ヘルパンギーナと診断!妊婦で臨月だけど胎児への影響は?安心してください!大丈夫です!

スポンサーリンク

1

7月に流行する病気のひとつ、ヘルパンギーナ


へんてこな名前なので、一度聞いたら忘れられないですね。


家族や友人、または妊婦である自分がヘルパンギーナにかかってしまうとどうなるのでしょうか。


特に臨月の妊婦さんなら、胎児への影響が一番気になるところです。


今回は、7月に流行するヘルパンギーナの予防策についてご紹介していきます!


スポンサーリンク

妊婦・臨月でヘルパンギーナと診断されたけど胎児への影響は大丈夫?

28FotorCreated

妊娠中、ヘルパンギーナにかかってしまっても、ひとまず安心して下さい!


ヘルパンギーナは妊娠初期~後期にかかっても、ほぼ胎児に影響はありません!


ただし、臨月の出産間近だった場合は、赤ちゃんに感染する可能性もあります。


その多くが軽症で済んでいるので、心配しすぎることもないでしょう。


ただ、中には重篤化することもごく稀にありますので、注意は必要です!


もし、臨月で上の子などがヘルパンギーナに感染してしまったら、なるべく接触は避けたいところです。


こうならないためにも、まずはヘルパンギーナを知り、日々きちんとした対策をとっておきましょう!


ヘルパンギーナとは?

子供が感染することが多い夏風邪の一種ウイルス性咽頭炎」です。


エンテロウイルス、コクサッキーウイルス、エコーウイルスの感染でひきおこります。


症状は?

・口内にできる水ぶくれ

・喉の炎症

・大人の場合は38℃~40℃の高熱


※手足口病と非常に似通っているため、医師でも特定できない場合がある。




妊婦・臨月でヘルパンギーナと診断された場合の治療法は?お風呂はOK?

2

薬が飲めない臨月の妊婦さん、もしヘルパンギーナと診断されてしまったら、どう治療していくのでしょうか


基本的に、ヘルパンギーナに特効薬はありませんので、対処療法となります。


放っておいても自然に収まるのが特徴ですが、何もせずにはいられないですよね。


一刻も早く治したい!と思うのではないでしょうか。


そんな時は、体の免疫力UPや、喉に良い栄養を体に入れることをおすすめします!


そこでおすすめしたいのが、「豆腐の茶粥」!


お茶の成分であるタンニンが、喉の痛みに働きかけ、豆腐は気管支炎に働きかけてくれます。


ヘルパンギーナにはピッタリですね!


豆腐の茶粥(1人前)

材料:絹ごし豆腐 1/4丁

   胚芽米   20g

   緑茶    大さじ1/2

   塩     少々

   すりごま  適量


作り方

1.胚芽米を洗って鍋に入れ、分量の水を入れる。


2.さらにお茶パックに入れた緑茶を鍋に入れる。


3.鍋を強火で煮立て、煮立ったら弱火にし、泡が立つ状態で15~16分炊く。


4.米がふっくらとしたら、さいの目に切った豆腐を入れ、2~3分待つ。


5.塩を加えたら、粗熱をとり、すりごまをふりかける。




予防にも良い、豆腐の茶粥


こういった喉を通しやすい食事をとり、免疫力をUPさせていきましょう!


お風呂は入れる?

ちなみに、ヘルパンギーナは飛沫感染接触感染でおこります。

スポンサーリンク

治るまでは、子供や家族と一緒にお風呂に入ることは避けましょう。


子供や夫がヘルパンギーナに感染した!うつらないためにすることは?

3

妊婦さん本人ではなく、家族がヘルパンギーナになってしまったら、どうしたら良いでしょうか。


もし臨月だった場合は、ひとまず慎重になった方が良いでしょう。


治るまで実家に帰らせてもらうなど、対策をとることが望ましいです。


妊娠初期~後期であれば、うつらないように予防対策を万全に行えば大丈夫です!


予防対策

・うがい、手洗いの徹底

・妊婦さんはマスクを着用


子供とお風呂は入れる?

子供がヘルパンギーナにかかった場合は、一緒のお風呂は避けておきましょう。


あくまでヘルパンギーナは飛沫感染接触感染が原因ということを忘れずに!


夏に流行する手足口病、プール熱とヘルパンギーナは何が違う?

4

ヘルパンギーナ手足口病プール熱は何が違うのでしょうか。


それぞれの違いをご紹介します。


ヘルパンギーナ

症状:38℃~40℃の高熱

   口内炎や水疱ができる

   喉や口蓋垂の炎症


感染経路:飛沫感染、接触感染


予防策:うがい、手洗いの徹底

    妊婦さんはマスクを。


胎児への影響出産直前のみ、胎児感染の可能性があるため注意!


手足口病

症状:喉の痛み

   食欲減退

   発熱

   手、足、口に米粒ほどのかゆみを伴う水ぶくれ


感染経路:接触感染、飛沫感染、経口感染


予防策:こまめに石鹸を使って手洗い

    帰宅時、食事前のうがいと手洗い

    タオルは別々に

    マスクをつける

    くしゃみ、咳をする時はティッシュで抑える


胎児への影響:胎児への影響はほぼなし


※ヘルパンギーナと手足口病の違いは、「水ぶくれが手や足にもでるか」です!

 口の中だけに水ぶくれがある場合は、診断しにくいのが現状です。


プール熱(咽頭結膜炎)

症状:39℃~40℃の高熱

   喉の痛み

   口の中に赤みがでる

   目の痛み、かゆみ、涙が出る


感染経路:飛沫感染、手指からの接触感染


予防策:タオルを共用しない

    うがい、手洗いの徹底

    子供がいる家庭は、プールではシャワーを浴び、目をよく洗う


胎児への影響:特に影響なし


【結論!妊婦で臨月なのにヘルパンギーナと診断!胎児への影響は?】

5

ヘルパンギーナとは?

子供が感染することが多い夏風邪の一種。

・口内にできる水ぶくれ

・喉の炎症

・大人の場合は38℃~40℃の高熱


胎児への影響は?

妊娠初期~後期にかかっても、胎児に影響はありません!


臨月の妊婦さんは胎児感染も!ただし、ほとんどが軽症です!


予防対策

・うがい、手洗いの徹底

・妊婦さんはマスクを着用

・ヘルパンギーナにかかった子供とは、お風呂は別々に!


食事

体の免疫力UP、喉に良い栄養を取り入れる「豆腐の茶粥」がおすすめ!


夏真っ盛りとなる時期、ヘルパンギーナや手足口病、プール熱には気をつけていきたいですね。


この頃に臨月を迎える妊婦さんは、しっかりと対策をしておきましょうね!


健康で元気な赤ちゃんを産んでくださいね!

スポンサーリンク