中秋節の台湾では何が行われる?バーベキューでお祝いするって本当?

10月のお祭り

台湾などの中華圏では秋の大きな行事として「中秋節」という伝統行事があり、旧暦の8月15日が中秋節に当たります。

この日は台湾の祝日でもあり、中華圏の四大節句(旧正月・端午節・冬至)と合わせてとても大切にされている日なんですね。

台湾の祝日でもあり伝統行事「中秋節」が行われるこの日、具体的にはどのようなことをしているのか、ちょっと気になりますよね。

お祝いはバーベキューなんて話も聞くと更に興味も湧いてくるので、ぜひこの機会に台湾の中秋節について詳しく知っていきましょう!

台湾の秋といえば「中秋節」!どんな行事なの?

最初にお話した通り中秋節中華圏の四大節句のひとつであり、台湾でも祝日に指定されている大切な日です。

この日はその年の収穫や神様に感謝をする日であり、家族が集って過ごす日となっているんです。

日本では十五夜やお月見がこの日に当たりますが、現在祝日であったり家族で過ごすなんて習慣はないので、ちょっと驚きですね。

台湾では中秋節は月見をするのもありますがそれ以上に大切な民俗行事の日でもあり、月見をしながら月餅や文旦を食べます。

中国や日本では古くから月を愛でる風習が続いていて、月餅を贈り合う風習などは明治頃から始まりました。

月餅のほかにも「菜餅」、おもちや火鍋など、地域によって食べるものの種類も様々です。

このように基本的には「月を愛でる日」「家族で集まる日」でもあるのが台湾の中秋節なので、観光客が一気に増えるみたいなことはあまりありません。

しかしこの時期限定の趣向を凝らした月餅が手に入る可能性があるなど、中秋節ならではの楽しみ方ももちろんありますよ!

中秋節といえば「バーベキュー」「月餅」がかかせない!

先程からずっと話している「月餅」がそもそも何か分からないという方もいらっしゃるかもしれませんが、月餅(げっぺい)とは月に見立てた中国のお菓子の一種です。

月に見立てた月餅をお供えして食べるというのは中華圏で広まっている風習で、なんと唐の時代に出現した伝統的な食べ物なんですね。

台湾の伝統的な月餅はこの基本に沿った丸型、そしてあんことアヒルの卵の黄身の塩漬けという中身になっています。

台湾では月餅を作るための「月餅型」なんてクッキーの型みたいなものがあり、家庭用キッチン用品コーナーなどでお手軽に購入できます。

中秋節で月餅を食べるのはもちろん、お世話になった方などに贈る……まるで日本のお中元のような風習も台湾ではあります。

ですからこの時期基本的な月餅はもちろん、それぞれの製菓会社が趣向を凝らした月餅を販売する商機にもなっているので、あちこちで月餅が見られますよ!

そしてもうひとつ気になる「バーベキュー」、台湾では中秋節はもちろん、その前後のお休みになると親しい友人や家族が集まり、バーベキューをする姿を見かけられるんです。

町内会などコミュニティでバーベキューが企画されることもあり、あちこちでバーベキューを楽しんでいる姿を見るのも中秋節の特徴です。

ちなみに日本でバーベキューというと河原やバーベキュー広場、またお家のお庭や屋上などですが、台湾ではもっと様々な場所でバーベキューを楽しんでいる姿を見かけます。

小さな公園はもちろん、それぞれの家の前や道路などでもバーベキューをしている姿は台湾独特の風景であり、日本人が見るとびっくりしてしまうところでもありますね。

中秋節に台湾のスターバックス(スタバ)では月餅が販売されている?

台湾の中秋節では月餅は商機でありそれぞれの会社が趣向を凝らした月餅を作っているというのは先程お話しましたが、あのスターバックスも月餅を作っているんです。

これが台湾でも予約もしくは通販でしか手に入らないという限定商品であり、とても可愛くて人気が高いんです!

中秋節限定のスタバの月餅は専用のパッケージとなっていて、その他マグカップ、タンブラーなども限定品として登場しています。

ちなみにスタバの月餅はお値段が非常に高く、日本円で換算するとひとつにつき800円以上、さらに高いグレードも用意されているほどです。

お菓子であるため賞味期限もありプレミアがついてお高くなっていく……というような話はあまり聞きませんが、2019年もおそらく販売されるので機会がある方は狙ってみてはいかがでしょうか!

台湾の中秋節は、中国本土・香港と祝い方は違うの?

中秋節は中華圏の伝統行事ですので、中国や他の地域と台湾は同じなのか、変わっているところがあるのかも気になるところですよね。

中国本土でも中秋節は祝日、香港でも中秋節の翌日が祝日となっていますが、香港も中秋節からお休みとしている会社などもたくさんあります。

ちなみに中国でも月餅を贈る習慣はあるものの、近年では月餅を一月以上前から配り、中秋節の頃になると月餅は食べ飽きてしまうなんて事態にもなっているそうです。

香港では月餅のほかにサトイモやスターフルーツ、ヒシなどを買ってお祝いをする風習があり、アイス月餅など独自の進化を遂げています。

また夜には主要な公園で大小の灯籠を飾り、中秋節の気分を盛り上げるイベントもあります。

同じ月を愛でながら月餅を食べる「中秋節」、それぞれの国でちょっとずつ違っているのも楽しいですね!

まとめ

中秋節は台湾の方にとっても大切な伝統行事の日でもあり、月餅や文旦などを贈る日、そしてバーベキューを楽しむ日でもあります。

それぞれの家族が集ってゆっくりバーベキューなどを楽しみながら1日を過ごす日……とても楽しそうですね!

一方スターバックスをはじめ、様々な趣向を凝らした月餅を探せる、楽しめるのもこの時期ならではの魅力です。

中秋節に興味を持たれた方は、ぜひタイミングを合わせて台湾の中秋節を様々な形で楽しんでくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました