ママ友とのクリスマス会開催!場所のおすすめは?プレゼントは?持ち寄りは?ゲームは?


ママ友とのクリスマス会は子供がいる家庭なら、必ず一度は経験するものでしょう。料理の持ち寄りや誰かのお家の場所提供は必須ですし、プレゼント交換が行われたり、子供が喜ぶゲームを考えることも多いでしょう。

ママ友のクリスマス会を計画したらチェックしてほしい情報を集めました
ぜひ、参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

ママ友とクリスマス会を開催!開催場所のおすすめは?決め方は?


ママ友とクリスマス会を開催するとなると、まず決めないといけないのは場所でしょう。

一番多いのは、メンバーの中の誰かのお家です。よくあるのは、子供が多いお家や、普段からよく集まるお家なのですが、誰もがこれと言って大きな理由がない場合は公平にくじ引きにしてもいいでしょう。

でも、マンションやアパートの人よりも、一軒家のお家に住んでいる人に場所を提供してもらう方がいいでしょう。

近所迷惑を考えなくてよいので、子供たちが集まって好きに騒ぐことができますからね。また、誰かのお家であれば、小さい子供たちといっしょでも安心ですよね。他にお客がいない分、子供たちを放し飼い状態にすることも可能ですからね。

ただ、誰かのお家にする場合は、一番トラブルになりやすいので、場所を提供してくれる人は、料理の用意は不要にしておき、さらに、他のママさんたちはお礼の品を持ち寄りの料理とは別に用意した方がいいでしょう。そうすることで、トラブルも回避することができると思いますよ。


ママ友とのクリスマス会でプレゼント交換をすることに!相場は?

子供が主体となるプレゼント交換であれば、金額は安い方がいいでしょう。

500~1000円程度の間で事前に決めておくといいでしょう。子供が喜ぶものはやはりお菓子の詰め合わせでしょう。金額もお手頃なので、ちょうど良いと思います。

他には、ランチボックスや男女問わず喜んでくれるおもちゃなんかもいいでしょう。クリスマス会なので、本番となるクリスマスに使えるようなかわいいグッズも喜ばれるでしょう。飾り物でもいいですし、大きな靴下でもいいと思いますよ。

子供たちの年齢が変わらないのであれば、衣類でも良いでしょう。靴下辺りが無難だと思います。











ママ友に!プレゼント交換に!Francfrancの1000円以下クリスマスギフト


ママ友とクリスマス会で持ち寄り!持ち寄りのルールは?何がおすすめ?



一番、大切なものと言えるのが、料理の持ち寄りです。ママ友とのクリスマス会の定番ですね。料理を一品持ち寄るのがよくあるルールだと思いますが、気を付けないといけないのが、盛り付けと量です。

まず、パーティーなのですから、まず洋食であることと、華やかな盛り付けです。決して、タッパーに入れて持って行かないようにしましょう。タッパーで持って行ったとしても、別にきれいなお皿を用意しておいて、後で盛り付けができるようにしましょう。

さらに、重要なのがです。大人の参加者の人数プラス2人分くらいあるとちょうど良いでしょう。

子供が小さいと、子供の分も大人といっしょにカウントすると、持ち寄りで他にも料理があるのに、残る量がすごいことになります。その残った料理をみんなで分けて持ち帰ったりすることになると、それはそれで面倒ですから、ある程度はなくなるように計算するといいでしょう。

ただ、一番ダメなのは、料理の量が少ないことです。個数などがはっきりとわかるような料理は避けた方がいいでしょう。スパゲッティやラザニアなどがおすすめですよ。

料理に自信がない人は、無理に作らずに、市販のものを買って行って、盛り付けだけ頑張るようにしましょう。下手にまずい料理を持って行っても気まずいだけですよ。

ママ友とのクリスマス会が盛り上がるゲームは?


子供が大好きな椅子取りゲームハンカチ落としなどは盛り上がると思います。ビンゴゲームで勝った人から順番にプレゼントを選べるというのも楽しいですよ。

他には、ウノやトランプゲームも人数が多いと楽しいですよね。そんなに人数がいないのであれば、ボードゲームでも良いでしょう。

子供と大人が一緒に楽しめるゲームとして、新聞紙を使ったじゃんけんゲームも盛り上がりますよ。

じゃんけんに負けた親子は新聞紙を半分に折って行きます。最後まで新聞紙の上にいられた親子が勝ちです。シンプルなので、子供もすぐに理解できて、盛り上がりますよ。

【最後に】



子供が小さいうちしかやることないクリスマス会なので、楽しい会になるようにしたいですよね。場所提供となった場合は、人数分の紙コップや取り皿用に紙皿、プラスチックのフォークやナイフ、スプーン、さらに、クリスマスのデコレーションなども必要になるでしょう。

後はケーキの手配やある程度の持ち寄りの料理の内容の把握も必要だと思います。場所提供者は幹事のような働きが必要になるので、選ばれたら抜かりないように頑張ってくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です