メイラックスの効果が出るまでの時間は?実感は?

スポンサーリンク

okusuri_techou

うつ病や自律神経失調症と診断されて、医師に「メイラックス」を処方された方はどんな薬か気になることでしょう。一般的に、初診でメイラックスが処方されることはないと思うので、この記事をチェックされる方はすでにいくつかの薬を試した方だと思います。

もちろん、医師や患者さんの生活環境によっては初めての薬として処方されるケースもありますので、なるだけ分かりやすく説明していこうと思います。気になる方はぜひ記事をチェックしてください。


スポンサーリンク

メイラックスを処方された。そもそもどんな薬?

まずは、メイラックスの基本的な情報から見ていきましょう。1989年に発売された抗不安薬であり、精神安定剤とも呼ばれています。主に、神経症やうつ病の患者さんに処方されるお薬であり、ほとんどの抗不安薬と同じように「ベンゾジアゼピン系」の薬です。


ベンゾジアゼピン系には不安を緩和させる作用、筋肉の緊張をほぐす作用、眠くさせる作用、けいれんを抑える作用4つの作用があり、メイラックスにもこれら4つの作用があります。


メイラックスの特徴とは?

ただ、抗不安薬にはそれぞれ特徴があり、これらの4つの作用の強さもそれぞれ違います。メイラックスの場合は、抗不安薬の中でもやや強めの作用を持つ薬として知られており、やや強めの抗不安作用中度の催眠作用と抗けいれん作用を持っていますが、筋肉の緊張をほぐす作用は軽度です。


総合的に見ても作用がやや強めのメイラックスは、弱い薬を試した患者さんがあまり効果を得られなかった場合に処方されるケースが多いようです。初診ですぐにこの薬を処方されることはあまりないと思います。


突然の断薬は、しないのが原則




メイラックスの効果は?服用するとどうなる?

nutrient-additives-505124_1280

メイラックスは上記で話した通り、抗不安作用がやや強めの薬ですので、中度から重度の不安感を持っており、正常な日常生活が困難な患者さん向けに処方されることが多いです。そのため、服用後は穏やかな気分で一日を過ごすことができます。服用前に突然襲ってきた不安感はなく、平常心で日常を過ごせる方も多いようです。


さらに、中度の催眠作用があるため、夜になっても不安で眠れなかった人にもある程度の効果が得られるでしょう。しかし、睡眠薬代わりにメイラックスを処方することはあまりありません。他にも、人との対面で緊張していた人でも平常心で接することが可能になります。


メイラックスの効果が出るまでの実感としての時間は?


メイラックスの服用後、通常20分程度で効果が表れると言われています。もちろん、個人差があるので、30分かかる人もいるでしょう。さらに、血中濃度がMAXになるのが、服用から約1時間前後と言われています。この時間がメイラックスの有効成分の最も血中で濃い時間となります。そのため、一番、効果が発揮されている時間なのです。

スポンサーリンク

メイラックスの作用時間について

実は、メイラックスの特徴としてもう一つ大きなポイントがあります。それが作用時間です。メイラックスはほかの抗不安薬よりも作用時間が長い薬として知られています。一般的に服用から24時間以上効果が持続すると言われているんです。その理由には、血中濃度半減期が約122時間ある、とされているからです。


血中濃度半減期とは、薬の血中濃度が半分に下がるまでかかる時間のことです。つまり、メイラックスはかなり長い間、体内に残り続けるということです。この長期間の作用が耐性や依存性を生じにくくするため、メイラックスは依存を引き起こしにくい薬と言われています。


しかし、デメリットもあり、患者の体に合わない場合は副作用が消えるのに長時間かかってしまいます。副作用として、作用にもあるように眠気が日中にも起こりやすく、人によっては筋肉の緊張をほぐす作用のせいでふらつきを感じることもあります。


メイラックスの服用はいつまで続けるの?1回何錠服用するの?市販されてる?

pills-384846_1280

メイラックスは1日1回の服用で効果を継続させることができる薬です。1回1錠が一般的です。ちなみに、メイラックスは1㎎~2㎎で処方されますが、2㎎がとても強いわけではなく、成人であれば1日2㎎を目安として投与する、とされている範囲内で医師が判断した量が処方されます。2㎎だからと言って、効果が2倍になるかというとそうでもなく、体感的には1.2倍程度なので、不必要に量を増やすのは止めましょう。


市販されてるのか知りたい!

メイラックスは抗不安薬ですので、市販では販売されていません。医師の処方箋がないと手に入らないお薬なので、きちんと医師に処方された場合にのみ服用してください。


服用はいつまで続けるの?

メイラックスに関わらず、基本的にどんな抗不安薬であっても、長期間の使用は避けるべきと言われていますが、依存性が低いと言われるメイラックスは、長期的な使用が必要だと判断された方職場や学校で日中は薬の服用を控えたい方に向いていると言えます。「いつまで服用するものである」という明確な答えはなく、個人個人の患者さんによってまちまちです。


パニック障害で服用された方は1年で完治したそうですが、不眠の方10年以上服用されているそうです。多くの患者さんが言っていますが、自己判断で止めるのではなく、医師の判断を待つ方が良いでしょう。自己判断で止めても、完治しておらず、再発してしまう可能性も高いので、一生飲んでいても大丈夫、病気と一生付き合う、くらいの気持ちであまり不安がらずに薬や病気と付き合ってみてください。


【最後に】


メイラックスは作用時間が長いお薬であり、やや強めの抗不安作用があるので、お仕事や学校をお休みできない方にも向いているお薬だと思います。依存性も低いものなので、あまり心配せずに試してみてください。副作用が少ないと言われているメイラックスですが、催眠作用が中程度のお薬なので、服用中の生活には十分に注意してくださいね。

また、軽度の作用ではありますが、筋肉の緊張をほぐす作用もあるため、ふらつくこともあります。ご自身の生活に合わない場合は、無理に服用を続けず、医師に相談してみてください。抗不安薬はメイラックスの他にもたくさんあるので、ご自分に合ったお薬を探せると思いますよ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です