クリスマスといえばシュトーレン!日持ちは?保存方法は?アレンジレシピは?

スポンサーリンク
クリスマス
スポンサーリンク

クリスマスケーキとしてシュトーレンを作る人が最近増えているそうです。

クリスマスまでの長期間に渡って少しずつ食べられるシュトーレンは、日持ちしないと困りますよね。

そこで今回はシュトーレンの保存方法を中心にご紹介しましょう。

スポンサーリンク

クリスマスといえば、シュトーレン!その理由は?

ドイツの菓子パンであるシュトーレンは、14世紀からある伝統的なクリスマス菓子としてドイツとオランダで親しまれています。

生地にドライフルーツやナッツを練りこんで焼き、表面に砂糖をまぶすシュトーレンは、クリスマスを待つアドベント(約4週間)の間に少しずつスライスして食べるのが一般的です。

日が経つにつれてフルーツの風味などが生地に染み込んでよりおいしくなるのが、シュトーレンの最大の特徴と言えます。

Stollen|シュトーレンの作り方

シュトーレンの美味しい食べ方とは?本場ではどう食べる?

cream_awadate

本場の味であればとても甘いので、薄くスライスしてちょっとずつ食べるのが一般的ですが、砂糖抜きのホイップクリームを添えたり、クリームチーズを塗って食べるのもおいしいですよ。

どちらもシュトーレンの甘さを中和してくれるのでより食べやすくなると思います。

手作りシュトーレンの日持ちはどれぐらい?

tunnel-919812_1280

まず、本場ドイツの伝統的なシュトーレンがどのくらい日持ちするかお伝えしましょう。

伝統的なシュトーレンは、ブランデー漬けのドライフルーツとたっぷりのお砂糖が使われているので、2か月は軽く持つと言われています。

しかし、日本で出回っているレシピは食べやすい味に改良されたものも多いので、甘さ控えめや酒なしのレシピの場合は10日を目安にするとよいでしょう。

シュトーレンをいただいたけど保存方法は?冷凍できるの?

kaden_reizouko_open

伝統的なシュトーレンの場合は、冬の寒さを天然冷蔵庫として使用し、アルミホイルなどに包んで廊下や玄関などの風通りがよく寒い場所に置いておくのが一般的です。

もし、配合を変えて作った場合は、冷蔵保存がよいでしょう。

冷凍すると解凍して食べる際に食感が悪くなりやすいのでおすすめしません。
christmas-stollen-551425_1280

まとめ

シュトーレンは、長期にわたって楽しめるユニークなお菓子なので、ぜひクリスマスシーズンにご自分で作ってみてください。

また、本場ドイツやオランダでも地域によって味や具材が変わるので、ぜひいろんなバージョンを試してお気に入りの味を探してくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました