広島胡子大祭(えびす講・えべっさん)2018!見どころ完全ガイド!


「えべっさん」の呼び名で地元民から親しまれている、広島胡子大祭(えびすたいさい)。名前のイメージとは裏腹に、ストリートダンスなど若者に人気のイベントがたくさんあるお祭りです。

ここでは
胡子大祭とはどんなお祭りなのか
どんなイベントがあるのか
駐車場情報
胡子大祭のみどころ3つ

について紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

広島の11月の風物詩:胡子大祭(えびす講・えべっさん)とは?

「えべっさん」って何?

「えべっさん」と呼ばれるこのお祭りは、そもそも広島市内の胡子神社の秋の大祭としてはじまりました。400年以上の古い歴史があります。

1945年(昭和20年)8月6日の原爆被災の際も、わずか3か月後の11月20日に仮設のバラックの社殿で祭典が行われました。これまでに戦争による中断等もなく、400年以上途切れずに胡子大祭は行われているのです。

胡子大祭は、地域によっては「えびす講」、「えべっさん」とも呼ばれます。

毎年全国の神社から出雲大社に神様が集まる10月(神無月)に、地元を守る神様がいなくなってしまいます。そのため1人だけ「えびす様」が地元を鎮護するために「留守神」として残ることになりました。そのえびす様に感謝するために10~11月に各地で開催されるお祭りです。

えびす様は商売繁盛の神様であることから、このお祭りの開催中は、近くの商店街などでは「誓文払い」の大売り出しが行われます。

広島のえべっさんはこんなお祭り

広島のえべっさんこと、胡子大祭は、笑う・ひろしま・えびす顔をコンセプトに今までのえべっさんにプラスして若者向けのイベントを増やして生まれ変わったお祭りです。

昔からダンススクールが多く、ストリートダンスも多く行われている広島市ならではの、ストリートダンスバトルなどのイベントも開催されます。

また、昔ながらのえべっさんのイメージを守るため、夜神楽や、太鼓の演奏にも力を入れている、古き良き文化と新しさの共存する珍しいお祭りです。



11月お祭り・イベント・風習特集!

今年の開催は

毎年11月18~20日に行われる胡子大祭。
2018年も下記の日程で行われます。

広島 胡子大祭(えべっさん)
2018年11月18日(日)~20日(火)の3日間
時間帯:10:00~22:00
期間中の人出:約30万人
アクセス:広島電鉄電車:胡町駅下車

中央通

● 夜神楽
広島県北広島町の「山王神楽団」による絢爛豪華な神楽を披露。

● 太鼓競演
広島で活躍している太鼓グループによる華やかな太鼓演奏。
イベントが行われる中央通りには、胡町駅を降りて50m程です。

アリスガーデン

● アリスガーデンパフォーマンス広場 AH!
広島のストリートシーンのショーケースとして、音楽やパフォーマンスを、えべっさん特別バージョンで披露されます。

駐車場はあるの?

例年、胡子大祭期間中は中央通りが歩行者天国になり、車両通行止めになります。

残念ながら、お祭りの来場客用の駐車場はありません。お祭りは駅周辺でやっていますので、できれば電車やバスで来ることをおすすめします。

お祭り会場の近くのコインパーキングもありますが、すぐに埋まってしまうことが予想されます。筆者は下記の2つの方法がおすすめです。

・広島駅に駐車、胡町駅まで電車or徒歩

広島駅の屋上に350台の駐車場があります。
ここに停めて、電車で最寄駅まで行くのがおすすめです。
ちなみに、広島駅~胡町駅までは1.5km位なので、徒歩でも20分あれば到着できます。

料金は
4時間までは200円/30分
4時間半以上は24時間まで1,800円

・PARCOの駐車場

お祭り会場周辺のコインパーキングの相場は日中100円/20分です。パルコのお店で2,160円(税込)以上買い物をすると最初の2時間は無料、それ以降は170円/30分です。

パルコでもえべっさんに合わせてバーゲンをしていると思いますので、お祭りと買い物を楽しんで、お得に駐車場を利用できます。

パルコの駐車場は2か所あり
本館の地下にある「パルコタワーパーキング」104台
本館から少し離れたところにある「パルコ第2パーキング」92台

があります。


胡子大祭(えびす講・えべっさん)のみどころ3選!その1:パフォーマンスの数々

えべっさんの一番のみどころは、神楽や太鼓、ダンスなど多くのパフォーマンスです。

えべっさんの古い歴史を守ろうと平成16年から夜神楽と太鼓の演奏を行っています。やっぱりお祭りには太鼓の音色や神楽の舞いがあると雰囲気が違いますよね。

夜神楽と太鼓の演奏は中央通りで開催されます

また、ヒップホップなどのダンスが盛んな広島市。ストリートダンスバトルも行われます。会場は「アリスガーデン」。中央通りからすぐの広島PARCOの目の前の広場です。

出典: 11.20 S.S.B-1 vs パッションモンスター(えびす講2on2ダンスバトル)


胡子大祭(えびす講・えべっさん)のみどころ3選!その2:こまざらえ

えびす様は元々商売繁盛の神様です。このお祭りの期間中、あちこちに「こまざらえ」と呼ばれる縁起物の熊手が販売されます。

胡子大祭では熊手を購入し神社で祈祷してもらう事が恒例になっています。

出店で購入したこまざらえを、えべっさんの期間中に胡子神社に持って行くと祈祷してもらえ、より多くの御利益をゲットできると言われています。

出典: みんなのふるさと 広島の冬に福をもたらす「こまざらえ」


胡子大祭(えびす講・えべっさん)のみどころ3選!その3:商店街やデパートのバーゲン


えべっさんの期間中は、商店街や近くのデパートでは大売り出しやバーゲンを開催しています。

コートとかブーツって高いですよね。このバーゲンを上手く利用して、お得に冬物の洋服を揃えてはいかがですか?

【おわりに】

広島胡子大祭は
留守神であるえびす様に感謝するためのお祭りが起源
2018年の開催は11月18~20日

お祭りならではの、夜神楽や和太鼓の演奏、ダンスパフォーマンスも行われる
こまざらえと呼ばれる縁起物の飾り熊手が販売されていて、胡子神社で祈祷してもらえる
専用駐車場の用意はないが、広島駅とPARCOの駐車場がおすすめ


和風の神楽や、現代のストリートダンスが一緒に見られる一風変わった広島胡子大祭。幅広い年齢層で楽しめるお祭りです。

また、お祭りを楽しみつつ、お得に冬物をゲットするチャンスでもあります。さらに1月17日からは一足早く平和大通りでライトアップが始まっているそうです。お祭りと冬支度に胡子大祭に行ってみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です