江東区のじゃぶじゃぶ池情報2017!猿江恩賜公園などおすすめ4選!赤ちゃんはOK?

スポンサーリンク

暑い季節にこそ楽しめる遊びのひとつに「水遊び」があり、小さなお子様が遊ぶ場所として「じゃぶじゃぶ池」がありますよね。


「プールに行くにはもうちょっと早い気がするけれど、水遊びは楽しみたい……」そんな年代の小さなお子様がいらっしゃる方は、じゃぶじゃぶ池での水遊びデビューを考えてみてはいかがでしょうか!


江東区は水遊びスポットがたくさんあり、ちょっと調べるだけでもたくさん見つけられるほどのエリアになります。


そんな江東区のじゃぶじゃぶ池の中で「赤ちゃんは遊べるかどうか」「水遊び用おむつは必要かどうか」など小さなお子様向けの情報も含めてお伝えしますので、ぜひチェックしてみてくださいね!


スポンサーリンク

【江東区じゃぶじゃぶ池:猿江恩賜公園】

猿江恩賜公園にもじゃぶじゃぶ池、そして流れる小川があり、暑い季節になると小さなお子様からちょっと涼みたい大人までたくさん見かけることが出来ます。


場所

住所:江東区住吉2丁目、毛利2丁目
電話番号:03-3631-9732
公式サイト:



アクセス方法

都営地下鉄新宿線・東京メトロ半蔵門線「住吉」駅を下車、A3出口から徒歩およそ2分
JR総武線「錦糸町」駅を下車、南口から徒歩およそ15分


駐車場はありませんので近隣の有料駐車場を探すことになってしまいます。


とはいえ近くに駐車場もありませんので、できるだけ公共交通機関を使って向かったほうが安心だと思いますよ!


公園に行くと案内があり詳しくルールが書かれてあるのですが、残念ながらおむつが取れていない赤ちゃんがじゃぶじゃぶ池に入ることは出来ません。


「おむつが取れていない子がNG」ですので、水遊び用おむつをつけても止めておいたほうが良いですね。
またペットは必ずリードをつけモラルとマナーを守って一緒に行くのであれば大丈夫ですが、じゃぶじゃぶ池に入って一緒に遊ぶのはやめておきましょう。


じゃぶじゃぶ池で遊ぶには「水着と履物を着用」がルールとなっていますので、水着とサンダルなども用意していきましょう!


大人も子どもを見ながら足を水につけてゆっくり過ごせますので、履物を用意しておくと良いと思います。



月曜日が清掃日となっていますので、月曜日は遊ぶことが出来ません。
お休みは残念ですが、その分きれいにしてもらえてると思うとむしろ助かりますね。


またじゃぶじゃぶ池の利用時間は10時から16時まで、期間も毎年夏休みをカバーする形で決まっていますので、直前に公式サイトをご確認いただくと安心です。


ルールも多少細かいですが木陰も多くきれいなじゃぶじゃぶ池ですので、暑い季節にこそ行きたい場所だと思います!


トイレはありますが売店はなく、お昼を食べたい場合などは事前に準備するか来るときに買って来る必要があります。


自動販売機はありますので、いざというときの水分は安心して大丈夫ですよ!


じゃぶじゃぶ池にて〜1




【江東区じゃぶじゃぶ池:豊洲公園】

豊洲公園は「ららぽーと豊洲」の隣にあり、じゃぶじゃぶ池の規模としては小さいものの立地が良く、小さなお子様連れの方に人気があります。


場所

住所:江東区豊洲2-1
電話番号:03-3647-2538(江東区水辺と緑の課)


アクセス方法

東京メトロ有楽町線など「豊洲駅」下車、徒歩5分ほど


駐車場はありませんので近隣の有料駐車場を探すことになってしまいます。


ららぽーと豊洲の駐車場の場合ですと1時間無料の以降30分ごとに300円、お買い物によってはサービスがありますので、買い物のついでなどにじゃぶじゃぶ池に遊びに行くのもありかもしれませんね。


おむつをつけたまま利用することは出来ませんし、基本的には「おむつが取れた子ども」から対象年齢となります。


水遊び用おむつも同様ですので、おむつが取れていないお子様は残念ですが外れるまで待ちましょう。


ペットについては必ずリードをつけモラルとマナーを守って一緒に行くのであれば大丈夫ですが、じゃぶじゃぶ池に入って一緒に遊ぶのはやめておきましょう。


じゃぶじゃぶ池が開いている期間は去年の場合7月1日から9月の上旬まで、利用できる時間は10時から16時までの、月曜日がお休みとなっています。


お休みは残念ですが、その分きれいにしてもらえてると思うとむしろ助かりますね。
また監視員の方がおられますので、もし指示などがあった場合は必ず従うようにしてくださいね。


豊洲公園にトイレはありますが売店はありませんので、お昼などはららぽーと豊洲に移動しても良いと思います。


【江東区じゃぶじゃぶ池:木場親水公園】

木場親水公園は木場公園に隣接しているじゃぶじゃぶ池で、こちらも小さな子どもから幼児に人気があります。


場所

住所:江東区木場2-2-12
電話番号:03-5683-5581

アクセス方法

木場駅から徒歩およそ10分
木場四丁目のバス停で下りて、徒歩およそ2分


駐車場はありませんので、公共交通機関を使って遊びにいくことをおすすめします!


こちらのじゃぶじゃぶ池もおむつをつけたまま利用することは出来ませんし、基本的には「おむつが取れた子ども」から対象年齢となります。


水遊び用おむつも同様ですので、おむつが取れていないお子様は残念ですが外れるまで待ちましょう。
ペットについても同様にリードを必ずつけ、モラルとマナーを守って連れていきましょう。


木場親水公園のじゃぶじゃぶ池が開いている期間は大体の場合7月上旬から9月の上旬まで、利用できる時間は10時から16時までの、月曜日がお休みとなっています。


お休みは残念ですが、その分きれいにしてもらえているとも言えますので、ご都合をつけて遊びに行くようにしてくださいね。
また監視員の方がおられますので、もし指示などがあった場合は必ず従うようにしてください。


木場親水公園に売店はありませんので、隣の木場公園まで行くか近隣で買える場所を探すことになります。
トイレはありますので、事前に準備を整えてくればゆっくり過ごすことは全然出来ると思いますよ!


【江東区じゃぶじゃぶ池:越中島公園】

越中島公園にもじゃぶじゃぶ池があり、また広い公園ですので様々な年代の方が広く遊べる場所でもあります。


場所

住所:江東区越中島1-3-23
電話番号:03-5683-5581

アクセス方法

越中島駅より徒歩およそ5分
門前仲町駅から徒歩およそ10分


駐車場はありませんので、近場を探す時間がかかってしまうくらいなら公共交通機関を使って遊びに行くことをおすすめします!


こちらのじゃぶじゃぶ池もおむつをつけたまま利用することは出来ませんので、基本的には「おむつが取れた子ども」から対象年齢です。
水遊び用おむつをつけている場合もやっぱり「おむつ」ですので、おむつが取れていないお子様は残念ですが外れるまで待ちましょう。
ペットについても同様にリードを必ずつけ、モラルとマナーを守って連れていきましょう。


越中島公園のじゃぶじゃぶ池が開いている期間は大体の場合7月上旬から9月の上旬まで、利用できる時間は10時から16時までの、月曜日がお休みとなっています。
殆どの場所でお休みも同じですので月曜日がご都合良い方はちょっと厳しいかもしれませんが、その分じゃぶじゃぶ池もきれいに維持ができているのでご理解くださいね。


また監視員の方がおられますので、もし指示などがあった場合は必ず従うようにしてください。
お水はシーズンを越してもきれいと言われるくらい整備されていますので、安心して遊ばせることが出来ます。


越中島公園に売店はありませんので、隣の木場公園まで行くか近隣で買える場所を探すことになります。


売店などはありませんがトイレはあり、お弁当は持ち込めますので、向かう道中で準備してくるのが一番だと思います。
比較的ゆっくりできる公園ですので、じゃぶじゃぶ池で楽しみながらゆっくり過ごしたい場合におすすめしたい場所です!


【まとめ】

江東区のじゃぶじゃぶ池は基本的に同じルールですので、違う場所へ行く際もまずそれをヒントにすれば大丈夫だと思います。


今回ご紹介したじゃぶじゃぶ池はどこも交通の便は良いところですので、ぜひ電車など公共交通機関を使って遊びに行ってくださいね。


たっぷり遊んだあとはゆっくりお買い物をして帰れるような場所も、大人も子どもも楽しめておすすめです。


暑い夏、みんなが気持ちよく過ごせるように、ルールを守って楽しみましょう!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です