河口湖のラベンダー開花状況・見頃2017!お祭りは?大石公園は何がある?

スポンサーリンク

富士河口湖町は山梨県の南部にある町で、富士五湖のうち、山中湖を除く4湖が町内に属している湖に囲まれた町です。富士河口湖町では、町全体に10万本のラベンダーが植えられているそうです。その富士河口湖町で毎年開催される「河口湖のハーブフェスティバル」は、初夏の風物詩として、とても人気があります。

そこで今回は河口湖のハーブフェスティバル2017の情報を調べている方へ、開花予測を始めとした情報をご紹介します。

スポンサーリンク

【10万株のラベンダーが咲き誇る!河口湖のラベンダー開花状況・見頃は?】

河口湖のラベンダーの見ごろは、6月中旬から7月中旬です。ハーブフェスティバルのラベンダーを出来れば一番の見頃に見に行きたいですよね?ラベンダーにも、早咲きと遅咲きがあるようで、行く日が多少ズレても、充分楽しめると思います。

開花状況(2016年情報より)

・八木崎公園
6月10日 早咲きがほぼ見頃
6月14日 早咲き見頃♪
6月24日 遅咲き7分咲き
7月7日 早咲き見頃過ぎ
7月8日 遅咲きが見頃♪

・大石公園
6月10日 早咲きほぼ見頃
6月22日 遅咲き6~7分咲き
6月27日 全体的に見頃♪
7月4日 まだ見頃♪
7月6日 見頃過ぎ

2016年は、大石公園、八木崎公園の早咲きが数日違いで見頃を迎えました。また、2015年に比べると、早く見頃を迎えています。
河口湖総合観光情報サイトで、写真付きで開花状況が見られます。チェックして下さい。

【ラベンダーが咲く頃に開催されるお祭り「ハーブフェスティバル」とは?】

日程

2017年6月16日(金)~7月9日(日) 大石会場は7月17日(月・祝)まで

概要

ハーブフェスティバルでのお楽しみは、富士の裾野で見ることができるラベンダーだけではありません。花のナイアガラや花街道、オレンジや黄色のトリトマ、花菖蒲、そして富士山のように盛られた花壇の花小富士は、雲がない時は富士山とのコラボが楽しめます。

料金

八木崎公園、大石公園ともに入場は無料、駐車場も無料です。

予想来場人数 毎年30万人

心配するほどの大渋滞や混雑はなさそうです。

アクセス

<車>
・八木崎公園 中央自動車道路「河口湖」ICより約4.3km
・大石公園 中央自動車道路「河口湖」ICより約7km

<バス路線>
・八木崎公園 河口湖駅より西湖周遊バスに乗り「八木崎公園」下車
・大石公園 河口湖駅より河口湖周遊バスに乗車終点の「河口湖自然生活館
下車

どんなイベントがあるの?

会場ではラベンダーなどのお花の鑑賞のほかに、「ガーデニングコンテスト」があり、ガーデニングの技を競います。各種アトラクションやコンサート、「ブルーベリーの摘み取り体験」やスタンプラリーなども行われます。

また、ハーブグッズや地場産品なども多数出品されます。ハーブを使ったジュースやソフトクリームなども飲食できます。

車・バスツアーの紹介

人気なのはハーブフェスティバルでのラベンダー鑑賞と、フルーツ狩り、ランチバイキング、富士山観光がセットになったツアーです。

<日帰りツアー>
『ラベンダーの鑑賞とサクランボ・桃狩り&食べ放題も!』
出発地は東京23区内、神奈川県内発、栃木県内発、群馬県内発など。費用は6,980円より。

<一泊二日ツアー>
『箱根あじさい電車と富士絶景ロープウェイ! 山梨さくらんぼ狩りと5つ星の宿』
1日目 箱根登山鉄道でアジサイ鑑賞。石和温泉の5つ星宿に宿泊。
2日目 山梨でサクランボ狩り後、河口湖ハーブフェスティバル。

出発地は愛知県内、東海発など。費用は22,980円より。

クラブツーリズム 日帰り・宿泊バスツアー

その他、「四季の旅」や「はとバス」などでもツアーがあります。チェックしてみて下さい。

<問い合わせ先>
富士河口湖町観光課 TEL 0555-72-3168(河口湖ハーブフェスティバル実行委員会)
大石観光協会(大石会場) TEL 0555-72-8772

【ラベンダーが見れる会場「大石公園」「八木崎公園」】

河口湖ハーブフェスティバルは「八木崎公園」「大石公園」を会場とし湖畔全域で行われる一大イベントです。それぞれ公園についてご紹介します。

メイン会場「八木崎公園」

(山梨県南都留郡富士河口湖町小立923 開園時間9時~18時)

八木崎公園は河口湖の南側にあり、ステージで色々なイベントが催されます。夜はライトアップされ、昼と夜では違う美しい姿を鑑賞することもできます。もちろん、飲食ができる場所やおみやげコーナーもあります!

公園内にある「河口湖ハーブ館」では、ハーブグッズやアロマグッズを販売しており、体験教室などを開催されます。温室では一年中ハーブなどお花が楽しめ、販売もしています。

サブ会場「大石公園」

(山梨県南都留郡富士河口湖町大石2525-11 開園時間9時~17時)

大石公園は河口湖の北側に位置しているため、ラベンダー畑の向こうには、河口湖と富士山が同時に見られ、撮影ポイントにもなっています。また、「河口湖自然生活館」があり、ブルーベリーをテーマにしたジャム作りなどが体験できます。館内にはおみやげさんやカフェもあります。

花と湖と富士山のコラボレーションを一度体験してみてください!

八木崎公園も大石公園も行きたい場合

河口湖周遊バスRed lineに、「6番八木崎公園」から乗車して、「22.自然生活館」(大石公園)で下車します。バスが八木崎公園経由でない場合は、「7.河口湖ハーブ館」で下車してそこから徒歩で行きます。

駐車場

イベント期間中は八木崎公園内広場と大石公園グランドが開放されます。ただし、2017年度のハーブフェスティバル八木崎会場は、公園内の改修工事のため、大型バスの駐車が出来ません。バスのお客様は、対岸の大石会場になります。

ペットはOK?

ワンちゃんも入場OKです!

雨天でも楽しめるの?

梅雨期間のイベントなので、いつ雨になるかわかりません。できれば梅雨の晴れ間を狙いたいところです。八木崎会場は駐車場がアスファルトでなく、雨が降ると足元が悪くなります。また、雨天は寒いので、スカーフか一枚羽織るものがあると良いですね。

動画「河口湖ハーブフェステバル」


動画「2016 Lake Kawaguchi OOISHI PARK Lavender 河口湖 大石公園 ラベンダー」

【ハーブフェスティバルに行ったらラベンダーソフトを食べよう!】

八木崎公園の河口湖ハーブ館内にある喫茶コーナーでは、「ラベンダーソフトクリーム」が食べられます。富士山周辺のご当地ソフトクリームとして、一度食べたらやみつきになると大人気なんです。どんなソフトクリームなのでしょうね?もちろん大石公園でも食べられます。

◆ラベンダーソフトクリームってどう?

ラベンダーソフトクリームは、香りがラベンダーの癒しの香りで、すっきりした甘さでとっても美味いと評判です。お店での作り方は定かでなないですが、調べてみました。

<ラベンダーソフトクリームの作り方(3、4人分)>
・材料 牛乳 250ml 卵黄 3個 グラニュー糖 50g 乾燥ラベンダー 1g

1. 鍋に牛乳を入れて火をつけ、鍋の縁が沸騰してきたら火を止めて、粗熱をとる。
2.ボウルに卵黄とグラニュー糖をいれ、泡立て器で白くまるまで混ぜる。
3. 2.に1.に牛乳を少々加え、泡立て器でなじませ、残りを加えよく混ぜて1.の鍋に戻す。
4. 3.を中火にかけ、泡が消えてとろみが付くまで混ぜる。火からおろしボウルに移す。
5. 4.に乾燥ラベンダーを加え、スプーンで混ぜてふたをして3分蒸らす。
6.アイスクリームメーカ-に5.を入れ、スイッチON、約20分後に出来上がり
7.アイスを保存容器に移して、約1時間冷凍庫に入れて完成



◆ハーブフェスティバルに行ったら、絶対食べたい地元グルメ

1. 山梨白桃ソフトクリーム(八木崎公園)
元祖「白桃ソフトクリーム発売元」といえば、山梨の観光農園の浅間園さんですが、ハーブフェスティバルでも食べられます。ただし、浅間園さんかどうかは定かではありません。味は桃の酸味が強くて、さっぱり味の桃のジェラートという感じです。

2. 八ヶ岳スモーク(八木崎公園)
八ヶ岳スモークは山梨県産の富士桜ポークや地鶏を、山桜やクヌギなどの間伐材を使って豪快にいぶしたものです。燻製って香りに自然と誘われてしまうんですよね?地ビールのお供にいかがですか?

3. 富士桜高原麦酒(八木崎公園)
「レストラン シルバンズ」によるブースでは、富士山から湧き出た天然水“富士桜命水”を使用したビール「富士桜高原麦酒」が飲めます。その他、ドイツビール「ラオホ」など、12種類のビールが愉しめます。八ヶ岳スモークのとても合います!

【最後に】

河口湖のラベンダー開花状況・見頃2017!はいかがでしたか?ハーブの代表といっても過言ではないラベンダーは、香りだけではなく、色自体にも「癒しと穏やかな気分を与える」心理効果があるようです。ハーブフェスティバルでは、カモミールや紫陽花も咲いていていろいろなお花が楽しめますので、ハーブやお花好きな方にはとてもオススメです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です