大阪天満宮 天神祭in2016!花火がすごい!初心者必見みどころ紹介!

スポンサーリンク

3FotorCreated

大阪天満宮の天神祭は、京都の祇園祭、東京の神田祭と並んで日本三大祭りと称されています。大阪らしいホットなお祭りが毎年繰り広げられています。その見どころをまとめてみました。


2016年7月のお祭り・花火大会関連記事はこちら!

⇒ 平塚七夕まつり2016!駐車場情報と地元民が教える見どころまとめ!
⇒ 北千住(足立)花火大会の穴場2016!地元民が教える穴場と北千住花火大会の日程!
⇒ 荒川区から見える花火大会2016!穴場スポットや日程、みどころ解説!
⇒ 火の島祭り2016の見どころは花火とレーザーのコラボ!地元民が教える混雑回避ワザは?
⇒ 名古屋コスプレサミット2016の楽しみ方!初心者向け見どころやベストスポット情報まとめ!
⇒ 足立区花火大会in2016!足立区民が教える!穴場観覧スポット

スポンサーリンク

大阪天満宮 天神祭 日程

2016年天神祭の日程は7月24日(日)と25日(月)の2日間です。24日は「宵宮」と呼ばれています。25日は「本宮」と呼ばれ、花火大会も開催されます。

天神祭は、1000年以上の歴史のある、地域に根差した伝統行事です。


大阪天満宮 天神祭 みどころ

1FotorCreated

大阪天神祭の見どころは25日の本宮で、午後6時から始まる船渡御(ふなとぎょ)と、7時から9時まで打ち上げられる奉納花火です。奉納花火では約4,000発の花火が打ち上げられます。


船渡御(ふなとぎょ)は、人々の暮らしぶりを神様に見ていただいて、ご加護を祈願する神事です。百艘あまりの大船団による水上パレードで、船がすれ違う時にはだんじり囃子が響き渡ります。船渡御の運行ルートになっている川岸や橋の上では、多くの観光客が歓声をあげます。


天神祭 2010 船渡御 人形船講


そして、船渡御の船が漕ぎ出して少したったころ、あたりはだんだんと暗くなります。そのころ始まるのが、天神祭のクライマックス、奉納花火です。花火の開催場所は、桜ノ宮公園・川崎公園(造幣局横)周辺一帯です。2時間の間に約4,000初の花火が打ち上げられます。夜空に打ち上げられた花火が、川面に反射して、その中をゆっくり進む船がとても神秘的に見えます。


2FotorCreated



祭り船100隻、空には花火 天神祭、大阪華やぐ



大阪天満宮 天神祭 はじめて参加の人の楽しみ方、マナー

花火大海の場所へはJR大阪環状線の桜ノ宮駅、天満宮の露店がたくさん出ているところへはJR東西線の大阪天満宮駅か、地下鉄谷町線の南森町駅から徒歩数分です。


天神祭の日は、会場がかなり混雑します。会場周辺は交通規制で車は入れません。公共の交通機関を使って来場しましょう。また、花火大会の開催場所は自転車も禁止です。



大阪天満宮 天神祭 屋台はでてる?

4FotorCreated

露店や屋台はお祭りの楽しみの一つですよね。天神祭でも、露店は花火会場である桜ノ宮の川沿いや天満宮の天神橋筋に、たくさん出ています。だたし、とても混み合うので、事前に屋台の場所や時間をチェックしておくことをおすすめします。


花火と屋台を同時に満喫したい人は、大川沿いの屋台がおすすめです。JR桜ノ宮駅からは川沿いに下るか、JR・地下鉄天満橋駅から川沿いに上がります。ただし、このエリアは一番混雑するスポットなのでそれなりに覚悟していった方がいいかもしれません。


天満橋筋商店街にもたくさん屋台がでています。花火が見える場所からは少し離れているので、屋台だけをゆっくり楽しみたい方にオススメです。JR天満駅か地下鉄扇町駅から南に行きます。


一番混雑が少ない屋台は大阪天満宮の境内でしょう。JR大阪天満宮駅か地下鉄南森町駅からすぐです。





まとめ

大阪の夏の風物詩、天神祭。まだ行ったことがないひとはぜひ今年は参加してみてくださいね。毎年出かけている人も、安全で楽しい祭りになるように情報をチェックしておきましょう。



スポンサーリンク