尾張西枇杷島まつり花火大会2017!駐車場情報・大迫力の観覧場所とは?

スポンサーリンク


通常、お祭りと言えば、山車が並んで屋台が楽しめるだけのものですが、尾張西枇杷島まつりでは、一足早く6月上旬なので、花火大会も楽しむことができるんです。


町を回る山車には複数のからくり人形が設置されており、からくり人形の演舞も楽しむことができるんです。とっても豪華なお祭りなので、一度ぜひ参加してみてください!


スポンサーリンク

尾張西枇杷島まつり2017!概要・日程は?

愛知県清須市で6月の上旬に行われる尾張西枇杷島まつり(おわりにしびわじままつり)はとっても豪華なお祭りで、週末に設定されるので、毎年多くの地元民で賑わいます。


尾張西枇杷島まつりの日程と雨天時の情報

2017年は6月3日(土)と4日(日)に開催され、からくり人形を乗せた山車と200店ほどの出店、さらに1700発ほどの花火大会が楽しめます。


お祭りは2日間開催されますが、花火大会は6月3日のみなので、間違わないようにしてください。からくり人形が乗った山車の巡幸は2日間とも行われています


花火大会ですが、6月なので雨になることもあり得ます。雨天の場合は翌日に延期となるので、花火大会がお目当ての場合は天気もチェックしておいてくださいね。


尾張西枇杷島まつりは歴史あるお祭り

メインである尾張西枇杷島まつりは、1802年に始まったとされており、とっても歴史ある古いお祭りです。元々は、橋詰神社や六軒神社に祀られている天王社の祭礼だったそうです。


現在の形になったのは、江戸時代だそうです。
それぞれの山車に設置されているからくり人形が演目を舞う姿は見ものですよ。


西枇杷島まつり【2016】




5輌の山車の曳き廻しとからくり人形の演舞がみどころ!

山車は2日間に渡って西枇杷島町内を曳き回すのですが、全部で5両もの山車が登場します。


橋詰町の「王義之車」

橋詰町の「王義之車」には、中国の三大書家の一人である王義之が配置され、2人の唐子も見られます。この山車は唯一差し金を使った離れからくりとなっており、2体の人形を差し金を使って1体にするのが見所です。


問屋町の「頼朝車」

問屋町の「頼朝車」には、当時の問屋町の潤った財力が見て取れます。また、頼朝車は5年に1度しか東海道本線をくぐらないのだそうです。山車の前に置かれる野風炉というお茶の一式や椅子が特徴ですよ。


東六軒町の「泰亨車」

東六軒町の「泰亨車」には、1805年に当時の豪商だった綿問屋が私財を投じて制作したものだそうです。牛若丸が木葉天狗に打ち勝ち、勝ち誇る姿が見所です。


西六軒町の「紅塵車」

西六軒町の「紅塵車」は、橋詰町の王義之車と兄弟山車だと言われており、関羽が登場し、鳥舞唐子が素早く頭に冠をかぶり、羽を広げて舞うところが見どこだそうです。


杁西町の「頼光車」

杁西町の「頼光車」のからくり人形は、明治3~4年にかけて作られたそうです。金太郎で知られる坂田金時が岩を担ぎ上げて、山車外に投げ飛ばすところが見どころです。


山車のからくり人形の演舞も見どころですが、4トンもの山車が狭い道を方向転換する時に見せる「曲場(まえば)」も大迫力で見どころなんですよ。曲場が出ると、観客から拍手が起こります。


山車の巡回スケジュールはそれぞれ異なる

それぞれの山車の巡回場所や日程は異なっていますが、町によって初日は12時から15:30ごろに始まります


2日目は9時ごろから21時ごろまで行われます。まつりセレモニーが2日目の10時から行われ、この時間には山車が揃うので、この時間を狙うと良いでしょう。セレモニーではほかにも、鏡割りや木遣りの披露があります。


尾張西枇杷島まつり 愛知県清須市 2016/06/04



大迫力の尾張西枇杷島まつり花火大会!

尾張西枇杷島まつりのもう一つの目玉である花火大会では、1700発の花火が、お祭り初日である6月3日の19:40~20:30で開催されます。


花火が打ちあがる場所は、庄内川にあるリバーランドで、名鉄の「二ツ杁駅」の南側にあたります。花火大会では、スターマインや早打ち、仕掛け花火が楽しめます。庄内川の堤防には鑑賞スペースが設けられているので、定番の花火鑑賞スポットとなっています。


人混みが苦手な人は、屋台も山車も遠くなってしまいますが、鑑賞スペースの対岸で見るのがおすすめですよ。


2016.06.04 尾張西枇杷島まつりの花火(西枇杷島花火大会?) ラスト付近



駐車場・交通規制情報!おすすめのアクセス方法は?


お祭りの会場近くには駐車場がないので、電車などで行く方がおすすめですが、午前中の早めの時間にお祭りに向かうなら、少し会場から距離がありますが西枇杷島中学校に車を止めて歩いて会場に行くのがおすすめです。周辺にはいくつかコインパーキングもありますが、数が少ないのでこちらはおすすめできません。


電車で行く場合は、名鉄名古屋本線の「二ツ杁駅」から徒歩7分です。他にも、名鉄名古屋本線の「西枇杷島駅」からならば徒歩13分JR東海道本線・城北線「枇杷島駅」からであれば徒歩15分です。


花火大会が開催される初日は、花火の時間に合わせて西枇杷島駅に準急電車が臨時停車します。


交通規制の情報

お祭り期間中は2日間に渡って交通規制があります。初日は12時から1時半まで2日目は9時から21時半まで美濃路から「二ツ杁駅」「西枇杷島駅」へ向かう道路が車両通行止めになります。


さらに、花火大会前には、19時から21時半に渡って、庄内川堤防沿いの道路や美濃路が通行止めになります。


【最後に】


尾張西枇杷島まつり花火大会は、どちらも近いエリアで開催されるので、花火大会が一番混雑するそうです。多くの人が鑑賞する堤防周辺には屋台も並ぶので、良いスポットで花火を見たい場合は早めに花火会場に移動しておいた方がよいでしょう。

からくり人形の乗った山車も歴史があり、どの町も見ごたえがあるので、ぜひ合わせてチェックしてくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です