富士吉原祇園祭 2017!駐車場はあるの?京都祇園祭との違いは?

スポンサーリンク

富士吉原祇園祭とは、静岡県の富士市で毎年6月の第二土曜・日曜日に開催されるお祭りのことです。
「東海一の祇園」と言われるこの場所でのお祭りで、「おてんのさん」という通称もあります。

祇園祭というと京都のお祭りをどうしても思い浮かべますが、吉原祇園祭とはどう違うのかというところなども気になりますよね。
富士市の初夏のお祭り、「吉原祇園祭」についての今年の情報をまとめてましたので、ぜひ参考にしていただければと思います!

スポンサーリンク

【富士市の初夏といえば「吉原祇園祭」どんなお祭り?】


富士市の初夏のお祭り「吉原祇園祭」は6月の第二土曜日・日曜日に毎年開催されるお祭りです。
主な会場は「吉原商店街」ですが、ここではおよそ1kmに渡ってたくさんの露店が並び、たった2日間ですが来場者は20万人を越すと言われています。

吉原祇園祭の雰囲気を知るためにも、まずは動画でご確認いただくのが一番だと思います!

吉原祇園祭り2016


地元の方、特に商店街の方にとっても大きなお祭りですし、山車や神輿など、派手なイベントもたくさんある、大切なお祭りです。
そんな吉原祇園祭の今年の詳細は以下のようになっていますので、ぜひ今年の初夏は富士の吉原祇園祭に出かけてみてはいかがでしょうか!

◎吉原祇園祭開催概要
開催日:6月10日(土)・11日(日)
開催時間:13時から21時
開催場所:吉原本町通り
※雨天決行です
参考サイト:
富士山観光交流ビューロー [静岡県富士市・富士宮市の観光 コンベンション 富士...
富士山の情報はもちろん、富士山麓の観光・イベント・コンベンション・宿泊・グルメ・お土産など情報盛りだくさん!

【吉原 祇園祭 アクセス情報!駐車場は?交通規制は?】


次に、吉原祇園祭へ行くためのアクセス方法や駐車場、そして車で行く場合は気になる交通規制についての情報です。

◎アクセス方法

岳南電車・吉原本町駅下車すぐ
JR・富士駅より富士急静岡バス吉原中央駅行きに乗車、吉原中央駅下車後徒歩およそ1分

車の場合は東名富士インターチェンジから約1.2km、新東名新富士インターチェンジから7分程度ですが、駐車場などは混雑が予想されます。
出来る限り公共交通機関を利用して吉原祇園祭に行かれることをおすすめします。

駐車場は先程お話した通り、吉原祇園祭のための臨時駐車場などの用意もされていませんし、また交通規制もかかります。
どうしても車で行きたい場合は交通規制マップを確認の上、少し離れた駐車場に停めたほうが良さそうですね。

そんな気になる交通規制ですが、商店街の区間がお祭りの開催期間、つまり10日・11日の13時から21時までが車両通行止めとなります。
時間も長いので、やっぱり車で向かうのは出来る限り止めたほうがよさそうです……。

【京都祇園祭との違いは?吉原祇園祭のみどころ3選!】


「祇園祭」と言われればやはり京都の祇園祭を思い浮かべる方がほとんどだと思いますが、吉原祇園祭は京都の祇園祭を伝承しているものではなく、全くの別物なんです。

吉原は元々宿場町で、各地のお祭りの様式もどんどん流れ込む場所でした。
その結果出来上がったのが「吉原祇園祭」で、そんな吉原祇園祭の見どころもご紹介しますのでぜひチェックしておいてくださいね!

■見どころ1:山車

・参考動画
吉原祇園祭2016 山車の競演


21台の個性的で珍しい山車が街を練り歩き、また夜になると提灯に灯されてまた違った雰囲気を見せてくれます。
山車は吉原祇園祭には絶対に欠かせないもので、吉原祇園祭に行くなら必ず見ておきたいものとしておすすめです!
土曜日は13時から、日曜日は夕方18時から開始、両日とも21時までとなっていますのでご注意くださいね!

■見どころ2:神輿

・参考動画
吉原祇園祭2016 三社けんか神輿


荒神様(スサノオノミコト)の神輿、またの名を「けんか神輿」と言われる荒々しい神輿と聞くだけで興味が湧きますが、かつては本当に荒々しく、近くの家屋を破壊してしまうことすら合ったというくらいのイベントです。
とはいえ隣り合った神社との境界に踏み入ることはタブーなど、きちんとしたルールもあります。

また地元の青年たちは神輿を「担ぐ」ではなく「揺する」と表現するそうで、この言葉の違いからも神輿の荒々しさが伝わってきますね。
神輿は本当に派手なイベントなので、ぜひご覧いただければと思います!

■見どころ3:宮太鼓

・参考動画
吉原祇園祭2016 宮太鼓の競演 住吉町


宮太鼓は元々神輿が来ることを町内の若者に知らせるための太鼓なので、「呼び太鼓」とも呼ばれます。
叩き手によってこだわりも違い、また動画のように可愛らしい叩き手さんもいるくらい自由度の高い、個性あふれる太鼓を聞くことが出来ます。
勇壮な太鼓な音色ももちろんあり、宮太鼓も吉原祇園祭へ行くならぜひ見ておきたい見どころとなっています!

【浴衣で吉原祇園祭に行こう!2017年の浴衣・帯の流行はコレ!】


夏のお祭りと言われれば着ていきたいのが「浴衣」ですが、浴衣はやっぱり今年の流行なども気になるところですよね。
今年の浴衣の流行は

・古典
・はんなり
・レトロ
・粋

となっています!
こういった流行に合わせた浴衣をいくつかご紹介しますので、もし浴衣がない場合や浴衣を新調したい場合などはぜひチェックしてみてくださいね!

圧倒的な安さと帯、下駄のセットということでこれだけで浴衣の準備がほとんど整えられるということで、楽天でも人気の高い浴衣セットです。
柄はおまかせになりますが色系統を選べますので、全く好みから外れた浴衣が届いてしまう……といった事故もなく、安価で浴衣を用意することができます!

今年人気のレトロ調の浴衣で、こちらも帯と下駄がセットになっています。
色合いも強くないのでどんな方にも似合い、足が痛くなりにくい下駄ということで長距離歩くことになりやすいお祭りの日にも最適です。
「今年の流行も追いたいし、可愛い柄が欲しいけれどみんなとちょっと違った浴衣がいい……」こんな言葉に応えられる浴衣となっています!



最後はメンズ用の浴衣で、カラーも自分の好みに合わせて選べるのが人気の、粋な浴衣となっています。
カップルでお出かけなど考えていらっしゃる場合、やっぱり浴衣を合わせていきたいところですよね。
こちらはカラーも好みに合わせられますので、ぜひ男性の方も浴衣を来てお祭りに行きましょう!

【まとめ】

動画をいくつか見るだけでも分かる神輿の荒々しい雰囲気や商店街の盛り上がり、山車など、今まで吉原祇園祭に興味がなかったとしてもわくわくする魅力に満ちていますね!

季節柄、どうしても雨の可能性がありますが、吉原祇園祭は基本的に雨天決行となっています。
とはいえ祭りを開催する側としても参加する側としても、やっぱり出来ればお天気の良い日のお祭りになって欲しいものです。
晴れることを祈りつつ、今年の吉原祇園祭の開催を待ちましょう!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です