幼稚園児のホワイトデーお返しアイデア4選!子供と一緒に作ってお返ししよう!

スポンサーリンク

「息子が幼稚園でバレンタインデーにチョコレートを貰ってきた!」
こんなことがあったら貰った本人も親も、とても嬉しいものですよね。


でも同時に親としては、ホワイトデーのお返しについても考えて心配になってしまいます。
せっかく貰った好意をだいなしにするようなお返しは用意するわけにもいきませんし、「それがきっかけで息子が嫌われてしまったら……」なんて考えてしまうと居ても立ってもいられません。
逆に考えすぎて高価なものを渡してしまい、やはり相手や相手の親に引かれても困ります。


幼稚園児のホワイトデーのお返しの場合どんなものが喜ばれるのか、また内容についてのアイデアをいくつかご紹介します。


息子が自信を持ってお返しし、また相手にも喜ばれるホワイトデーのお返しを考えていきましょう!


スポンサーリンク

【幼稚園児向けホワイトデーお返しアイデア4選! 手作りホワイトチョコレートクッキー】

001

まず最初に、手作りでホワイトデーのお返しをする方法です。
手作りの場合は少し注意が必要で、「手作りのバレンタインプレゼント」をもらった場合のみ考えましょう。


何故かというと、最近は他人の手作りを嫌う親も多くなっているからです。
「何が入っているか分からない」
「衛生面が心配」

など様々な理由がありますが、「他人の手作りをすごく気にする方がいる」ということだけでも覚えておくと失敗の予防になりますね。


手作りでバレンタインプレゼントをもらった場合はそういったことを気にする家庭ではないと判断出来ますので、手作りのお返しも大丈夫です。


手作りの場合、やっぱり子どもが自分で作れるもののほうがお返しする本人としても嬉しいものです。
子どもが作れる簡単なお菓子として、市販のお菓子だけで作れる「ホワイトチョコクッキー」をおすすめします!


必要な材料はムーンライトクッキー(森永の青い箱のクッキーです)、ダースなどのホワイトチョコレート(板チョコを切り刻んでも大丈夫です)になります。
ムーンライトクッキーは200円前後、ダースなど板チョコは100円前後で販売されています。
チョコを塗るときに網状の台があるとやりやすくなるのでおすすめです。


作る方法ですが、こちらの動画がとても分かりやすいです。


ホワイトチョコクッキーの作り方(森永の材料)


簡単にまとめると
①ホワイトチョコを溶かす(お子さんがやる場合はやけどしないよう注意してあげてください)
②袋から出したクッキーの上にホワイトチョコを塗る
③チョコが固まれば完成!


これだけでホワイトチョコクッキーが完成します!
ムーンライトクッキーはホワイトチョコがかかっているタイプもありますが、それを自分で作る感じですね。
チョコを溶かす時間・固める時間が室温などによって少し変わりますが、チョコレートは冷蔵庫で冷やせば時間短縮にもなります。


完成したら丁寧にラッピングして、すぐに渡せるように準備を整えておきましょう!

【幼稚園児向けホワイトデーお返しアイデア4選! その2:市販品のお菓子】

002

先程お話したように、人が作った食べ物を嫌がる親もいます。
そういった家庭の子どもはやはり市販品のチョコレートを渡していることが多いので、市販品をもらった場合は手作りではなく同じように市販品で考えていきましょう。
市販品の場合は材料が書かれてあるので、アレルギーを持っている子どもにとっても安心です。


幼稚園児のホワイトデーのお返しの場合、相場は500円程度です。
あまり高価すぎるお返しは逆に引かれる可能性もありますし、相手の親が逆に申し訳なく思ってしまうこともありえます。


もし明らかにいただいたものが高価だった場合も、お返しは基本的に同一のものにしましょう。
一人だけ特別にしてしまうとママ会話で話が出た際に、「あの人は金額でしか考えない」と思われてしまうと言ったパターンも実際にあります。


市販のホワイトデー用のお菓子はたくさん売られていますし、500円程度で考えるのであればたくさんの中から選べます。
クッキーやチョコレートはもちろん、飴なども良いですね。
可愛いケースに入っているものなどもありますので、お子さんと一緒に楽しみながら選んでくださいね!


【幼稚園児向けホワイトデーお返しアイデア4選! 文房具・タオルなどのグッズ】

003

女の子もやっぱりキャラクターものは大好きです。
ただやっぱり個性がありますので、もらった女の子の持ち物などをさりげなく見て「好きそうなもの」を選ぶ必要があります。


プリキュアやポケモン、妖怪ウォッチなどはやっぱり人気ですが子ども次第なところはあるので、もらった相手の子どもをある程度知っている、もしくは子どもが「○○のタオルをよく使ってるよ」など情報がある場合にしておいたほうが安全かもしれませんね。
もしくはキャラクターものではなく、ハート柄や星柄など女の子が好きそうなグッズを選びます。


こちらの場合も相場は500円程度、今はラッピングも安く可愛く作れますので、お返しする相手に喜んでもらえそうな可愛いラッピングも考えられると良いですね!


具体的なグッズ内容としてはハンカチやタオル、鉛筆など、使いやすいものがベストです。
こういったグッズはどうしても必要になるので、お返しした本人だけではなく親御さんにも喜んでもらえるかもしれませんね。


購入品紹介100均&しまむら/Today’s shopping


こういった可愛いグッズを揃えて詰め合わせ、ラッピングするのも楽しそうです!


【幼稚園児向けホワイトデーお返しアイデア4選! その4:手作りブレスレット】

004

女の子はたとえ小さくてもアクセサリーが大好きなので、手作りのブレスレットなどキラキラ可愛いアクセサリーでお返しするのも喜んでもらえると思います!
こちらの場合、お返しするお子さん本人の器用さにも関わってしまいますので、手先が器用で小さいものを作るのが好きなお子さんの場合は考えてみてはいかがでしょうか?


ブレスレットは、実は簡単にかわいくキラキラしたものが作れます。
こちらの動画が分かりやすく、子どもも作れるように考えられているのでぜひ一度ご覧ください。


夏休み子供と一緒に 簡単ハンドメイド 作り方 カラフルブレスレット


基本的には透明なゴムを用意してビーズや石などのパーツを通していくだけです。
今は百均でも可愛いキラキラしたビーズなども揃っていますので、材料も比較的安価で揃えることが出来ます。


手作りの場合はおうちにあるものが使える場合もありますので金額的な相場は難しいですが、やはり500円程度でまとめるようにしておくと無理もなく安心です。
もちろん手芸屋さんでもたくさんありますので、手作りブレスレットでお返ししようと思ったらお子さんと一度あちこち見て回るのも楽しそうですね!


細かい、手間がかかる部分だけ手助けしてあげて、一番楽しいパーツを通す部分はお子さんに頑張ってもらいましょう!


【まとめ】

お返しのアイデアをいくつかご紹介しましたが、これだけではなく子どもの手書きの絵やメッセージカードなどもあるともっと喜んでもらえます。
あまりしっかりした長文はまだ考えられる年齢でもありませんので、簡単な似顔絵と一言「○○ちゃんへ、ありがとう」と言った簡単なメッセージで十分でしょう。


この年代のプレゼントやお返しは、金額などよりも「プレゼントして、相手に喜んでもらって嬉しい」ということを学べるチャンスです。
親の役目はそれを実感させてあげるお手伝いであって、もしもらったものが親としては喜ばしいものではなかったとしても、子どもが喜んでいるのであれば見守ってあげてくださいね。


喜んでもらえるホワイトデーのお返しの参考になっていれば嬉しいです。
準備も早めにとりかかって、楽しいホワイトデーになるよう頑張っていきましょう!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です