新幹線のリクライニングを倒す時は声をかけるべき?角度はどうする?


新幹線に乗る機会がある人は、ちょっと面倒だと感じることでしょう。新幹線のリクライニングシートは通常の状態では直角で、長時間の利用には不適切ですよね?多くの人がちょっと倒すと思います。


ただ、その際に後ろの席の人への配慮が必要になりますよね。
声掛けをするべきか、角度はどの程度ならOKなのか、いろいろと迷うことでしょう。


スポンサーリンク

新幹線のリクライニングシート、倒す時は一言声をかけるべき?


新幹線に乗っている際に一番困るのは、リクライニングシートを倒す時でしょう。日本人特有の問題ではありますが、新幹線は乗った時には直角の状態なので、そのまま座っているのはとてもきついですよね?


一段階下げる分はOKと、後ろの席の人に声をかけない人もいることでしょう。一段階下げる程度であれば、断りなしに下げても問題ないと思います。(もちろん、一言声をかけるのがベストですが、8割の人が言わないと言うデータもあります)


ただ、二段階以上下げるのであれば、後ろの人のスペースが狭くなるので、先に断りを入れるのがマナーでしょう。また、いきなり下げられるとびっくりしますよね?知らない人に声をかけるのも、声をかけられるのもあまり気分がいいものではないですが、いきなり勢いよく目の前のシートが下がってきたら、誰だってそれ以上に不快に感じることでしょう。


もちろん、ひどく下げたからといって、後ろの人が激怒して喧嘩を吹っかけてくることはないでしょう。日本人でなければ、もしかしたらトラブルになるかもしれませんが。



結論として、トラブルを避けたいのであれば少しでもシートを下げる場合は、先に一言断りを入れましょう。声をかければ、9割の人が「どうぞ」と返してくれます。



新幹線のリクライニングシートの角度、どこまで下げる?


やはり、後ろの席の人に「どうぞ」と言われたからと言って、フルでシートを下げるのは避けるべきです。「どうぞ」と言われても、一段階下げる程度の遠慮が必要でしょう。最低でも二段階までに留めた方がいいでしょう。


フルに下げても後ろの人に文句を言われなかったと言う場合でも、日本人は直接相手に文句を言うのが苦手な生き物ですから、SNS上で仕返しのように何か写真をアップされて、トラブルに発展する可能性もありえます。自分が知らないところで、話題に上がっているのは気持ちが悪いものですよね?


現代では、陰湿なことも起こりうるので、トラブルを起こしたくないのであれば、一段階程度に留めておきましょう。


リクライニングシートを倒したら文句を言われてムカっ!どうするべき?

断りを入れてから、リクライニングシートを倒したのに、後ろの席の人に文句を言われた場合は困惑しますね。もしも、何も言わずにシートをいきなり倒したのであれば、マナーがなっていないと文句を言われても仕方がないでしょう。


シートを倒して文句を言われた時は、相手がシートを倒していないのか確認した上で、下げすぎている場合は謝ってすぐに少し戻した方がいいでしょう。


新幹線の席は有料ですが、新幹線はあくまでも公共の乗り物です。自家用車のような振舞いができるわけではありません。周囲の人とトラブルが起きないように努めるのが、一番賢い振舞いでしょう。


後ろに気兼ねなく思いっきりリクライニング可能!新幹線の1番後ろ、最後尾の席 他の荷物がなければコンセントも充実



リクライニングシートの倒し方から口論へ・・・乗客同士のトラブルになったらどうする?


まず口論になる原因として、リクライニングシートを声掛けなしで倒す、もしくはフルで倒す勢いよく倒した場合は、後ろの席の人に文句を言われる可能性があるでしょう。


これらの行為は自分が相手に喧嘩を売っているのと同じなので、口論に発展した場合は、すみやかに終わらせるように努めるべきでしょう。新幹線内で口論に発展したら、後ろの席の人だけじゃなく、ほかの乗客にも迷惑をかけることになりますから。


運よく、スタッフの人が入ってきてくれれば仲介にも入ってくれるでしょうが、あまりそんな機会もないので、自分で対処する他ないでしょう。ただ、これに関しては、後ろの席の人も自分と同じ状況に陥るのを覚悟の上でしょう。


お互いが譲り合えば、すぐに解決できることだと思うので、冷静になって話し合うようにしましょう。あまりにもヒートアップして危険と感じたら、席を変えるようにしましょう。指定席の場合は、自由席に移動すればいいでしょうし、自由席なら別の車両に移動しましょう。


【最後に】


口論になるケースはごくまれだと思います。文句を言われることも少ないでしょう。ただ、陰湿な嫌がらせをしてくるケースは多々あります。一番多いのが、背もたれを足で蹴られるパターンです。


そんな嫌がらせをされないように、きちんと声をかけて、下げる時は遠慮して一段階もしくは二段階までにしましょう。後ろの席の人だって、シートを下げている場合がほとんどだと思います。マナーを守ればトラブルには発展しませんよ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です