幸手市権現堂堤彼岸花の開花状況・見頃2017!曼珠沙華まつりのみどころは?

スポンサーリンク


幸手市にある県営権現堂公園は、4つのゾーンで構成されており、その一つに権現堂堤があります。


その権現堂堤は、9月になると曼珠沙華(彼岸花)で真っ赤に染められ、たくさんの見物客を楽しませてくれます。


土手沿いに咲く曼珠沙華は、他のスポットとは一味違った趣があります。


そこで今回は「幸手市の彼岸花」の見頃を調べている人へ、情報をまとめてみました。



スポンサーリンク

【白い彼岸花が見れる!幸手市権現堂堤ってどんなところ?】

幸手市と言えば「幸手権現堂堤」と言われるくらい、有名になった「幸手市権現堂堤」は、関東の桜の名所です。


幸手権現堂桜堤保存会が「桜だけではなく、四季折々の花でいっぱいになるように」との願いから、平成12年より彼岸花の植栽を始めました。


その彼岸花は今では約300万本に増えました。色は赤だけでなく、珍しい白やピンクの彼岸花も咲いています。


彼岸花が多く咲く場所は、権現堂堤(土手の斜面)と、堤の上の中央通り沿いです。


権現堂堤は土手なので、花見の時期などには散策しやすいように丸太の階段を作ったり、滑って転ぶ危険がある場所にはロープが張られます。


幸手市権現堂堤は、春には桜の名所として、秋には彼岸花の名所として、多くの見物客を楽しませてくれます。


幸手市権現堂堤へのアクセスは、東武日光線「幸手駅」より路線バスで10分です。


◆概要

場所:県営権現堂公園(幸手権現堂桜堤)(埼玉県幸手市大字内国府間887番地3)
開園時間:4月~9月 8:30~19:00 10月~3月 8:30~17:00
休園日: 12月29日~1月3日


動画「2016 09 28 権現堂堤 曼珠沙華」


問合せ先:権現堂公園管理事務所(TEL 0480-44-0873)




【幸手市権現堂堤の彼岸花の開花情報・見頃は?】

幸手市権現堂堤の約300万本の彼岸花は、例年、9月中旬頃から10月上旬まで楽しむことができます。


2017年の彼岸花の開花情報は、幸手市観光協会公式HPで9月頃公開になります。曼珠沙華まつり開催期間中は、火曜日と金曜日に前日の様子が更新されます。


幸手市観光協会公式HP(開花情報)
開花情報 | 幸手市観光協会
桜の名所で知られる埼玉県幸手市の権現堂堤は、桜・菜の花・紫陽花・曼珠沙華・水仙のお花見をお楽しみいただけます。


参考までに、2016年の見頃・開花状況をご紹介します。


・9月9日 開花
・9月20日 3~4分咲き
・9月23日 6分咲き
・9月25日 見頃!
・9月28日 見頃!
・10月3日 見頃終盤


【幸手市権現堂堤へのアクセス/駐車場・混雑予想は?】

幸手市権現堂堤への最寄駅は、東武日光線「幸手駅」です。


アクセス:
公共機関利用:東武日光線「幸手駅」より朝日バス「五霞町役場」行きに乗車。「権現堂」で下車徒歩10分です。(片道 180円) 路線バスの本数は1時間に1本です。時刻表などの詳細は「幸手市観光協会公式HP」のアクセス「電車」を参考にして下さい。


自動車を利用:東北自動車道「久喜IC」から、栗橋方面に向かい八甫の信号を右折し、5km 先が権現堂公園


幸手市権現堂堤の駐車場は、普通車148台収容可能です。利用時間は、4~9月は8時30分~19時、10~3月は8時30分~17時です。


【曼珠沙華まつりのみどころは?】

曼珠沙華は、本来はインドの古典言語のサンスクリット語で、「天界に咲く」という意味があり、サンスクリット語で「manjyusaka」と書くようです。


曼珠沙華は、秋のお彼岸の時期に咲く花なので、別名彼岸花とも呼ばれています。


白い花はシロバナヒガンバナ、シロバナヒガンバナは赤のシナヒガンバナと黄色のショウキズイセンの雑種だと言われています。


◆開催概要

開催場所:権現堂公園
開催期間:毎年9月中旬から10月上旬(2016年は年9月10日~10月5日に開催されました)
入場料:無料


◆お祭りの見所

1. 土手を覆い尽くす無数の彼岸花
権現堂堤での彼岸花は、土手の斜面に咲いているので、土手の上を歩きながら眺める方法と、土手の下にある道から斜面のお花を鑑賞する方法があります。


行きは下から見て、帰りは上から見るという楽しみ方が出来ますよね?


動画「権現堂の曼珠沙華 満開 〜2016年9月27日〜」


2.希少価値の白い彼岸花
権現堂堤の斜面には、赤い彼岸花に混じって白いお花もところどころに咲いています。白色の彼岸花は繁殖力が弱いので、とても珍しい花と言われています。


白くて清楚な雰囲気があり、赤の彼岸花とは一味違い興味深いですね?


動画「権現堂堤の彼岸花」


3. 「峠の茶屋」
権現堂堤の中央付近に「峠の茶屋」があり、曼珠沙華まつり期間中は、無休で営業しています。


飲み物や自家製のパンの他、幸手市の物産品などの販売をしています。テーブルとイスがあるので、焼きたてのパンを買って小休憩ができます。
営業時間:9時~17時)


【最後に】

「幸手市権現堂堤彼岸花の開花状況・見頃2017!」のまとめはいかがでしたか?土手沿いに鮮やかに咲く彼岸花のじゅうたんは、はっと息を飲む美しさです。


今回ご紹介したのは、


1 幸手市権現堂堤は、春は桜の名所、秋は彼岸花の名所


2 幸手市権現堂堤への東武日光線「幸手駅」より路線バス


3 幸手市権現堂堤の約300万本の彼岸花は、例年、9月中旬頃から10月上旬まで見頃


4 幸手市権現堂堤には希少価値の白い彼岸花も咲いている


などをご紹介しました。 是非、幸手市権現堂堤の彼岸花を見にお出かけしてみませんか?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です