妊娠初期にお腹がポコポコ鳴る!胎動なの?赤ちゃんの影響は?

スポンサーリンク

お腹が大きくなってきたらお腹の中で赤ちゃんが動く「胎動」を感じて、もうすぐ生まれてくる命に思いを馳せる……


「――って思ってたのに、妊娠初期からお腹がポコポコ鳴ってる!?


このようなパターンの方、実はかなり多くいらっしゃいます。
でも突然ポコポコ鳴ると「こんな初期に胎動を感じるわけじゃないだろうし……病気?」「何か赤ちゃんがつらくて、サインを出しているの?」などなど、どうしても心配になってきますよね。


妊娠は自分一人だけではなく赤ちゃんも関わるため、小さなことでも気になります。
自然なことなら気にせず過ごしたいですし、もし胎動ならその動きを楽しみたいですよね。


「妊娠初期にお腹がポコポコ鳴る」……こんな状態はどういったものなのか、一度確認しておきましょう!


スポンサーリンク

【妊娠初期・超妊娠初期にお腹がポコポコ鳴る!私だけ?】

001

最初にお話した通り、「妊娠初期や超妊娠初期にお腹がポコポコ鳴る」と感じる方はかなりいます。
まずそれだけでもほっと出来ますし、基本的には深く気にせずとも大丈夫です。


「超妊娠初期ってなに?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、妊娠0~4週目のことをこのように呼びます。
妊娠0日目は最終月経初日に当たりますので、実際は2週目……排卵日までは妊娠していない状態ですね。
この時期に妊娠してると気付ける場合はもう少し先、着床から次の生理予定日に当たる3~4週目になります。


この時期に妊娠していると気付ける方はあまり多くなく、むしろ体調の違和感や腹痛、そして今お話している「お腹がポコポコ鳴る」と感じる方が多くなります。


この頃に腹痛や違和感を感じる原因は、子宮の変化が一番大きな理由になります。
子宮はもともと鶏の卵くらいの大きさですが、妊娠4週目にはアヒルの卵程度の大きさにまで一気に成長しています。


突然これだけ大きさが変わるのですから、子宮周辺の臓器や骨にももちろん影響が出ます。
もちろん「腸」も関わりますので、圧迫されてガスの動きが感じ取れやすくなって「ポコポコ鳴る」……これが一番よくあるパターンなのですね。


また、妊娠はホルモンバランスも大きく変わります。
その影響で胃腸の調子が悪くなる方も少なくありません。
下痢、また逆に便秘になってしまい、ガスの発生が増えたり溜まりやすくなってポコポコ鳴ることもありえます。


「いつもの生理前のときと少し痛みや体調の変化が違う」
このような場合は超妊娠初期も視野に入れておいたほうが良いかもしれませんね。


どちらにしても、超妊娠初期にお腹がポコポコなる原因はほとんどが胃腸の問題です。
あまり気に病まず、食生活などに気をつけながら過ごしましょう!

【お腹がポコポコ鳴る正体は「ガス腹」かも!】

002

先ほどと少しかぶりますが、妊娠するとお腹の中で子宮がどんどん大きくなりますしホルモンバランスも変化します。
今までの生活・食生活で特に問題なく過ごせていたとしても胃腸への負担度合いが変わる可能性は高く、その結果「ガス腹」になっているかもしれないのです。


ガス腹は正式名称を「腹部膨満感」と言い、名前の通りお腹にガスが溜まっている状態です。
他の症状としてはおならやげっぷが多くなったりすることもありますね。
「お腹が張っている」と感じることもあり、妊娠しているときにお腹が張るとどうしても怖くなって、気になる方が多くなります。


ガス腹はガスを多く含む食品(イモ類、豆類)の摂取や早食い、また炭酸飲料の飲み過ぎなどでも起こります。
特に早食いは食べ物と空気を一緒に取り込んでしまいやすいですし、しっかり噛まずに飲み込んでしまうので消化に時間がかかり、ガスが発生しやすくなっているのです。


炭酸飲料はそれ自体がガスですから、もちろんその分ガスが溜まります。
炭酸飲料を飲んだ直後にげっぷでガスを出している方、多いですよね。


対策としては


・イモ類、豆類、炭酸飲料を控える
・バランスの良い野菜中心の食事をゆっくり噛んで食べる
・軽く運動をして腸内の動きをサポートする


などがあります。


もちろん妊娠初期に無理はいけませんから、運動する場合もウォーキングなど身体や赤ちゃんに無理のない範囲で行うようにしましょう。
ガス腹で赤ちゃんに悪影響が行くことはまずありませんが、母体の健康はやはり大事です。

スポンサーリンク

自分だけではなくお腹の赤ちゃんを守るためにも、食生活などは注意しておきましょう!


【お腹がポコポコ感じる胎動もある】

003

妊娠初期のポコポコ鳴る音はほとんどが腸内のガスで胎動ではありませんが、もう少し経つといよいよ胎動を感じることも出てきます。


胎動とは、赤ちゃんがお腹の中で手足を動かして子宮にぶつかることにより起こります。
早くて妊娠16週頃から、遅くとも妊娠22~23週頃には感じ取れるようになります。


こう書いてしまうと「自分は遅いのかしら」「胎動をあまり感じないけど大丈夫?」など心配なさる方もいらっしゃいますが、胎動の感じ方は人それぞれです。
もちろん活発に動く赤ちゃんや、逆におとなしめの赤ちゃんもいます。


胎動が弱いからと言って赤ちゃんの成長が遅いということもありませんので、こればかりは個性だと思って感じ取れる日を待ちましょう。
心配しなくとも、妊娠後期にはお腹の形が変わるくらい元気に動くこともありますよ!


人体の神秘!これが胎動です!


胎動が始まったあとにポコポコ鳴ると、これはどういう音なんだろうと気になる方もいます。
赤ちゃんは羊水の中で動いているので、手足を伸ばして羊水が動いた音、また羊水を吐き出した音など様々な原因が考えられます。
ポコポコ、もしくはコポコポなど、胎動で聞こえてくる音はまず問題ありませんので、「今の音は赤ちゃんがどう動いた音だろう」なんて考えてみると楽しいかもしれませんね。


まれにプチっという音を聞いて「破水!?」と思われる方もいますが、破水した場合はもっと大きな動きも伴って感じ取れます。
胎動の音は基本的に気にしないで大丈夫ですが、あまりに気になる場合は病院に連絡して相談してみましょう。


【ポコポコじゃなくお腹がチクチクしたら!?】

004

「お腹のポコポコ」は基本的に問題がないとお話してきましたが、そうではなくチクチクした痛みがあったら気になるどころではありませんよね。


しかしこれも最初にお話した通り、子宮が大きくなるにつれての変化が原因であることが多いです。
子宮がどんどん大きくなり、周りの臓器や骨を圧迫してきます。
また子宮を支える靭帯も今までより負荷がかかってきていますので、それを「チクチクする」と感じる方もいますね。


「腰が痛い」「腰のあたりの骨が痛い」「足の付け根が引きつっている」この辺りは、妊娠初期によく感じる症状です。
あまり気にせず、赤ちゃんのためにもリラックスして過ごしましょう。


ただひとつ、出血が伴った場合は注意が必要です。
妊娠初期は流産しやすい時期でもあり、出血と腹痛が重なった場合は危険かもしれません。
流産は腹痛や出血を伴うことが多いので、これらのサインは見逃さないように注意しておきましょう。


比較的短時間で落ち着く腹痛は妊娠初期の変化によるものと考えて良いですが、痛みがおさまらない、もしくは波があるものの強い痛みが訪れる場合はすぐに病院に連絡しましょう。
特に下腹部の強い痛みは危険なので、どこが痛いのかもしっかり判断出来るようにしておいてくださいね。


腹痛の場合は痛みの受け取り方も個人差がありますので、あまり痛くなくとも継続している場合は一度相談したほうが良いかもしれません。
出血も問題がないパターンもありますが、気に病むくらいなら素直に病院に相談しましょう!


【まとめ】

特にはじめての妊娠の場合、ちょっとした痛みや変化もはじめてのことなので「何もかもが気になるし怖い!」ってなりますよね。
初期のポコポコや胎動について、また危険な痛みについて、少しでもお力になれていれば幸いです。


妊娠中は、リラックスして気持ちよく毎日を過ごすというのも大切です。
「気になるけれど大したことないかもしれない……」と思い悩むこともあるかもしれませんが、ずっと気にしているくらいなら病院やお母さん、仲良しの先輩ママに相談してみましょう。


大したことがなかったのなら「良かった」で済むのですから、気に病むよりはスッキリ出来ますし、危険な状態であればすぐに対応してもらえます。
ひとりで頑張りすぎず、周囲にもうまく頼っていってくださいね!

スポンサーリンク