津屋川の堤彼岸花の開花状況・見頃2017!おすすめ散策コースは?

スポンサーリンク


岐阜県海津郡は海津町、南濃町、平田町が合併して誕生しました。 市内のほぼ全域が海抜0m地帯であり、堤防で囲まれ土地です。


海津市の津屋川は、西に養老山地、東に木曽三川が流れるのどかな田園地帯を流れる川です。堤防沿いでは、養老山をバックに咲き誇る彼岸花が鑑賞できます。


とても静かな場所で養老山地が見渡せる景色がきれいです。多くの観光客やアマチュアカメラマンが訪れ、彼岸花を眺めながらのウォーキングも人気です。


そこで今回は「津屋川の彼岸花」の見頃を調べている人へ、情報をまとめてみました。


スポンサーリンク

【3キロ10万本の彼岸花がすごい!】

津屋川左岸の堤防沿いは、彼岸花の群生地として知られていて、約3㎞の間に約10万本の彼岸花が植えられています。


堤防に咲いている花は、平面に咲いている花と、一味違った味わいがあります。対岸から見た津屋川には、彼岸花が水面に映り込んでいて風情があります。


真っ赤な彼岸花も良いですが、見頃を過ぎて縁が白くなりかけた彼岸花も、2色咲きのようで綺麗です。


海津市津屋川は彼岸花だけではなく、自然が豊かで観光名所もたくさんあります。また、養老山脈をバックに良い写真が撮れそうな場所でもあります。


彼岸花の見頃時期には、岐阜県外の遠方からも見に来る人が多く、日の出の2時間前から、待ち構えているカメラマンも結構いるそうです。


朝陽をバックに撮る写真もまた趣がありそうです。彼岸花の見ごろ時期は短めですので、お早めにお出かけ下さいね?


◆概要

場所:津屋川堤防(岐阜県海津市南濃町津屋2241 の東側河川沿い)
アクセス:
公共交通機関の場合:近鉄養老線「美濃津屋駅」下車徒歩約10分
自動車の場合: 名神高速道路「大垣IC」より約20分


動画 海津市 「津屋川堤防」 ~彼岸花~


問合せ先:海津市役所(TEL 0584-53-1374)



【津屋川の彼岸花の開花情報・見頃は?】

津屋川の彼岸花の見頃は、例年、9月中旬 ~下旬ですが、2016年は台風の影響もあり、開花が大変遅れたようです。


彼岸花の見ごろ時期は短く、開花時期もお天気にとても左右されます。


参考までに、2016年の見頃・開花状況をご紹介しますで、見ごろ時期を狙って出かけてみて下さい。


・9月8日  咲き始め
・9月13日 見頃は来週の見込み
・9月23日 開花速度が遅く、見頃は来週にずれ込む
・9月26日 ほぼ見頃
・9月28日 見頃続き


彼岸花の開花状況は、海津市観光協会公式サイトで紹介されます。
旬な情報をお届け 岐阜県は海津市観光協会
「ぐるっと360°自然の宝庫」海津市の見どころや旬な情報を発信します。


【津屋川へのアクセス/駐車場・混雑予想は?】

津屋川堤防の最寄り駅は、近鉄養老線「美濃津屋駅」です。


養老線は自転車を電車内に解体や折り畳みをせずに、持ち込むことができるサイクルトレイン運転もしているので、自転車を持ち込んで津屋川堤防周辺を回ることができます。


津屋川堤防周辺はとても狭い生活道路ですので、散策の際に自動車などの通行の妨げにならないように、注意してください。路上駐車はくれぐれもしないようにして下さいね?


彼岸花の時期は、南濃梅園を南に行ったところにある北部グラウンが臨時駐車場になっていて、約70台収容できますが、他に大きな駐車場がありません。できるだけ養老鉄道でのアクセスをおすすめします。


特にお天気の良い週末や連休などは、無料駐車場も満車になりますので、平日を狙うか、早めにお出かけ下さい。


地元の人からの情報ですと、10時頃と15時頃の人出が多くなるようです。


【小さい秋を見つけよう!おすすめ散策コースは?】

津屋川堤防周辺には、周辺には食事処はないようですが、無料休憩所があり、ボランティアの人たちにより、お茶のサービスや軽食の販売があるようです。


彼岸花鑑賞のおすすめのハイキングのコースをご紹介します。


ルート

美濃津屋駅→津屋城跡→ハリヨ池→彼岸花群生地→津屋川堤防散策→駒野橋→駒野駅→水晶の湯→南濃道の駅


散策距離

約6㎞


所要時間

約2時間


おすすめポイント

・津屋城跡 南濃一帯の領主だった高木氏が住んでいた城でしたが、関ヶ原の合戦の時、 石田三成に 従ったために没落し廃城となり、貴重な文化財になっています。


・ハリヨ池 県の天然記念物に指定されている淡水魚の ハリヨの鑑賞池があります。ハリヨは絶滅危惧種ですが、いまだにこの川では生息しています。


・水晶の湯 日帰り入浴施設です。露天風呂から濃尾平野が眺めます。


【最後に】

「津屋川の堤彼岸花の開花状況・見頃2017!」のまとめはいかがでしたか?


彼岸花というと、お彼岸の花なので少しネガティブなイメージを持っている人が多いかと思いきや、予想以上に人気があることがわかります。


今回ご紹介したのは、


1 海津市津屋川の堤防沿いの約3㎞の間は、彼岸花の群生地として知られていて、約10万本の彼岸花が植えられている


2 アクセスは近鉄養老線「美濃津屋駅」下車徒歩約10分


3 彼岸花の見頃は、例年、9月中旬 ~下旬


などをご紹介しました。 今年は是非、津屋川堤防の彼岸花を見にお出かけしてみませんか?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です