土浦全国花火競技大会2019!穴場・桟敷席の倍率などみどころ総まとめ!

スポンサーリンク
10月のお祭り
スポンサーリンク

土浦全国花火競技会について耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。

花火大会ではなく「花火競技大会」というのには理由があります。

全国の花火師が、技術を競うコンテストの要素があるからなんです。

スターマイン、10号玉、想像花火などで賞が用意されていて、受賞は花火師にとって最高の栄誉になるみたいなんです。

他の花火大会では見られないような花火が見られるかもしれません。

日本で1、2を争う大規模な花火大会なので、それ相応の事前の下調べが必要です。

ここでは土浦全国花火競技大会会場でのお役立ち情報をご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

茨城、秋の風物詩 土浦全国花火競技大会2019とは?

土浦全国花火競技大会は大正14年に航空隊殉職者の慰霊と土浦の経済の活性化を狙って霞ヶ浦湖畔で開催したのがきっかけです。

当時関東大震災の影響で、経済状況は最悪でしたが、この花火大会のおかげで土浦の商店街が、盛り上がったことから協賛者も付くようになり、毎年の恒例行事となったといわれています。

歴史がわかったところで肝心の基本情報をご紹介しましょう。

土浦全国花火競技大会2019の概要

「第88回土浦全国花火競技大会」

打ち上げ日:2019年10月26日(土)午後6時競技開始(荒天延期)
※荒天の場合,10月27日(日),11月2日(土)のいずれかに延期

時間:18時~20時30分

場所:JR常磐線土浦駅下車 桜川畔(学園大橋付近)

打ち上げ花火の数:2万発

駐車場台数:5,000台

人出予想:70万人

2万発の花火、70万人の動員の花火大会て一体どんなの?って思いませんか?

そのスケール感を感じてもらえる2017年の動画がありますので見てみてください。

2017 土浦全国花火競技大会 大会提供ワイドスターマイン「土浦花火づくし」

土浦全国花火競技大会2019!地元民が教える穴場2選!

2

70万人が訪れる土浦全国花火競技大会、せっかく行くなら見やすいスポットを押さえておきたいところです。

ここでは、良く見えて、人が少なめの「穴場スポット」をご紹介させていただきます。

その1.上高津貝塚ふるさと歴史の広場

場所:土浦市上高津1843番地

花火大会の臨時駐車場にもなっている場所ですが高い建物がないので花火が良く見えます。

会場より少し離れているので混雑に巻き込まれるリスクが減りますよね。

上高津貝塚ふるさと歴史の広場

その2.霞ヶ浦総合公園駐車場

場所:茨城県土浦市下高津1-10-35

風車があることで有名な広い公園です。

広々と見渡せるゆとりあるスペースがあるため、ゆっくりと花火見物することができます。

霞ヶ浦総合公園駐車場

各穴場スポットと楽しみ方の解説

【穴場スポット】土浦全国花火競技大会【楽しみ方】

桟敷席でゆったりと堪能!値段と種類、倍率は?

3

土浦全国花火競技大会をゆっくり楽しみたい、特別な人と特別な時間を過ごしたいという方には有料の桟敷席はいかがでしょうか。

桟敷席券:全マス(約1.7m×約1.7m  6人まで入場可)22,000円
半マス(約1.7m×約0.85m 3人まで入場可)11,000円
※前回大会において実行委員会による「対面販売」と「ローソンチケット」で桟敷券を購入いただきました皆さまに対しまして、本年の桟敷券の優先販売
を実施いたします。6月中旬頃に対象となる方へご案内いたします。
※一般の販売につきましては、優先販売後、残券があった場合において実施させていただきます。

パイプイス席:1席(約0.9m×約0.9m 1人用)3,000円/席
・場所:一般桟敷席下流側(塚田ポンプ場吐き出し口横)
・販売予定数量:1,000席
・販売方法:事前販売

希望者が殺到するため、抽選となります。

ネットや電話での応募はもちろん、窓口で応募することも可能です。

当選倍率は定かではありませんが、一部では15~20倍とも言われており難関といえます
桟敷席が見事ゲットできた!という方はラッキーですね。

マス席なので、仲間たちと宴会がてら楽しみたいという方も多いと思います。

注意なのは、イス、テーブル、カセットコンロなど宴会に持ち込みたいようなものは禁止となっています。

またペットの持ち込みもNGなので気を付けてくださいね。

土浦全国花火競技大会会場へのアクセスは?駐車場は?

4

見に行こうと思うけど、初めて行くところだし、どうやっていけばよいかわからないという方のためにアクセスについてご紹介します。

土浦全国花火競技大会(塚田ポンプ場吐き出し口横)
公共交通機関:JR常磐線土浦駅より徒歩30分。
駅からは見物客が連なって歩いているので道に迷うことはないと思います。
また土浦駅からシャトルバスが出ています。

シャトルバス:土浦駅東口~会場(所要時間:約10分)
行き14時30分~19時、帰り19時~21時45分随時出発
料金は大人240円、小人120円

駅は開始間近になると大変混みあいます。

余裕をもって2時間以上前には駅についていた方が安心です。

帰りは一斉に帰るのでかなり混み合い、混乱します。

しばらく会場で待っておくか、早めに切り上げるなどしてピークの時間をずらした方がいいかもしれません。

車:
東京方面から常磐自動車道 桜土浦IC下車、国道6号経由 約5km
水戸方面から常磐自動車道 土浦北IC下車 国道6号経由 約5km
駐車場は5,000台分用意していますが、来場者の人数からして早く満車になっていることは必至です。

朝から交通規制や通行止めでいつもと同じように通行できない部分もあります。

また、渋滞は15時頃から始まるので車で来る方は早く到着することをおすすめします。

多くの臨時駐車場は13時から空くので少なくともそれに間に合うようについていた方がいいですね。

大会の交通規制などの情報は以下の方法でも確認できます。

土浦全国花火競技大会 公式HP:

土浦全国花火競技大会
土浦全国花火競技大会のホームページです。

◎電話:NTTハローダイヤル050-5548-8686
◎ラジオ:茨城放送 AM1458kHz

まとめ

いかがでしたか?

今回の内容をまとめると、

① 2019年の大会は10月26日(土)
2万発の花火が打ちあがる見物者70万人が押し寄せる大きな大会であること!

② 花火大会のおすすめスポットは上高津貝塚ふるさと歴史の広場霞ヶ浦総合公園駐車場
さえぎるものがないのでゆったり見物することができる!

③ 場所取りせずみることができる桟敷席(有料)は人気のため、抽選で権利を得ないとはいることができない!

④ アクセスは、車と電車と方法がある。
電車からはシャトルバスで現地に運んでくれる。
駐車場は5,000台分の用意がある。
電車も道路も混雑は避けられないので、ピークの時間をずらして早めに到着、帰りはしばらく待つなど工夫が必要。

ということをお伝えしました。
大変な人の多さなので、疲れてしまうかもしれませんが、見に行ってよかったと必ず思えるような感動的な花火を見ることができると思いますよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました