エアフランスで行くヨーロッパ13時間の旅は苦痛だと思っていたけど苦痛なく行ける快適な空旅を体験してみた

スポンサーリンク
海外旅行・国内旅行
スポンサーリンク

今回は羽田からフランスのシャルルドゴール空港までエアフランスで行きます。

今まで国内も国外も飛行機はエコノミーしか乗った事がなく以前ヨーロッパに行ったときエコノミーで13時間は耐え難いものでした。

腰は痛くなるし、脚は怠くなり同じ姿勢でいるのはキツく、なかなか眠れません。
そこでエアフランスについてサイトを調べてみました。

そこに「プレミアムエコノミー」という席が!
今回は、このプレミアムエコノミーを利用する事に。

スポンサーリンク

プレミアムエコノミーとエコノミー席では何が違うの?

幅の広い革製のアームレスト付でエコノミーより約40%広い作りになっていて、ゆったりしています。
40%なんて知れてるだろうな…
と、あまり期待していませんでしたが座ってみれば違いが一目瞭然。
前の座席との空間が広く足が伸ばしやすい!

リクライニングしてもシートだけが固定されたシェルの中に入り込むため、後ろの人に迷惑をかけることなく各自快適にスペースを確保できます。
レッグレストとフットレストがついているので足を伸ばせて更にフットレストが高さ調整できるので、脚は楽です。
座席右横のボタンでフットレストを上げる。下げる時はボタンを押しながらフットレスト自体を下に押すと元の位置に収納されます。
もう1つの右側上のボタンで背もたれのリクライニングができます。戻す時はフットレスト同様、ボタンを押しながら背もたれを元の位置にスライドして戻します。
座席の付属は

  • イヤホン
    各座席に初めからセットされていてエコノミーに置かれているものよりは、安っぽさはありません
  • 1人1本ペットボトルのお水が席に
    エビアンがセットされています
  • 枕、掛け布団
    薄いブランケットではなく夏布団くらいの薄くて軽い掛け布団です。枕も厚みがあります。
  • アメニティポーチ
    ・歯ブラシセット
    ・耳栓
    ・靴下
    ・アイマスク
    ・イヤホンカバー
    5点がポーチに入っていて各自1つ配られます
  • ワイドな10.4インチ(26 cm)インタラクティブビデオスクリーン
    日本語版吹き替え映画も多くアニメも多彩。
    画面はタッチ画面ですが、座席左側に古いタイプのリモコンが埋まっているので、それも使えます。
    これはどの席も同じですが、 離陸前に流れる非常時の解説動画ありますが、エアフランスはオシャレですね。

プレミアムエコノミーは機内食も変わる

プレミアムエコノミー、ビジネスは機内食やドリンクが提供される前に、メニューがまず配られます。
夜ごはんと朝ごはんの内容、ドリンクメニューが記載されていて、日本語も載っているのが嬉しい点です。
今回は夜ご飯の時、体調が悪く食べていないため写真がありません。
朝ごはんはメニュー通りのプレーンオムレツ。
パンがノーマルのコッペパンのようなパン&マフィンの2種類。
パンのお供はバター&ジャムの2種類。
エールフランスはエコノミーの食事も食べたことがありますが、機内食は色々な航空会社のを食べた中で、上位の美味しさと思います。(筆者の独自的感想です)エールフランスのドリンクサービスで提供されるアルコールは

  • ビール
  • ワイン(赤、白)
    以外にシャンパンが選べます。これは、エコノミー席でも飲むことができます。

プレミアムエコノミーの座席以外の特典

エコノミークラス以上の乗客はSky Priorityという優先サービスが受けられます。

  • チェックインや荷物を預けるカウンターは、プレミアムエコノミー専用カウンター
  • ビジネス同様、優先レーンでの搭乗
    全てビジネスのように優先なので長蛇の列に並ぶことなスムーズに動けます。
  • 荷物の受け取りが優先

ビジネスクラス同様「Priority」のタグを荷物につけられえます。ただし、ビジネスと同じ特典を受けられないこともあります。

  • ビジネス以上が使用できるラウンジは使えない
    今回は羽田空港発なので羽田の「さくらラウンジ」は使用できません。
  • 預け入れ荷物の重量はエコノミーと同じ
    ビジネス…32kg
    ビジネス以下…23kg
  • 座席にスリッパは無い

機内でもWi-Fiの利用が可能

エアフランスの機内にWi-Fiのマークのシールが貼られていたので、ケータイは機内モードの状態でWi-Fiをオンにし、設定から飛んでいるWi-Fiをチェックしてみました。

AirFranceというのがあったのでクリックしてみると無料のものと有料のものが表示されます。

購入したいWi-Fiのプランを押すと、e-チケットに記載されているチケット番号を入力する画面になり入力すると、搭乗している便の情報が現れます。そしてクレジット決済のみで購入可能。とても簡単なステップでWi-Fiを使用することが可能です。

今回はじめてプレミアムエコノミーを使用しましたが、13時間のフライトを終えた後の体のだるさ、脚の浮腫みや疲れの違い!今までは長い飛行時間が苦痛で、狭く寝にくさのお陰で全く寝れないときもあり飛行機は苦痛なもの・・・と思ってきました。

でも今回の経験で快適な空旅もできるのだと実感。

ビジネスはフルフラットで完全に横になって寝れるのでもっと快適なのは想像がつきます。

飛行機内だけでなく、たくさんの特典のお陰でスムーズな旅ができるのも利点です。長蛇の列に30分並ぶ、荷物がいつでてくるかもわからず最後まで待つこともあり得るこの待ち時間が嫌いな筆者には、メリットばかり。

旅の初めからいいスタートを切れるだけでも気分が違って、その後の旅も楽しめます。

よく読まれている記事
海外旅行・国内旅行
スポンサーリンク
yumiyumiをフォローする
スポンサーリンク
フククル

コメント

タイトルとURLをコピーしました