背高泡立草の花言葉は?アレルギーの原因になるって本当?

スポンサーリンク
四季の花・植物
スポンサーリンク

秋になるとあちこちで見られる花として「背高泡立草(セイタカアワダチソウ)」があり、黄色い花がまるで絨毯のように広がっている姿を見ることもかつてはありました。

近頃は背高泡立草は減少し見る機会も減ってきましたが、この秋に咲く黄色い花「背高泡立草」のことを詳しくご存知でしょうか。

背高泡立草は「アレルギーの原因になる」として嫌い、群生していると駆除しようとする方が多いという側面もあります。

確かに花を見ていると花粉も飛ばしそうで、背高泡立草がアレルギーの原因になると言われると納得もしてしまうんですよね。

今回は秋の花、背高泡立草とはどのような花なのか、どんな花言葉があるのかなど、背高泡立草について詳しく知っていきましょう!

スポンサーリンク

【10月に見頃を迎える背高泡立草とはどんな花?】

背高泡立草は元々北米原産の花で、かつて開催された東京オリンピックの工事のために大量に輸入された木材に種子がついていて、一気に広まったのがはじまりです。

これについても「蜂蜜を取る目的で輸入された」という説もありますが、いずれにしても背高泡立草が国内に広まった時期は同じなんですね。

アメリカでは背高泡立草は人気が高く州花としている地域もあり、「ゴールデン・ロッド(金色の鞭)」という名称で親しまれています。

セイタカアワダチソウ

セイタカアワダチソウ

「背高泡立草」と漢字で書くとちょっと分からないイメージもありますがこれは「セイタカアワダチソウ」と読み、そう聞くとなんとなく聞き覚えがある方も多いと思います。

背高泡立草はキク科アキノキリンソウ属の多年草であり、日本では「代萩」……切り花用の観賞植物で萩の代用として使われていたりもしました。

背高泡立草は河原や空き地などに群生するので「黄色い絨毯」に記憶がある方も多いと思いますが、高さ1メートルから2.5メートル、場合によっては4メートルをも超す大きさに成長します。

先の方に黄色い花をたくさんつけるのが特徴で、種子だけではなく地下茎からも繁殖するんです。

背高泡立草には「アレロパシー」という周囲の植物の成長を妨げる毒を出して勢力を広げる特徴があるため、国内に入ってきた後一気に広まっていました。

しかしアレロパシーは大繁殖させるもののその土地の栄養を枯渇させ、いずれは自分の毒で滅びるという特徴も併せ持っています。

その結果現在背高泡立草は減少し、背高泡立草に駆逐されていた在来種であるススキが近ごろは再び勢力を増している……植物は本当に不思議ですね。

背高泡立草の名所という情報はあまりなく、それもそもはず、背高泡立草はどちらかというとススキなど在来種を圧迫する「嫌われ者」の一面もあったんです。

しかし最近は背高泡立草にはアトピーやぜんそくなどに対する薬効があるということも分かってきていて、背高泡立草へのイメージも少しずつ変わってきています。

【背高泡立草の花言葉は?自分で育てることはできるの?】

このように勢力を広げしかし自らの毒によって減少を始めている背高泡立草、その花言葉なども気になるところですよね。

背高泡立草の花言葉は2つあり、それは「元気」「生命力」という、どちらも背高泡立草の強い性質が元となってつけられた花言葉です。

もちろんどちらも良い意味の言葉であり、贈る花言葉としてもむしろ良い、嬉しいものなんですね。

背高泡立草は野生に群生している花という印象が強く、「育てる」という感覚にあまりならないかもしれません。

背高泡立草は種子、そして地下茎で繁殖するので繁殖力が強く、他の花と一緒に育てると他の花の生育を妨げてしまうことにもなってしまいます。

もし背高泡立草を育てるのであれば他の作物と一緒にしないようなど、注意が必要だと思います。

【背高泡立草がアレルギーの原因になるって本当?花粉症なの?】

何度かお話していますが「背高泡立草はアレルギーの原因になるから悪い花!」という方も多く見かけますし、なんとなく避けている方も多いですね。

しかし背高泡立草は群生しているところをよく見ると分かる通り「虫媒花」……つまり、虫を介して受粉する花なんです。

つまり背高泡立草は花粉を飛ばさない……よく言われているような、花粉アレルギーの原因ではないんですね。

どうして背高泡立草がアレルギーの原因になると言われてしまったのかというと、「ブタクサ」と一緒に考えられたからというのが一般的です。

もちろん自然植物である以上触れるなどでアレルギーを発症する可能性がゼロであるとは言いませんが、背高泡立草は花粉アレルギーの原因ではないですし、もちろん触っても問題はありません。

【もし花によるアレルギーになってしまったら治療法は?治るの?】

日本人と花粉症はもう切り離せない関係で、日本で多く広まっているスギ花粉はもちろん、他の花の花粉からアレルギーを発症していることももちろんあります。

花粉アレルギーになってしまった場合、日頃の生活でできる対策、そして病院などで花粉症の治療を行うことなどが考えられます。

病院での花粉症の治療は症状を抑える「薬物療法」、そしてアレルギーの反応そのものを抑える「減感作療法」になります。

減感作療法花粉のエキスを少しずつ濃度を高めて摂取し、反応そのものを抑えるように慣らしていく方法です。

特にいま広まっている舌の下に花粉エキスを垂らして飲み込む「舌下免疫療法」は開始時期などがある程度決まっている、期間が長いなど注意点もあるものの、高い効果があります。

花粉症は元々「こどもはかからないもの」というイメージもありましたが、小さなこどもでも花粉症になる子が増えています。

特に小さなお子様や赤ちゃんは自分で調子がおかしいこともなかなか伝えられないので、こどもや赤ちゃんは様子を見ておかしいなと思ったら病院を受診することも考えてみましょう。

【まとめ】

背高泡立草は元々花粉アレルギーとは関わりがないものの、花粉症の原因として広まってしまったために嫌ってしまっている方も多く見かけます。

実際はアレルギーどころか薬効が認められつつあるとても嬉しい花でもあり、近頃は少しずつ見かける機会が減少してしまっている花でもあります。

もし家の近くなどで見かけたら、ぜひ今年は背高泡立草を避けずに近くへ行き、ゆっくりその黄色い花を鑑賞してみてくださいね!

よく読まれている記事
四季の花・植物
スポンサーリンク
takatakaをフォローする
スポンサーリンク
フククル

コメント

タイトルとURLをコピーしました