまた良いですね!

また、間奏などはあえて振り付けをつけないで、子どもたちが自由に踊るパートや掛け声などを取り入れてみましょう。子どもたちの個性が見られることでしょう!

振り付けはマニュアルにおこすもの?

考えた振り付けはマニュアルなどにおこさなくても大丈夫。
子どもたちは飲み込みがはやく、先生が踊っているのを見て何度も練習していくうちに覚えられます!

ダンスが恥ずかしくてなかなか身体を動かさない子も、お友達の動きを見て振り付けを記憶しています。

マニュアルにおこさなくても自然に身体が覚えているものですよ。

年長さんのダンスプログラム、いつ頃から練習をはじめる?練習のコツは?

ひと通り振り付けが決まったらさっそく練習です!
子どもたちはすぐに飽きてしまうので、長時間の練習はできません。
では、ダンスの練習はどのようにしていけばよいのでしょうか。

練習のコツ

子どもたちが積極的に練習に取り組んでもらうためのコツは、とにかく先生が楽しそうに踊ることです!

ダンスは楽しいものだと子どもたちに感じさせることが大切です。
ダンスを恥ずかしいと思っている子も、周りのお友達や先生が楽しそうに踊っているとつられて踊り出します。

みんなで揃えて完璧に踊ることは二の次!
一番はひとりひとりが笑顔で踊ることを目標にしましょう。

練習期間

先生方が気合を入れて、練習を早めに始めて長い期間やりすぎても子どもたちは飽きてしまいます。

期間はだいたい1ヵ月前から練習を始めて、1日の練習時間は長くても30分くらいにしておきましょう!
運動会本番まで、子どもたちに飽きさせないことが大切です。

練習場所

練習の場所は、振り付けをある程度覚えるまでは先生の声がよく届く教室などの室内で行い、もうそろそろ覚えてきたかなと思ったら本番で踊る舞台で、いつもより大きな舞台に慣れさせましょう!

どうやって園児にスムーズに覚えてもらう?

とにかくダンスは楽しい!と子どもたちに感じさせて、自ら積極的に「覚えよう!」という気にさせることが大切です。
少しでも上手にできたときは褒めてあげましょう!

また、振り付けを教えるときには出来るだけ分かりやすい言葉を使うようにしましょう。

例えば、腕を右左交互に上に突き上げる振り付けは「空に向かってパンチ!パンチ!」、両腕を曲げて踏ん張るような振り付けは「力持ちのポーズ!」など、園児に分かりやすい言葉を使って教えていきましょう!

年長さんのダンスプログラム、当日に成功させるためのポイントは?

子どもたちも振り付けを覚えてきて、あとは本番でいつも通り踊るだけ!
運動会当日、子どもたちに最高のパフォーマンスをしてもらうためには何が必要なのでしょうか

衣装は?その他準備物は?

ダンスの際に着用する衣装は、親御さんと協力して用意しますが、保育園に通わせている親御さんは仕事で忙しい場合が多いので、簡単に用意できるものをお願いするようにしましょう

また作れそうな小道具などは子どもたちと一緒に作ってみても良いかもしれませんね!

保育士のサポート範囲は?

本番中、急に恥ずかしくなって動けない子、泣き出してしまう子、いろんな子がいます
先生が寄り添うことも大切ですが、お友達が「一緒に踊ろう!」と声を掛けてあげるとより効果があります!

事前に子どもたちに声掛けをするよう教えてあげると良いでしょう。
保育士の先生方は本番前の準備と本番後に褒めてあげることを徹底して行いましょう!

並び順は?

ダンスプログラムを成功させるには子どもたちの並び順も重要です!

恥ずかしがり屋さんでダンスに消極的な子は仲のいいお友達の隣に立たせてあげたり、ふざけやすい子同士は少し離してあげたり、隣り合う子同士の相性を考えなければなりません

また、親御さんは目立つ場所で踊る我が子を見たい!と思っています。
ダンスの途中で並び順を変えて、みんなが一度は前に出るようにしましょう

まとめ

ダンスの選曲
踊る子どもたちと見にくる保護者が楽しめる曲を選ぶ

振り付け
子どもたちが難しいと感じたところは簡単な振り付けにアレンジ。
自由に身体を動かすパートや掛け声を取り入れてみる。

練習のコツ
子どもたちにダンスは楽しい!と感じさせることが大切。
飽きてしまわないように長期間の練習は避ける。

当日成功させるポイント
本番前の準備と本番後に褒めてあげることを徹底して行う。
隣り合う子同士の相性で並び順を考えてあげる。

私がもし園児の保護者なら、もし泣いていてもそれはそれで思い出だと思えることでしょう。ダンスの完成度は二の次です。

保育園最後の運動会、子どもたちにとっても親御さんにとってもいい思い出となるよう練習や準備を進めていきましょうね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました