群馬のラベンダーパークは関東最大!見頃は?東京からのツアーはある?

スポンサーリンク

群馬県沼田市の玉原高原(たんばらこうげん)は、冬はスキーヤーが集まり、1年を通して楽しめる通年型森林リゾートです。また、4~5月に見ごろを迎えるミズバショウから始まり、7月中旬から8月中旬頃には、近くのラベンダーパークが見頃になります。面積20万㎡の敷地には、関東最大規模の5万株のラベンダーが咲き誇り、見物客を魅了します。

そこで今回はたんばらラベンダーパークの情報を調べている方へ、見頃、ツアー情報などと合わせてご紹介します。

スポンサーリンク

【関東最大のラベンダー畑!たんばら(玉原)ラベンダーパークってどんなところ?】

たんばらラベンダーパークは面積20万平方メートルで、冬はたんばらスキーパークとして、営業しています。ラベンダーシーズン中は、園内に入るとほのかなラベンダーの香りに癒されて、500円でラベンダー摘みが出来ます。ラベンダーだけでなく、ニッコウキスゲなど、園内には約100種類のお花でいっぱいになります。

また、園内にはドッグランも併設されていますので、ワンちゃんも喜びます。お子様には遊具コーナーもありますので、ご家族全員で楽しめます。名物ラベンダーソフトもおいしいし、レストランにはもうひとつ名物になっている、高さ20cmの迫力ある「巨大ハンバーガー」もあります。見てみたいですね!

場所

たんばら(玉原)ラベンダーパーク(群馬県沼田市玉原高原)

営業期間

6月中旬~9月中旬(開花状況により前後する場合があります)

開園時間

8:30~17:00(入園は16:30まで)

入園料

大人800~1,200円 小学生以下無料(料金は花の咲き具合で変わるそうです)
・障害者の方は、入園券売場で障害者手帳を掲示すると、本人のみ入園無料。
・たんばらスキーパークのリフト1日券で大人1名が入園無料。

夏山リフトの営業時間(2016年情報)

ウッディライン:7月2日(土)~8月28日(日) 8:30~16:30
ラベンダーライン:7月16日(土)~8月14日(日)8:45~15:45
※悪天候の場合は運休することがあります。

<ウッディライン>
・往復:大人800円/小学生600円
・片道:大人500円/小学生350円

<ラベンダーライン>
・上りのみ:大人500円/小学生350円
※小学生以下は無料

駐車場

無料(1,500台収容)

混雑状況

見頃時期になると、土日の午後から周辺道路、第二駐車場の入り待ち渋滞をしていることもあり、混雑回避は朝一番に行くようにすることですね?

ライトアップはあるの?

開演時間が17時までと早いので、残念ながらライトアップはありません。

犬を連れて歩けるの?

ペットの入場は出来ます(入園無料)。ただし、リードを必ず付けて、糞尿は責任をもって片付けてください。レストランなど建物内への入場はできません。リフト乗車は、抱きかかえられる大きさであれば乗車可能ですが、それ以上の大型犬は、乗車が出来ません。また、園内にはドッグランがあり、無料で利用できそこではリードを外しても大丈夫です。

雨天の場合でも楽しめる?

リフトには傘が備えてあり、急な雨でも大丈夫です。残念ながら雨でリフトからのラベンダーを断念しても、休憩室からきれいな花は見られます。また、玉原高原は標高が高いので、晴れると日差しがとても強いです。帽子や日傘、長袖の上着でしっかりと紫外線対策して下さい。リフトでは日差しが強い時も、備え付けの傘を日傘として貸してくれます。


リフトに乗らなくても、花畑まで行ける?

リフトに乗らなくても、のんびりと景色を眺めながら歩けます。大丈夫です!ベビーカーもOKです。

お弁当は持ち込みOK?

大丈夫です。シートもあると便利です。

動画「たんばらラベンダーパーク 2012.8」


<問い合わせ先>
たんばらラベンダーパーク  TEL 0278-23-9311 

スポンサーリンク


【たんばら(玉原)ラベンダーパークの見頃・開花状況は?】

たんばらラベンダーパークには5万株のラベンダーがあり、例年7月下旬~8月上旬が見頃を迎えます。2016年は、6月の雨が少なかった影響もあり、例年より一週間ほど見頃が早まったようです。

開花状況(2016年情報より)

7月18日 早咲き「こいむらさき」1万5千株が見頃!
中咲き「ナナナリサワ」2千株が見頃!
中咲き「おかむらさき」約2万5千株が色づく
7月下旬 「こいむらさき」「おかむらさき」見頃最盛期!
8月上旬  遅咲き「グロッソ」1万株が見頃!

たんばら(玉原)ラベンダーパーク公式サイトで写真付きの現在の開花状況が見られます。チェックして下さい。

【たんばら(玉原)ラベンダーパークへの観光ツアーはあるの?】

たんばらラベンダーパークのバスツアーは、入場券付きでラベンダーパークや果物狩りもでき、ランチまで付きますので、お得感があるかと思います。

1.「7、8月限定!ラベンダーの癒しと旬のフルーツもも狩り日帰り体験[新宿・池袋発]」(ラド観光)
午前は「たんばらラベンダーパーク」にて、一面に広がるラベンダーの鑑賞、バーベキューランチをした後、もも狩りをします。午後は圧巻の東洋のナイアガラとも呼ばれる「吹割の滝」を見学します。マイナスイオンをたっぷり感じられます!

・料金 (大人)8400~9,400円 池袋、新宿発着

旅行代金等詳細は「ラド観光 ラベンダーの癒やしと旬のフルーツもも狩り体験」を参照してください。

2.「玉原高原ラベンダーとマスクメロン狩り」(はとバス)
「たんばらのラベンダー
でラベンダー摘みを楽しんだ後、漬物処加作でショッピング、マスクメロン狩り(1玉、試食付)をする予定です。

・料金 (大人)6,980~7,980円 池袋、新宿発着

その他、HISや四季の旅、オリオンツアー、ビッグホリデーなども今までにツアーを組んでいます。今は未定ですが、シーズン前には販売されると思います。公式サイトなどをチェックしてみて下さい。

【たんばら(玉原)ラベンダーパークと一緒に行きたい道の駅とは?】

群馬にある道の駅「川場田園プラザ」は、関東の好きな道の駅で5年連続第1位となっている大人気の道の駅です。ただの道の駅とは違い、家族で1日中遊べるほどとても広くて充実した施設で、通称「田プラ(でんぷら)」と呼ばれています。

田園プラザかわば

・場所 群馬県利根郡川場村大字萩室385 TEL 0278-52-3711
・アクセス
<車>関越自動車道「沼田IC」から約10分
<電車> 上越新幹線「上毛高原駅」からタクシーで約30分 JR上越線「沼田駅」から川場循環バスに乗車(約30分)、「田園プラザ」バス停下車徒歩1分

駐車場

メインの駐車場の他に、4つの臨時駐車場があります。

混雑状況

駐車場が長蛇の列で休日はとにかく混雑します。ちょっと遠回りですが、花咲方面から回ると比較的入りやすいようです。

なぜ有名なの?

「田園プラザかわば」は武尊山の麓に広がる自然豊かな立地にある道の駅で、一日いても飽きないテーマパークのような施設です。地元の新鮮野菜や果物が買えるファーマーズマーケットや、地元の食材を使用したレストランやパン工房、ビール工房、カフェがあり、日帰り温泉までありますので、家族みんなで楽しめます。

「関東好きな道の駅 5年連続第1位」や「家族で1日楽しめる道の駅 東日本第1位」になっている道の駅です!TVで紹介されたりしたので、親子連れを中心に人気があります。

田園プラザかわばの見どころは?

1. 食事処がとにかく充実!
ピザや蕎麦、パン屋、レストランなどの食事スペースが充実しています。中には新鮮な野菜を求めてやってくる、県外のお客さんもいるようです。「雪ほたか」という川場のお米を使ったおにぎりの販売も行っており、物産センターでは地元のお土産が一通り揃ってしまう位の品ぞろえです。

ソーセージの直売所があり、そこでテイクアウトで食べる「山賊焼き」大500円が人気で、オススメです。「ホテルSL」では昼食はビュッフェで営業しています。

2. のどかな田園風景で自然に癒される環境!
自然散策なども楽しめるので、一日中遊ぶことが出来ます。ブルーベリー畑でブルーベリー狩りができ、徒歩10分の所にある清流公園では、子供たちも大好きな「川遊び」が楽しめます。また、敷地内の「ホテルSL」では、日帰り温泉も楽しめます。

3. お子さんも喜ぶアトラクションがたくさん!
敷地内には傾斜でそり遊びが出来るアトラクションや、ブルーベリー狩り、遊具のプレイゾーンもあり、長時間のドライブや買い物に飽きてしまった、小さい子供達にもちょうど良い遊び場です。

動画「群馬県利根郡川場村【道の駅 川場田園プラザ】」



【最後に】

「たんばらラベンダーパーク」のまとめはいかがでしたか?たんばらラベンダーパークには、都内からだとやはり、おいしい食事や果物狩りまで出来てしまうバスツアーが、とてもお得な感じがします。また、道の駅はどこも新鮮な地元の食材や食べものがありますが、「田園プラザかわば」は、それだけではない楽しさがたくさんで興味をそそられますね?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です