【2020年版】中学生なのに妊娠してしまった!学校は休学?親への相談は?よくある質問3選。ひとりで悩まないで!

中学校

「中学生で妊娠してしまった」……もう頭が真っ白になってしまうかもしれません。

それでも現実は変わりませんし、どうしようと迷っている間に時間はどんどん過ぎ去ってしまいます。

もし「妊娠したかもしれない」という段階で調べている方は、何はともあれまず最初に検査薬などでしっかり確認しましょう。

確実に妊娠していると分かったら、様々な疑問や質問したいことが浮かぶと思います。

ここではそんなよくある質問へのお返事、対応方法 をまとめています。

ひとりで悩んでしまうのが一番よくありません。

少しでも「これから先どうすればいいのか」ということへの答えになっていれば幸いです。

中学生で妊娠してしまった!妊娠した中学生のよくある質問・不安3選

01

「中学生で妊娠した経験がある」という人は、実は思った以上に多いです。

極めて最近……2014年のデータでも、14歳以下の出産は43件というデータが出ています。

「出産」でこれだけですから、妊娠はもっと多いというのは考えるまでもありません。

とはいえ年齢的にあまり表に出ることがないので、例え想像以上に多くても「どうすればいい」という情報については圧倒的に不足しているのが現実です。

状況によって多少変化はあると思いますが、中学生が妊娠してまず悩むことは

・学校に言うべきか。言ったら学校をやめさせられるのか。
・親に相談出来ないし、誰に、どうやって相談したらいいのか分からない。
・出産するべきなのか、堕ろすべきなのか。その場合どんな問題が出てくるのか。

おおまかにまとめてこのような質問になる方が多いと思うのです。

どの質問も、ひとりで悩んでいても絶対に解決しきれるものではないものですよね。

出来るだけお答えしていますので、まずしっかり読んで、それから対応に移っていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました