柳川白秋祭2016のみどころ総まとめ!花火の時間は?混雑予想は?

スポンサーリンク

01

秋になると、日本各地でたくさんのお祭りが開催されます。秋の収穫を祝う神社のお祭りが多い中、故人の業績を讃えて開催されるお祭り もあります。


福岡県柳川市では、詩人・北原白秋をしのんで「白秋祭」が行われます。白秋祭をご存じない方も多いと思いますが、市内のお堀を川下りできたり、花火が見れたりと柳川市をあげての大規模なお祭りになっています。


今回は白秋祭について、どんなお祭りなのか、2016年の開催概要、みどころなどを紹介していきたいと思います。


スポンサーリンク

【福岡の秋の風物詩:「柳川白秋祭」とはどんなお祭り?】

◆北原白秋とは?

白秋祭は、北原白秋の遺徳をしのんで開催されるお祭りですが、そもそも北原白秋とはどんな人なのでしょうか。


北原白秋は、母の実家の熊本県で生まれましたが、育ちは福岡県柳川市です。大きな商家の長男として生まれますが、高校生の頃から詩に没頭するようになり、詩の同人雑誌に掲載されるようになると、地元の高校を中退し東京に上京します。
上京してから、有名な詩人だった与謝野晶子や石川啄木などとも交流があり、たくさんの詩集を発表しています。


「赤い鳥」という児童向けの詩集を担当したこともあり、小学校の教科書に載るような童謡を多く残しています。「この道」や「まちぼうけ」の童謡は知っている人も多いと思います。
晩年には、各地を旅行しその時に多くの短歌も残しています。また、全国の小学校~大学まで幅広く、校歌の作詞もしています。


白秋は、故郷の柳川をとても愛していて、思ひ出や水の構図といった詩集には、幼少期を過ごした柳川の描写が多く出てきます。


◆柳川白秋祭はこんなお祭り

02

北原白秋がどんな人か分かったところで、さっそく白秋祭について詳しく見ていきましょう。


白秋祭は、白秋の命日である11/2を挟んで、毎年11/1~11/3の3日間行われます。
柳川駅前と白秋が住んでいた沖端地区には、大きい白秋の写真と多くの提灯が飾られています。


柳川市は、各地に水路が張り巡らされていて、船頭さんが漕いで川下りができるのが観光の要になっています。白秋祭でも、その水路を川下りしながら神楽や太鼓、吹奏楽の演奏などを鑑賞できるようになっています。


また、3日間毎日1,000発の花火がお祭りのフィナーレを飾ります。


出典:2010白秋祭 前夜祭


◆今年の開催は?

2016年も下記の日程で白秋祭が開催予定です。


11月1日(火)~3日(木)文化の日
場所:柳川橋河畔~沖端
時間:17:30(乗船)~21:00(下船)
※パレード自体は18:00から2時間ほどです。


【柳川白秋祭のみどころ3選!その1:川下り】

03

白秋祭の一番のみどころは、なんといっても川下り。どんこ船に乗って柳川のお堀を巡る川下りは、船に乗っているだけで色々なパレードや花火を見ることができます。

スポンサーリンク

他のお祭りのように、混雑で見たいイベントに行けないなどということがありません。お年寄りや子供が一緒でも疲れずに楽しめる貴重なお祭りです。


白秋祭の期間中の川下りは、事前予約が必要です。個人でも予約できますが、お祭りに合わせて旅行会社では、川下りもセットになっているプランも用意しているようです。お得に旅行したい方は、各旅行会社のツアーを検索してみてください。


乗合舟 大人6,500円 小学生以下3,250円


【柳川白秋祭のみどころ3選!その2:水上パレード】

岸壁はたくさんの提灯、水には行燈が浮かび、お祭りの夜を幻想的に照らします。


舟が進んで行くと、岸壁沿いで20数か所もステージが設けられ、神楽やお囃子などの郷土芸能、太鼓の生演奏、地元の学生の吹奏楽、コーラスなどたくさんのイベントを鑑賞できます。基本的に舟に乗っていると全てのイベントが見られるので、「会場間の移動が間に合わなくて見逃した!」ということが無く、地元に詳しくない観光客でも安心して楽しめます。


その中でも、一番のイベントは、「どろつくどん」と呼ばれる神楽です。福岡県の無形民俗文化財にもなっていて、山車の上から身を乗り出して踊るのは、地元の中高生が中心なんだとか。狂言に似た踊りは、まさに日本のお祭りといった感じです。


2015 柳川 白秋祭 どろつくどん その2


【柳川白秋祭のみどころ3選!その3:花火】

04

川下りの最後は、船の上から打ち上げ花火が見られます。船に乗ったままなので、場所取りをする必要もなく、ゆっくりと花火を楽しめます。
舟を予約すれば、花火の席取りをしたようなものですから、6,500円もそこまで高い気がしませんね。


花火が上がっている時間は、白秋の童謡が流れています。柳川を愛した白秋の歌を聞きながら、見る花火は格別です!


出典:白秋祭 花火 福岡県 柳川市 2014/11/2


【まとめ】

柳川白秋祭について
詩人・北原白秋が育った福岡県柳川市で命日を挟んで3日間行われるお祭り
2016年は11/1(火)~3(木)まで


みどころは、川下り、水上パレード、花火
※川下りの船に乗るには事前に予約が必要


言葉の魔術師の異名を持つ北原白秋。白秋ファンでなくても、知っている詩や童謡は多いはずです。白秋の詩は子供にも分かりやすいものが多いので、小さいお子さんを連れて行っても十分楽しめるお祭りです。

九州といっても11月の夜で水辺が中心になりますので、しっかり防寒対策は準備して行ってくださいね。


◎11月お祭り・イベント・風習特集!

11月開催の人気のお祭り・イベント特集記事はこちらからどうぞ!

スポンサーリンク