インコを飼い始めて初めての冬!室温や餌、水の量は?!

スポンサーリンク

家に帰ると、ピピピと鳴いてお出迎えをしてくれる可愛いインコたち。
とても癒される大事な家族ですよね。

そんなインコたちの中でも、今年初めての冬を過ごすという子も多いのではないでしょうか?

可愛い我が子のために、出来ること・気をつけなければならない事とは?
疑問にお答えしましょう!


スポンサーリンク

インコと過ごすはじめての冬!インコは寒さに強い?弱い?

まずはじめに言います。
インコは、暑さにも寒さにも弱いです!

適温が大体18度から25度くらいと言われています。


個体差や年齢によって、寒がりだったり暑がりだったりすることもあるので、そのあたりは飼い主さんが気をつけて見てあげて欲しいです。

しかし、まずはじめに考えることは、一般的な適温に環境を整えてあげることです。その方法については後で触れますね。

その前に、寒がっている・暑がっているときのインコの格好を覚えておきましょう。


寒い時

身体全体の羽根を膨らませ、丸々としたように見える。  

これは、膨らませた羽根の間に空気を取り込み、少しでも温かい層を作ろうとしている行動です。
人間が寒い時にするように首を竦めた感じに見えます。

ふくらすずめ、という冬に見られるすずめの行動がそれですね。


暑い時

翼を半分ほど広げ、息が荒くなる。

翼をいかり肩になったように広げ、少しでも身体に風を当てようとしている行動です。
ハァハァと息が荒くなるのは、人間と同じですね。



この2つの行動を覚えておけば、ご自分の愛鳥が寒がっているか暑がっているかの判断は出来ると思います。

人間自身が適温でも、ケージの場所によって、実はインコには暑いや寒いがあるかもしれません。
ケージには、小さなものでもいいので温度計をつけておくと安心です。



インコや鳥類は冬眠するの?

熊や野生のリスなどは、しっかり栄養を蓄えてから冬眠しますよね。
しかし、鳥の場合は冬眠をすることはありません


シベリアなど、あまりにも寒さの厳しい地域に住んでいる鳥は、渡り鳥となって過ごしやすい地域へと移動をする種類もいます。白鳥などは、その良い例です。

なので、家の中で大切に育てられているインコは冬眠をすることはありません。
寒さに当てられて動きが鈍くなることがありますが、その場合は早急に温かくしてあげてくださいね。


冬のインコの飼育、室温はどうしたらいい?かごの工夫は?

毎年やってくる、寒い寒い冬。何を準備したらいいでしょうか?

インコの適温は18度から25度程度。室温が18度以下にならないようなお家なら、何も必要ありません。

しかし、「結構ウチ、冷えるんだよね」と思った方、そして、『夜は暖房を消す派』の方は、準備が必要です。

準備するものは、鳥用のヒーターと、できれば透明なビニール(透明なゴミ袋を広げてもいいです)。

鳥用ヒーターはホームセンターやペットショップで店員さんに「鳥用ヒーターくださいな」と声を掛けると出してもらえます。

ヒーターのサイズによってワット数が違うので、お家の状況に合わせて選んでもらってください。

 

ちなみに我が家は「北海道、一軒屋の二階の六畳間」で、かなり冷えるのでセラミックヒーターの100Wを使っています。
セラミックであれば、ガラス電球のヒーターより少々お高めですが、コザクラインコなど水浴びが好きな種類の鳥を飼っていても、割れる心配が大分少ないので、安心です。



ヒーターは基本的にはかごの中につけますが、ヒーターに乗っかってしまう子などの場合は火傷をするかもしれないので外に付けてもいいでしょう。

ここで注意事項があります。それは、ヒーターの近くに可燃物を置かないこと。特に上部は布などで覆わないようにしてください。万が一火事になってしまうと、大変危険です。


そして、透明ビニールですが、これは、ケージを覆うものです。

ケージ内に風が入らないようにビニールで包んであげてください。

正面は作業するのに邪魔なので開けておいてもいいですが、寒い地域や寒がりの子の場合は、上部から前に垂らすようにしてあげるといいでしょう。


参考までに、楽天市場のサイトを載せておきますが、ホームセンターがあれば簡単に購入することが出来ますよ。

楽天市場:セラミックヒーター(カバーつき)



楽天市場:小鳥かごの防寒カバー



インコの冬のエサ、水はどうしたらいいの?

冬は、夏に比べて体力の消費が激しくなります。なので、少しだけカロリーの多いエサをあげてもいいでしょう

カロリーが高いのはセキセイインコならばカナリーシード・麻の実、コザクラインコ以上のインコならこれプラスひまわりの種やかぼちゃの種などです。

嗜好性も高いので、あまりたくさんあげると太ってしまいます。
インコの種類に合わせたエサと量にしましょう。


我が家では、いつもの食事とは別に追加用に単品で購入してきます。

今はホームセンターでも飼い主さんが自分で選べるように、シードを単品で販売しているところも多いと思います。


水はいつも通り、毎日新鮮なものをあげてもらえれば大丈夫です。
温水にしてしまうと、水浴びをしてしまったときに羽根が水を上手くはじくことが出来なくなってしまい、風邪をひいてしまうのでやめてください。


まとめ

冬。
寒いです。北海道や東北にお住まいに方は特に気をつけてください。

実は、インコも風邪をひきます
風邪をひくと、鼻水をたらします。コザクラインコならいつもは隠れていますが、セキセイインコやオカメインコは見える鼻から、人間のように鼻水が出ます。

万が一そうなってしまったら、早めに病院に連れ行く準備を
移動用キャリーの準備と、かかりつけ獣医(鳥を診れる先生は少ないのです)をきちんと探しておいてくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です