風邪でお腹がチクチク痛む!もしかして胃腸炎?胃腸風邪?

スポンサーリンク


冬になると風やインフルエンザが流行りますが、お腹がちくちく痛むような場合は、胃腸風邪の可能性があります。胃腸風邪の場合、ノロウイルスとロタウイルスの2種類に分けられます。


普通の風邪じゃないかもと思ったら、ぜひこの記事をチェックしてください。


スポンサーリンク

風邪をひいたらお腹がチクチクして痛い!これって本当に風邪?

冬に流行る胃腸風邪には2種類あり、ノロウイルスとロタウイルスがあります。


まず、よく耳にするノロウイルスですが、食中毒として有名ですね。ノロウイルスの症状としては、微熱、嘔吐、下痢、腹痛があります。初期症状として腹痛と微熱があり、次に嘔吐と下痢が発生します。潜伏期間は大体1~2日、完治には1週間かかります。


ロタウイルスは、発症すると38度以上の高熱となり、嘔吐と下痢を繰り返します。潜伏期間は大体1~3日、完治には1週間かかります。


ロタウイルス胃腸炎って何?




お腹のチクチク、胃腸風邪の原因は?感染経路は?


ノロウイルスは、子供から大人まで感染しやすく、体内で増殖するので、感染者の嘔吐物から感染が広まります。二次感染が強いウイルスで、60度以上の熱やちょっとした塩素では死滅しないほど、強いウイルスです。


ロタウイルスは、5歳までの幼児が感染しやすいウイルスです。感染力が高く、ほんの少しでも体内に入っただけで感染し、発症してしまいます。乳幼児が1度はかならず感染すると言われており、免疫がつくので、大人になると感染しても症状が出ることありません。

スポンサーリンク

胃腸風邪をひいてしまったらどうする?二次感染予防は?


胃腸風邪をひいてしまったら、嘔吐中はなるべく水分を控えた方がよいでしょう。症状が治まったら少量ずつ水や白湯を飲むようにします。食欲が回復したら、おかゆやうどん、ゼリーなどの消化の良い物から食べましょう。


また、嘔吐物の処理などで二次感染する場合が多いので、使い捨ての手袋やマスクをして処理しましょう。また、洗濯する際は、塩素系漂白剤を使用してください。


胃腸風邪にならないために!効果バツグンの予防策とは?


やはり予防に最適なのは、手洗いとうがいです。除菌スプレーも常備しておくとよいでしょう。


また、ロタウイルスの場合は、有料で予防接種を受けることができます。費用は病院によって異なりますが、生後2か月を過ぎると受けることができるので、不安な人は受けさせておくとよいでしょう。


【最後に】


胃腸風邪はウイルスによっては大人でも感染するものなので、日ごろからきちんと風邪予防を行うことが大切です。看病する場合も、ぜひ二次感染には気を付けて、神経質なくらい気を遣うようにしましょう。


予防接種もあるので、面倒くさがらずに、機会があるなら受けるようにしましょう。

スポンサーリンク