2019年のゲンジボタル鑑賞の時期や場所は?ゲンジボタルとヘイケボタルとの違いは?

6月のお祭り

暗い中ぼんやりと光るホタルの光、飛び交っている姿はあまり見ることが出来ない場所が増えたもの、初夏の楽しみのひとつですよね。

この季節になると毎年ホタルを見に行くのが楽しみという方、今まで見たことはないけれど一度見てみたいという方も多いと思います。

でもホタルってどこにいるのかよく分からないし、そもそも種類の違いも分からない……こういう方も、結構いらっしゃると思うんです。

今回はそういった方、そしてホタルをじっくり鑑賞したいという方に向けて、ホタル観賞に向いている時期や見られる場所、生態系などを紹介しています。

ぜひホタルが見られる時期になる前にホタルについて把握し、幻想的なホタルの光を楽しんでみませんか?

ゲンジホタル鑑賞に最適な時期や時間帯は?

ホタルが見られる時期というと初夏というイメージがぼんやりある方も多いですが、ホタルは初夏また梅雨時……湿度の高い時期に、光を出して飛び交います。

地域によっても違いがあり一般的には南に行くほど時期が早くなるので、九州地方では5月頃から鑑賞も可能なんですね。

ホタルの種類によっても違いがあり、ゲンジボタルの場合は5月から7月が最も最適な鑑賞時期だと言われています。

とはいえその年による気温の違いなどでも変わりますので、時期が近づいてきたらこまめにチェックするのが一番です。

ゲンジボタルは鹿児島から青森まで幅広い地域に生息し、多くは6月の中旬頃から7月の中旬頃まで見られます。

光が強いこともゲンジボタルの特徴で、きれいな河川や水路などの流水域が生息場所です。

ホタルを見る際の注意点がいくつかあるので、以下のポイントを守りつつありのままのホタルをゆっくり鑑賞してくださいね。

・懐中電灯、またフラッシュ撮影など強い光でホタルを照らさない、写真を撮るときはフラッシュをたかずに撮る
・捕まえない
・持ち帰らない
・田んぼや河川にゴミを捨てない

強い光が見えるとホタルは隠れてしまいますし、「ホタルは水のきれいな地域に住んでいる」というのは有名な話ですよね。

ホタル観賞を続けるためにもこういった注意をしっかり守り、ホタルや環境を守りつつ自然の光を楽しみましょう!

ゲンジボタルはどこで鑑賞できる?東京でも見れるの?

大まかなホタル観賞の時期や方法がわかったところで、いよいよゲンジボタルが飛び交う姿を実際に動画で見てみましょう!

ゲンジボタル

ゲンジボタル

ゲンジボタルが光を出して飛び交う時間帯というのはある程度固定されていて、一番鑑賞しやすいのは夜の20時から21時頃です。

その他飛び交う時間帯についても以下にまとめていますが、深夜になるとちょっと鑑賞は厳しいかもしれませんね。

ホタル観賞時間帯

・19~21時
・23時前後
・午前2時

この時間帯、そして風がなく湿度の高い日、暖かい日であること、雨が降っていないこと、月明かりがなく曇っている日であることが、ゲンジホタル観賞に適した条件です。

とはいえこれも地域によって違いがあり、涼しい森林などでは気温が低い日、晴れた日や風のある日でも飛び交っています。

都会では見られないと思われているかもしれませんが、ゲンジボタルは東京でもゆっくり鑑賞することが出来ます。

「HOTEL椿山荘」「ふれあい植物センター」などでホタル鑑賞会などが開催されていますので、興味がある方はぜひ一度こういった場所へ行ってみてはいかがでしょうか!

ゲンジボタルとヘイケボタルの違いは?ホタルは捕まえてもいいの?

日本でよく見られるホタルとして有名なのはゲンジボタル、そしてヘイケボタルですが、ヘイケボタルは南西諸島以外の日本、そして朝鮮半島や中国の東北部などに生息しています。

発光パターンが複雑であるのが特徴で、光ってから次に光るまでの間隔がおよそ1秒であることなど、違った特徴があります。

【自然観察】ゲンジボタル ヘイケボタル 光り方の違い

【自然観察】ゲンジボタル ヘイケボタル 光り方の違い

ヘイケボタルの生息はよく分からない部分もあり、越冬地などは実は知られていません。

また水が止まっている場所や流れの少ない河川にも生息しているので、多少の水の汚れなら適応出来ているのも特徴です。

ちなみにヘイケボタル、昔は「コメボタル」と呼ばれていて、ゲンジボタルと分かりやすくするために源平合戦から「ヘイケボタル」と名付けられたという経歴もあります。

どちらにしてもホタル観賞の注意点として先程お話した通り、ホタルはむやみに捕まえて良いものではありません。

見つけたとしてもありのまま、自然のままの姿をゆっくり鑑賞し、光を当てたり持ち帰ったりしないようにしてくださいね。

東京から電車でいける!ホタル鑑賞で有名なスポット3選!

東京でもホタル観賞が出来るとお話しましたが、東京、そして関東近郊でホタル観賞が出来るスポットについてもいくつか紹介していきたいと思います!

夕やけ小やけふれあいの里

童話の「夕やけ小やけ」のモデルとなった場所で、ここでは毎年6月の上旬から下旬にかけて「ホタルの夕べ」として特別夜間営業が行われています。

2,500匹ほどのホタルが幻想的に飛び交う姿をゆっくり楽しめることが出来る場所として有名で、入園も無料です。

ホタルの夕べは18時から21時まで、混雑情報もあまりなくゆっくり鑑賞することが出来と思われますので、ぜひ夕やけ小やけふれあいの里でホタルを鑑賞してくださいね!

ふれあい植物センター

ふれあい植物センター東京都渋谷区にある植物センターで、毎年ホタルの鑑賞会「ホタルの夕べ」を開催しています。

2019年で17回目の開催となる予定ですが、ホタルの夕べの時期は短く、昨年も4日ほどでした。

しかし東京で見ているとは思えないほどのホタルの数、光っている幻想的な姿が都心で見られるということ、更には無料で鑑賞できるという魅力もあるんですね。

ヘイケボタルは17時半頃、ゲンジボタルは19時頃が見頃ですが、ふれあい植物センターのホタルの夕べは非常に混雑するので余裕を持って移動するようにしておきましょう!

おとめ山公園

おとめ山公園新宿区にある公園で、こちらは都心ですが「東京の名湧水57選」の一つであるほどの貴重な場所でもあります。

そんなきれいな湧水を利用してホタルの飼育を行い、毎年7月上旬ころに蛍舎を歩いてホタルが光飛び交っている姿を見ることが出来るんです!

またこちらでは「ヘイケボタル」が見られるというのも魅力で、よく見る光り方とは違ったヘイケボタルを一度みたいという方がたくさん訪れます。

ホタル観賞は18時頃から整理券を配布、19時頃から鑑賞ではありますが、やはりホタルの生育状況によって鑑賞会が中止になることもあるのでご了承ください。

まとめ

ホタルの種類の違いや光り方の違い、そして生息環境など、ぼんやりと知ってはいても実際に調べてみると驚くこともありますね。

ホタルは自然にいる姿を簡単に見られることは少なくなりましたが、今回ご紹介したように鑑賞会などで遠くまで行かずとも楽しむことは出来ます。

ぜひ一度お近くのホタル観賞会などをチェックし、自然のやさしい光が飛び交う姿をご覧になってくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました