旦那に感謝を伝えるアイデア3選!照れくさいけど父の日に感謝を伝えよう!

毎日仕事をして家庭を支えてくれる旦那さんに、「感謝はしているけれどなかなか素直に感謝の気持ちを伝えられない……」なんてことはありませんか?

「改めていきなり感謝の気持ちを伝えるのもどうかなあ」など、想いはあれどなかなか素直に伝えられない、そんな方も多いと思います。

そんな専業主婦におすすめなのが「父の日」で、父の日であれば改めて感謝を伝えやすく、またプレゼントなどを用意もしやすいです。

ここでは専業主婦が旦那さんに感謝を伝える方法としておすすめの方法やアイデア、プレゼントなどを紹介していくので、ぜひご確認くださいね!

スポンサーリンク

【旦那に改めて感謝を伝えるのは照れくさい・・・】


「旦那に感謝の気持ちは持っているけれど、それを改めて伝えるのは照れくさい」と思ってしまう方は多いのですが、そもそもどうして照れくさくなってしまうのでしょうか。

家族など近しい相手になるとなぜか照れていえなくなってしまう「ありがとう」などの感謝の気持ち、覚えがある方は多いと思います。

しかしふと思い返してみると、決して旦那さんだけではなく親や兄弟、こういった慣れ親しみ毎日共に生活している関係の相手だとなかなか言えないんです。

外へ出ているときの形式的な「ありがとう」は苦にならなくても近しい人間への「ありがとう」は照れが入る、これは別に特別なことではないんですね。

しかし同時に「ありがとう」とできるだけ言うようにしている、感謝の気持ちを伝えるようにしているという方も多く、またその効果はとても高いんです。

「ありがとう」など感謝の気持ちを言ってくれると嬉しいと感じる男性は多く、自分の行動によって相手から感謝されたということに誇りと喜びを感じます。

もちろんその気持ちが元になってもっと頑張ってくれることも多く、普段から感謝を伝える夫婦とそうでない夫婦ではやっぱり仲の良さが違います。

「私達はそんな言葉を言わなくても伝わっている」という方もいらっしゃいますが、例え伝わっていたとしても感謝の気持ちを素直に言われて喜ばない方はいません。

これは先程から「男性は」という言い方をしていますが、自分の立場として置き換えてもそう違いはなく、やはり感謝の気持ちを言われたら嬉しいですよね。

どうしても照れくさくなってしまう感謝の気持ち、でもこれを伝えることも夫婦円満の秘訣のひとつであることが分かります。


【旦那に感謝を伝えるアイデア3選! その1:メッセージカード】


「感謝の気持ちを口にするのは照れくさいから手紙で」と思っても便箋を前にすると照れや長文への躊躇いが出てしまう場合、一言添えられるメッセージカードはいかがでしょうか。

お金をかけるのが躊躇われるならいつもよりちょっと多めのおかず、また夫の好きなメニューで夕食を用意し、父の日などのプレゼントとしてカードを添えるのもありだと思います。

「お仕事おつかれさま、いつもありがとう」というような簡単なメッセージでも全然問題なく、その上で出来ればカードだけではなく「ありがとう」と口に出せると良いですね。

父の日であればイベントに乗っかる形で言いやすく、また大仰なプレゼントなどだと照れてしまう場合も、こういったおかずの内容などで特別感を作ることが出来ます。

【旦那に感謝を伝えるアイデア3選! その2:一緒に買い物に行く】


毎日の生活に追われてなかなかタイミングが合わせられないかもしれませんし、夫が頑張って得たお金からのプレゼントは気が引けるという場合、一緒に買い物など考えてみましょう。

その際に「今欲しいもの、必要なもの」などを聞き、一緒に考えながら服などを買う、こういったアイデアなどもプレゼントになると思います。

夫が父の日に休めないなどの場合はそうしたいことを相談し、欲しいものを決めてもらったりお互いに都合がつけられるように調整していくと良いですね。

「2人の時間」は特に子どもが生まれるとなかなか作ることは難しいですが、ぜひたまにはデートしてみましょう!

【旦那に感謝を伝えるアイデア3選! その3:ありがとうの本】


やっぱり直接口にするのは照れくさい、なにかきっかけが欲しい……そんな場合、近頃人気になっている「ありがとうの本」はいかがでしょうか。

ありがとうを伝える絵本「ありがとうのほん」



このようにオリジナルのメッセージを入れたたった一冊のプレゼントとなる絵本で、父の日などの記念日に贈るプレゼントとして最適なんです。



価格もプレゼントとして高すぎる・安すぎることもなく、ちょっとずつ父の日に向けてお小遣いを貯めてプレゼントする……こんな方法も素敵です。

ありがとうの本をきっかけに「ありがとう」と伝えられるようになればこれからの夫婦にとっても良いことばかりなので、ぜひありがとうの本も考えてみてくださいね!

【まとめ】

専業主婦の場合は何かプレゼントをしようとしても「自分で稼いだお金じゃないし……」と思ってしまうかもしれません。

しかし特にお小遣い制の場合、自分で貯めたお小遣いが元の場合は気にしなくても大丈夫ですし、そうでなくともちょっとずつ貯めたお金でプレゼントを用意してくれたことは嬉しいんですね。

こういった父の日などのイベントや記念日をきっかけに毎日感謝していることを伝え、それが日頃から伝えられるように変化していったら素敵です。

ちょっとずつでも「ありがとう」など感謝の気持ちを旦那さんに伝えて、日頃から言いやすくなるようにしていきましょう!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です