春の高山祭り2021!みどころ総まとめ!規模を縮小して開催!!秋のお祭りとの違いは?

10月のお祭り
高山祭、規模縮小して開催 昨年は中止
岐阜県高山市で毎年4月14、15日に開かれる「春の高山祭」を主催する日枝神社(同市)は4日までに、新型コロナウイルス感染対策で、今年は規模を縮小して開催すると明らかにした。昨年は祭りを中止し、神社で神事のみ実施した。
豪華な屋台が並ぶ「屋台曳き揃え」と「からくり奉納」、14日夜の「夜祭」は中止し、12台の屋台はそれぞれを収めている蔵で公開する。伝統装束を身にまとい町を練り歩く行列は参加者を約400人から約30人、距離を往復約12キロから同約3キロに縮小する。
日本経済新聞WEBサイトより

岐阜県高山市で毎年行われる「高山祭り」、この呼び名は春の「山王祭」、そして秋の「八幡祭」を合わせて呼ばれるものです。

春と秋では祭りの地域も違い、どちらも見逃せないものとなっています。

そんな高山祭り、春の「山王祭」の時期がそろそろ迫ってきています。

どんな見どころがあるのか、また初めて行く方はどういったお祭りなのかも気になるところですよね。

春の高山祭りについての情報をまとめてみましたので、高山祭りが気になる方はぜひチェックしてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました