お歳暮時期にでてくる「鮭」の意味は?食べ方は?

スポンサーリンク

01

寒くなってくると、お店で見かけるお歳暮コーナー。
そのお歳暮コーナーで一番目立つ場所に置かれているのは、「鮭」です。
人気があるのはわかっているけど、どうして「鮭」なのでしょうか?

知っている人はなかなかいませんよね。
その理由をご紹介します!!

スポンサーリンク

【お歳暮の季節がやってきた!そもそもお歳暮の意味は?なぜ贈るの?】

02

お歳暮とは、お世話になった方々に「一年の感謝」「また来年もよろしくお願いします」
という気持ちをこめて贈るものです。

お歳暮の時期は、12月上旬〜12月20日頃。
最近では、お世話になった人だけでなく、友人・知人や親族への感謝の贈り物のような意味合いに変化しています。
自分と同じか目上の人に贈るのが一般的です。

一般的な相場は、3000円~5000円程度ですが、おつき合いの度合いやお世話になっている度合い、相手や自分の年齢などによって相場も違ってきます。
お歳暮のやり取りが禁止されている会社もありますので、お気を付けくださいね。
大体の予算を決めてから、相手が喜びそうな品物を選びましょう。




【お歳暮コーナーでよくみかける「鮭」。どんな意味があるの?】

03

お歳暮は、嫁いだ娘が年末にお正月のお供え物を実家に贈ったことからはじまった、と言われています。
お歳暮によく贈られていた鮭は、この名残で、神様にお供えする祝い肴という意味合いがありました。
鮭は『サケル(裂ける)』をイメージされ縁起が悪いということから、お清めの意味として鮭に新しいわらを巻くようになりました。

これが新巻鮭のはじまりと言われています。
新巻鮭は、内臓を除いた鮭を塩で漬けたもので、主に北海道産のものを指します。

塩漬けにすることにより余分な水分が抜けて、うま味が増すなどのうれしい効果があるんですって。
そんな歴史から、新巻鮭がお歳暮の人気商品になったんですね。

スポンサーリンク

【お歳暮で「鮭」は切り身で贈ってもOK?一匹丸々が普通なの?】

お歳暮で新巻鮭を送る場合は、市場などの魚屋さんで直接注文する方法以外にも、デパートやスーパー、インターネットでも注文できますよ。
一匹で発送するところが殆どですが、今では切り身にしてから送ることができるお店も多くなってきました。

やはり、調理が難しいですもんね!
現代では、自分で魚をさばかない人も多いそうです。

切り身が好きそうな人には、切り身タイプの鮭を贈ったら喜ばれますね。
逆に、自分でさばきたい!というタイプの方には、丸ごと一匹贈りましょう。
相手のことを思って贈るお歳暮ですから、相手に喜んでもらえる方法を選ぶといいと思いますよ。

【お歳暮で新巻鮭を1匹いただいた!どうやって保存する?食べ方は?】

実は、「新巻鮭を一匹貰って困った!」というような相談も多くあるんですよ。
でも、一匹貰えば鮭の身はもちろん、頭や骨まで美味しく食べられます!

骨は焼いたり揚げたりしてせんべいのようにして食べられますし、頭は美味しい出汁が出るので、あら汁などに利用できますよ。
嬉しいですね~(*^^*)

残さず食べて、送ってくださった方の気持ちを有難く頂きましょう!
新巻鮭の切り方や保存の仕方、調理の仕方はこの動画がわかやすいです。
ぜひ見て参考にして、やってみてくださいね。


新巻鮭のさばき方



【最後に/まとめ】

04

1. お歳暮は、お世話になった人に「一年の感謝」
2. と「また来年もよろしくお願いします」
3. という気持ちをこめて贈るのもの。
4. お歳暮の時期は、12月上旬〜12月20日頃です。
5. お店のお歳暮コーナーで見かける新巻鮭は、コツがわかれば調理も簡単!

今ではお歳暮ギフトがとても美味しそうなので、自分にお歳暮を贈る人もいるそうですよ。
そういう意味からも、お歳暮という意味合いが幅広くなってきたように思います。
あまり金額にとらわれず、お世話になった人への感謝の贈り物として考えた方が、自分も相手方も負担にならないかもしれませんね。
相手が喜ばれる贈り物をしてくださいね。

スポンサーリンク