猫が主人公の映画のおすすめ4本!【邦画】猫好きなら必ずみておこう!

スポンサーリンク


猫が出演している映画は邦画、洋画を問わずに意外とたくさんあります。コメディ映画から思わず涙してしまう感動ものまで、猫が主人公の邦画の中からおすすめの4本を紹介します


スポンサーリンク

猫が主人公のおすすめ映画4本!【邦画編】 その1:世界から猫が消えたなら



○タイトル 世界から猫が消えたなら

○公開日 2016年5月14日劇場公開


あらすじ

映画プロデューサーの川村元気氏が執筆した初の小説「世界から猫が消えたなら」が映画化された作品です。


余命宣告を受けた郵便配達員の僕は、突然現れた自分とそっくりな悪魔から余命は明日だと告げられます。そして、この世からひとつだけ何かを消すかわりに余命が一日伸びるという取引を持ちかけられます。


電話、映画、時計…そして猫。
大切なものをひとつ失うごとに大切な思い出まで消えてしまうことに気付いた僕は…


出演者

佐藤健(僕/悪魔)・宮崎あおい(彼女)・濱田岳(ツタヤ)ほか


猫好きとしては猫が消えるなんて考えただけでも切なくなってしまいますね。決して美形猫ではないキャベツ役の猫ちゃんが何とも言えず観ているだけで涙が出そうになってしまいます。


佐藤健さんがはまり役です!
脇を固める宮崎あおいさんや濱田岳さんもよかったです。


「世界から猫が消えたなら」予告ロングver



Huluでは配信されていませんが、Amazonプライムビデオでは視聴することができます。




猫が主人公のおすすめ映画4本!【邦画編】 その2:猫なんか呼んでもこない。



○タイトル 猫なんか呼んでもこない。

○公開日 2016年1月30日劇場公開


あらすじ

漫画家杉作氏による同名のノンフィクション漫画を実写化した映画です。


プロボクサーとして芽が出ずに兄のところに居候をしているミツオ。ある日兄が2匹の子猫を拾ってきます。猫嫌いのミツオは2匹の子猫に振り回されながらもプロボクサーのライセンスを取得し、猫たちとの生活にも徐々に慣れてくるのですが…


出演者

風間俊介(ミツオ)・つるの剛士(兄貴)・松岡茉優(ウメさん)・市川実和子(大家さん)ほか


「30万人が泣いた」と予告編にも書かれていますが、涙せずには観ることのできない作品です。猫との生活についていろいろと思いをはせながら観る方も多いのではないでしょうか。2匹の猫のチンとクロが出ずっぱりで癒されます。


映画『猫なんかよんでもこない。』劇場予告編

https://youtu.be/yo6d_SwGq5k

Hulu、Amazonプライムビデオのどちらからも視聴することはできません。


猫が主人公のおすすめ映画4本!【邦画編】 その3:猫侍



○タイトル 猫侍

○公開日 2014年3月1日劇場公開


あらすじ

2013年10月より放送されたテレビドラマが映画化された作品
設定はドラマ版と同じですが、内容は大きく変わります。


人斬りとして恐れられた浪人斑目久太郎のもとに、飼い主を骨抜きにする力を持った猫玉之丞を斬ってほしいという依頼が舞い込みます。玉之丞を斬ろうとした久太郎ですがその愛らしさに負けてひそかに玉之丞を連れ帰ります…


出演者

北村一輝(斑目久太郎)・あなご、さくら(玉之丞)・蓮佛美沙子(お梅)ほか


猫に萌える侍の姿が何ともおかしいコメディ要素たっぷりの映画です。
久太郎の心の声が面白すぎます!
玉之丞を演じた「あなご」と「さくら」の2匹の猫がかわいくて猫好きにはたまらない映画です。


映画『猫侍』予告編



Huluでは配信されていませんが、Amazonプライムビデオでは視聴することができます



猫が主人公のおすすめ映画4本!【邦画編】 その4:グーグーだって猫である



○タイトル グーグーだって猫である

○公開日 2008年9月6日劇場公開


あらすじ

漫画家大島弓子氏の自伝的エッセイ漫画を原作としています。


愛猫のさばを亡くしてから漫画を描くことができなくなった小島麻子は、ある日1匹の子猫を迎え入れ「グーグー」という名前を付けます。元気を取り戻した麻子は、新たな出会いもあり幸せな毎日を送り始めるのですが…


出演者

小泉今日子(小島麻子)・上野樹里(ナオミ)・加瀬亮(沢村青白)ほか


原作者の大島弓子さんの世界観が好きな人にはたまらない映画だと思います。
麻子役の小泉今日子さんとアシスタント役の上野樹里さんがよい!


猫映画と呼ぶには猫ちゃんの登場シーンが少ないのですが、
猫を飼うということについて考えさせられるシーンがたくさんあります。


映画「グーグーだって猫である」予告



HuluAmazonプライムビデオの両方で視聴することができます。



【まとめ】

・猫が主人公のおすすめ映画その1:世界から猫が消えたなら
 佐藤健主演。映画プロデューサー川村元気氏の小説「世界から猫が消えたなら」が映画化された感動の作品。

・猫が主人公のおすすめ映画その2:猫なんか呼んでもこない。
 風間俊介主演。30万人が泣いた、涙せずには観ることのできない作品。2匹の猫のチンとクロの魅力が満載。

・猫が主人公のおすすめ映画その3:猫侍
 北村一輝主演。猫に萌える侍久太郎の姿が何ともおかしいコメディ要素たっぷりの映画。

・猫が主人公のおすすめ映画その4:グーグーだって猫である
 小泉今日子主演。漫画家大島弓子氏の自伝的エッセイ漫画が原作。


様々なジャンルの猫が登場する映画を紹介しました。猫ちゃん目当てで観るもよし、ストーリー重視で観るもよし。あなたにとってお気に入りの1本が見つかればうれしいです

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です