らっきょう食べ過ぎるとガスが溜まるって本当?らっきょう一つで屁80とは?

スポンサーリンク

PAK85_lalaonakaitaidesu20140321

らっきょうってシャキシャキとした歯ごたえと、ピリッと辛い辛味がおいしいですよね。

カレーを食べる時に欠かせない薬味ですが、体によく毎日でも食べた方がいい食べ物だってご存知でしたか。


でも、食べ過ぎるとガスもたまりやすいのです。

なぜなのか、合わせてご紹介いたしましょう。



スポンサーリンク

らっきょうを食べ過ぎると炭酸ガスやメタンガスが溜まるって本当?

body_suizou_good

繊維質が多い食べ物であるらっきょうは、胃で消化されずに大腸まで届いて、分解されて炭酸ガスやメタンガスになりやすいと言われています。

また、らっきょうはシャキシャキとした歯ごたえがあるので、良く噛んで食べると思うのですが、そうするとそれだけ空気が体内に入り込むことになり、食物のカスが大腸菌によって発酵されて腐敗した際に出るガスと結びついて大きなガスになるようです。



ガスとは関係ある?らっきょう一つで屁80とは?

virus_fukutsuu

らっきょうを食べ過ぎるとおならが出やすくなってしまうのは、らっきょうに含まれている硫化アリルという成分が原因なんです。

この硫化アリルという成分は、らっきょう以外にもにんにく、ニラ、玉葱、ネギ、納豆、豆腐、おから、卵、肉、魚介類、乳製品などにも含まれており、同じような症状に陥ることがありますよ。

また、らっきょうには整腸作用があるので、おならも出やすくしますが、便秘解消も期待できますよ。

スポンサーリンク


食べる量はほどほどに!らっきょうのスゴイ効能とは?

vitamins-26622_1280

知っていましたか?らっきょうは「畑の薬」と呼ばれているほど、いろんな効能を持っているんですよ。

例えば、糖尿病やがん予防、コレステロール値を下げる働き、疲労回復、血流の改善、生活習慣病の予防、風の症状の緩和、食欲増進効果などが期待できるんです。

血流を良くしてくれるので、肩のこりなどの改善にも役立てられそうですね。

他にも、らっきょうには水溶性の食物繊維が豊富に含まれており、便秘改善に最適な食べ物です。


ただどんな食べ物でも食べすぎは厳禁です。

らっきょうは一日に中くらいのサイズで4つほどに留めておきましょう。

それ以上食べると、効能が高いために胃に負担をかけすぎてしまい、胸やけや胃もたれを引き起こしますよ。



夏だからこそ食べたいらっきょう!らっきょう漬けの作り方!

らっきょうはやはりらっきょう漬けですよね。

簡単に作れるので、ぜひご家庭でトライしてみてください。


作り方は、まず洗ったらっきょうの薄皮を剥いて、茎の先と根の部分を切り落とします。

しっかりと水気を布巾でふき取りましょう。

砂糖、酢、塩、鷹の爪を鍋に入れて沸騰させて、瓶にらっきょうと一緒に入れます。

2週間ほど日の当たらない場所で漬け込んだら完成です。





【最後に】

CRI_IMG_6016

適量を毎日食べることでいろんな恩恵を得ることが出来るらっきょうを、あなたもぜひ日常に取り入れてみてください。

らっきょう漬けなら、気軽にごはんのお供として食べられると思うので、ご家庭で作ってみてくださいね。

手作りすれば、自分好みの味にできると思うのでおすすめですよ。

スポンサーリンク