端午の節句の飾りは手作りで!折り紙で作れるアイテム4選!

スポンサーリンク

5月5日の子どもの日、端午の節句がやってきますね!
小さな男の子がいるおうち、また保育園などでは少しずつ準備をはじめていることと思います。


端午の節句では鯉のぼりや兜など、大きな飾りはもちろんあるのですが、せっかくの端午の節句ですから、手作りの飾りを用意してみるのはいかがでしょうか。
手作りの飾りは本物とはまた違った、触れやすく温かみのある飾りになると思います。


折り紙で作る場合、基本的に必要な材料が折り紙だけになるので準備も簡単なところが嬉しいですね。
これから折り紙で作れる端午の節句の飾りを4つ紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

スポンサーリンク

【手作り端午の節句飾りアイデアその1 :折り紙のこいのぼり】


◎参考動画

折り紙かんたん『こいのぼり折り方・作り方』 端午の節句こどもの日の工作


赤と青の折り紙(出来れば柄などがついていると良いですね)を用意してくださいね!


1:端を4cm程度折り、筒状に丸めてテープなどで止め、尾ひれを三角に切る
2:拾ってきた枝などにテープで止め、折り紙で作った風車や星、またそういった飾りを枝の一番上につける


これだけで完成というお手軽さなので、時間もほとんどかかりません!
枝は家にある棒などでも代用できますし、もしどうしても見つからない場合は折り紙や新聞紙を細長く丸めても良いと思います。


尾ひれを作るのは小さな子どもには難しいかもしれませんので、そういった場合は手助けしてあげてくださいね。
子どもに教える場合は本物の鯉のぼりなどを参考に見ながら、ひとつひとつ「折った部分が顔になったね」など話して進めると分かりやすく、やりやすくなると思います!


【手作り端午の節句飾りアイデアその2 :カッコイイ兜】


◎参考動画

折り紙「カッコいい兜(かぶと)」の折り方☆端午の節句の飾りに!【Origami Children’s Day (Holiday)Cool Gundam Hat】<


折り紙でもカッコイイ兜を作ることはできますので、せっかくならたくさん並べてみるのも良いですね!
動画は青い折り紙ですが、子どもの好きな色など自由に選んで良いと思います。


1:折り紙を裏返し、三角に折ってしっかり折り目をつけ、頂点を下に置く
2:さらに半分に折って小さな三角を作り、折り目をつけてから広げる
3:折り目に合わせて三角の角を頂点に合わせ、両端を折り曲げる
4:裏返し、上を頂点として左右を真ん中の線に合わせて折り曲げる
5:さらに裏返して先程折った部分を広げ、正方形を作るように頂点に合わせて折り曲げる
6:折った部分をさらに半分程度折り曲げ、飛び出した部分と後ろの部分をあわせ、その部分を広げて白い面を見せ、端をしっかり折り曲げる
7:両方同じように白い面を見せたら先程折った端をさらに折り返し、白い面を見せる
8:下の飛び出ている部分の上部分だけを少し下から折り曲げ、さらに残った部分を折る
9:裏返して上部分の折り紙を下に合わせて広げ、下の残った部分を折り紙に合わせて折る
10:裏返して正面を向け、折り紙を軽く筒状に広げれば完成です!



折り紙の難易度としては少し高めなので、まず最初は動画を見ながらしっかり確認しつつ、先生やお母さんが折ってみることをおすすめします。
一度方法が分かれば順番に教えやすく、また実物があると「兜のこういう部分になるんだよ」と完成図を想像しながら作ることができますので、子どもにとっても分かりやすくなりますよ!


【手作り端午の節句飾りアイデアその3 :かんたん兜】


◎参考動画

折り紙を折ろう♪子どもも喜ぶ♡かぶとの折り方☆


「先程の兜はまだ子どもが小さくて難しい!」という方向けに、簡単な兜の折り方もご紹介します。
また動画でもありますが、この兜は新聞紙など大きめの紙で作ると実際に子どもがかぶって楽しむことも出来ます。
飾りとして、遊びとして、ぜひ使ってみてくださいね!


1:まず裏返して三角に折り、両端を頂点に合わせて折り曲げます。
2:頂点を下に向け、折った部分をさらに半分にして上向きに折ります。
3:折った部分を1/3程折り返し、下の三角を一枚とって頂点を少しずらし、折ります。
4:残した部分を折り、裏返して三角をこちらは頂点を合わせて折り曲げたら完成です!



この方法ならとても簡単ですし、小さな子どもでも折り紙が出来る歳なら十分に作れると思います!
ぜひ子どもに自分の好きな柄を選んでもらい、可愛い兜をつくってもらいましょう。
大きな紙で完成した兜を1つ用意しておけば「今どの部分を作っているか」ということが分かりやすくなるので、教えやすくなると思いますよ!


【手作り端午の節句飾りアイデアその4 :鯉のぼりの箸置き】


◎参考動画

折り紙で作る箸置き~5月鯉のぼり~[Japanese ORIGAMI]Carp Streamers


鯉のぼりの飾りとしてはもちろん、折ったあと、ご飯時に箸置きとしても使える鯉のぼりです。
箸置きとしても使う場合は8cm×8cmの折り紙がちょうどよいサイズになりますので、サイズを合わせてご用意くださいね。



1:裏返して長方形に折り、さらに半分に折って折り目をつけてから広げる
2:表に返し、真ん中の線に合わせて下部分を白い部分が見えるように折る
3:その状態で裏返し、こちらも真ん中の線に合わせて下部分・上部分を折り曲げる
4:一旦広げ、重なっていないほうの折り紙の角を2ヶ所、三角に折る
5:上の折り曲げた部分に下の折り曲げた部分を挟み込むように合わせ、形を整えたら完成です!


折り紙が小さいので、年長組さんなど少し大きな子ども向けかもしれません。
普通に飾る場合は顔の部分に目を描くなど、もっと可愛くするのも楽しいと思います!
子どもはそもそも「箸置き」を知らない可能性もありますので、まず「こういったものを作るんだよ」と実物、または事前に作った鯉のぼりの箸置きを見せると、分かりやすく作れますよ。


【まとめ】

端午の節句は特に男の子にとってはカッコイイ兜を眺めたり、自分も折った兜をかぶったりと、とても楽しい日です。
ちまき、また最近は端午の節句用のケーキなども増えましたので、手作りの飾りも用意しつつ様々な方法で端午の節句を楽しめると良いですね。


そんな楽しい一日を過ごすための準備のひとつとして、ぜひ折り紙で作った飾りも用意してみてくださいね!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です