モリコロパークプール混雑予想まとめ!お盆は?駐車場は?

スポンサーリンク



夏の遊び場所として、「プール」が真っ先に思い浮かぶ方も多いと思います。
でも屋外のプールは日焼けも気になるし、天候にも左右されるからなかなか予定を考えにくい……
そんな場合、愛知県のモリコロパークの温水プールで遊ぶというのはいかがでしょうか!



モリコロパークは万博跡地にある「愛・地球博記念公園」の温水プールのことで、屋内の、しかも温水のプールなんです。
ですからちょっと早い時期からプールを楽しむことも出来ますし、紫外線が気になるママ達にとっても安心できる場所なんですね。



モリコロパークの温水プールの混雑予想や駐車場についてをまとめていますので、行ってみようと思われた方はぜひチェックしてみてください!


スポンサーリンク

【モリコロパークプール混雑予想!お盆の時期は?】

モリコロパークは最初にお話した通り愛・地球博記念公園の温水プールで、他にも様々な遊べる場所があります。


愛・地球博記念公園 モリコロパーク となりのトトロに出てくる家など


そんなモリコロパークの温水プールなのですが……屋内でたっぷり遊べる、プールの種類も多いということもあり、かなりの混雑があります。
特に夏休みや土日の混雑はかなりの規模になってしまうので、遊びに行く時期には注意が必要なんですね。


7月は夏休みに入る前まででしたらそこまでひどい混雑ではありませんが、夏休み以降は土日でなくとも混雑の可能性はありえます。
8月の混雑はかなりのもので、特にお盆時期は満足に遊べない可能性もあるかもしれません。


それを避けるためには夏休みまでの平日、夏休み期間もせめてお盆と土日を避け、人が増える11時~16時頃は避けるのが一番です。
それでも混雑していないと言えるほどではありませんので、余裕を持って遊びに行き、場合によっては場所を変えて遊ぶことも考えておくと安心だと思います!



【駐車場の混雑予想は?何時頃にいけばスムーズに入場できる?】

モリコロパークの駐車場は3ヶ所あり、駐車料金はそれぞれ以下のようになっています。


普通車:500円
大型車:1650円


しかし公式サイトでも「土日祝祭日及びイベント開催時は駐車場が大変混雑する」と書かれてあり、プールがどうしても混雑する夏休みに行く場合は電車など他の手段がおすすめです。
リニモ「愛・地球博記念公園駅」から徒歩すぐにモリコロパークはありますので、駐車場で時間がかかってしまうよりは便利だと思いますよ!

スポンサーリンク

とはいえ車でないと行きにくい場合もあると思いますので、駐車場の詳細情報もご紹介しますね。


駐車場は合計1811台停められるので数字だけ見ると安心してしまうのですが、プールはもちろん、他の場所へ行く方も多いので非常に混雑します。
開園直後を狙えばまだ安心出来ますが、出発が遅くなってしまった場合はもう停められないと思っておいたほうが安心です。


じゃあ近くの駐車場に停めれば……となるのですが、残念ながらモリコロパークは山の中にありますので、モリコロパーク以外の駐車場も期待できません。
もしお出かけが遅くなり駐車出来るか不安な場合、リニアの他の駅近くで駐車場があるところを探し、モリコロパークへはリニアを使っていくことをおすすめします。


【プールにテントの持ち込みはOK?場所取りをするならどこがおすすめ?】

モリコロパークはプールを利用するためのルールがかなりしっかり決まっていますので、持ち込みなどについてもチェックしておきましょう。


まず最初に屋内ということもあり、モリコロパークプールにテントの持ち込みは出来ません。
浮き輪も80cm以内までという制限がありますので、例えば大きなジャンボ浮き輪などは持ち込みが不可となっています。


モリコロパークの温水プールにおける場所取りは情報もなく、また撮影も出来ませんので写真などもありません。
休憩場所に困ったという話もあまり聞きませんので、気にせず向かっても大丈夫だと思います。


【モリコロパークプールはオムツでもOK?お弁当・飲み物は?】

モリコロパークのプールはおむつが外れていない子どもは入場、またプールサイドでの見学も不可となっています。
水遊びパンツを使っても不可ですが、そもそもエリアに入ることが出来ませんので残念ですがおむつが取れてから遊びにいきましょう。


また飲食の持ち込みも出来ず、カフェテリアを利用するか一時退場して飲食することになります。


モリコロパークの温水プールは水着を着用していない方は入場出来ず、プールへ持ち込めるものもそもそも決まっています。
詳しくはモリコロパークのサイトを一度チェックしておくことをおすすめします!

モリコロパークのサイト:


【まとめ】

モリコロパークの温水プールはそもそも持ち込めるものが決まっていますので、写真や動画といった情報があまりありません。
とはいえ口コミでの評価は高く、小さい子どもから大人までが様々なプールで遊べる場所となっています。


もしプールが混雑しすぎていた場合も違うエリアで遊ぶことが出来ますので、夏のお出かけ場所のひとつとして、ぜひチェックしておいてくださいね!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です