カブトムシ採集場所【横浜・神奈川】おすすめ3選!時期・時間帯・トラップは?

スポンサーリンク
夏休み
スポンサーリンク

夏と言えば様々な楽しみ方がありますが、特に男の子が好きな楽しみとして「カブトムシ採集」がありますよね。

カブトムシは市販で買うこともできますが、「やっぱり自分でトラップをしかけたりして採集するのが好き!」という子も多くいます。

とはいえ「カブトムシはどこにいるものでもないだろうし、トラップの作り方ややり方も知らないし……」という方も多いと思います。

今回はそういった方や今年の採集場所を探している方に向けて、カブトムシ採集のための情報やトラップの作り方、そして最も大切な横浜・神奈川の採集場所(新地市民の森、ウェルキャンプ西丹沢、こども自然公園)をご紹介していきます!

スポンサーリンク

カブトムシ採集にいこう!時間帯や方法、トラップの作り方は?

カブトムシ採集と言うとやっぱり「夏休みのイベント!」といった印象が強いですが、実はそれで割と合っていたりします。

カブトムシ採集おすすめの時期は「6~8月」、特に7月の中旬から8月の上旬なんですね。
まさに夏休みに入って一番楽しい時期がベストな時期であり、夏休みのイベントとして盛り上がるのも当然のことなんです。

逆にお盆を過ぎてしまうとカブトムシは長く生きられませんので、せっかく取ったのにすぐに死んでしまう……なんてことにもなってしまいます。

次に時間帯ですが、カブトムシ採集は夜、もしくは早朝というイメージの方が多いのではないでしょうか。

カブトムシは夜行性ですので、最も採りやすい時間は「夜20時から明朝4時くらい」なんですね。

昼間は隠れていることが多く見つけにくいですが、同時にこのくらいの時間は子どももおそらく寝る時間だったりもします。

深夜は危険でもありますので、子どもと一緒の場合は朝早く、「3~4時」くらいに出かけてみてはいかがでしょうか!

また雨の日などはカブトムシも隠れてしまいますので、雨の日に無理をして採りに行く必要はないのでご安心下さい。

カブトムシは樹液に集まりますので、昼間に一度下見をして樹液が滲み出ている部分をチェックしておくのもありです。

発見したら手で身体の横、中央付近を摘んで虫かごに入れればOKです!
高いところにいる可能性もありますので、虫取り網を用意しておくと良いですね。

樹液が見つかりやすい場合はこれでOKなのですが、もし見つからない場合は樹液の代わりとなるトラップを用意することになります。

トラップの作り方は次の動画がわかりやすいですので、まずはこちらで確認してくださいね!

【カブトムシ】バナナトラップを作ってみた&仕掛けてみた!

必要な材料はバナナ5~6本と砂糖、焼酎(適量)で、混ぜてタッパーに入れてベランダなどに置き、醗酵させるだけです!

バナナトラップはストッキングに入れておく方法もありますが、直接木に塗りつけても大丈夫です。

横浜・神奈川のおすすめカブトムシ採集場所:その1.新地市民の森

新地市民の森は緑区のほぼ真ん中にある広い緑地帯で、カブトムシ採集が出来る場所としても有名です。

有名すぎて探すことは出来ても捕まえることがなかなか出来ないかもしれませんが、立地の良さなども考えると一度チャレンジしてみる価値は高いと思います!

場所:神奈川県横浜市緑区新地町または三保町
電話:045-311-2016

公式サイト:

市民の森・ふれあいの樹林ガイドマップ

アクセス方法

新地市民の森

公共交通機関:JR横浜線「十日市場駅」下車後、徒歩およそ20分
車:東名高速道路「横浜町田インターチェンジ」下車、環状4号にて3.5kmほど

駐車場は無料で公園西側にありますが20台ほどしか駐車出来ませんので、できれば公共交通機関を使って行くことをおすすめします!

横浜・神奈川のおすすめカブトムシ採集場所:その2.ウェルキャンプ西丹沢

ウェルキャンプ西丹沢はキャンプ場で、カブトムシ採集など昆虫採集にも力を入れています。

もちろんそれだけではなく釣りや川遊びなど様々な楽しみ方が出来る場所ですので、ぜひ行ってみてはいかがでしょうか!

場所:神奈川県足柄上郡山北町中川868 ウェルキャンプ西丹沢
電話:0465-78-3181

公式サイト:

ウェルキャンプ西丹沢キャンプ場 - 公式ホームページ | 四季折々の大自然に広大な敷地と露天風呂が自慢の通年型キャンプ場「ウェルキャンプ」です。充実の設備と様々なアクティビティをお楽しみください。

アクセス方法

ウェルキャンプ西丹沢

公共交通機関:JR谷峨駅もしくは小田急線新松田駅を下車後、西丹沢行き富士急行バスにて終点まで
車:東名高速道路「大井松田インターチェンジ」で下車後、国道246号線を御殿場方面へおよそ12km、清水橋の信号を丹沢湖・中川方面へ右折、県道76号

詳細マップなどは公式サイトのアクセスマップにも掲載されていますので、そちらをぜひご確認ください!

横浜・神奈川のおすすめカブトムシ採集場所:その3.こども自然公園

こども自然公園はどちらかというとクワガタ採集で人気の高い場所ですが、もちろんカブトムシを見つけることも出来ます。

こちらも人気のあるスポットなので、トラブルなどないよう大人も気をつけてあげてくださいね。

場所:横浜市旭区大池町65-1
電話:045-353-1166

公式サイト:

こども自然公園(こどもしぜんこうえん)

アクセス方法

こども自然公園

公共交通機関:相模線「二俣川駅南口」下車後、徒歩およそ20分、「南万騎が原駅」から徒歩およそ7分。「二俣川駅南口」から相模バスの旭1or6系統「万騎が原中央」「万騎が原大池」で下車、徒歩3分

駐車場は営業時間が決まっていますので、カブトムシ採集など深夜・早朝の場合は使えないと思っておいたほうが安全だと思います!

まとめ

神奈川は奥地に行けばまだまだカブトムシなどもたくさん採集することが出来ますので、夏休みのイベントとしてぜひ計画してもらえたら、子どもも楽しいと思います。

またキャンプ場や宿泊プランでカブトムシ採集がある場合もありますので、初心者の場合はそういったところから経験してみるのも一つの手段です。

自然が相手であるということ、カブトムシ採集はトラップなどのトラブルもありますのでそういったことにも気をつけつつ、夏のイベントとして楽しんでいきましょう!

よく読まれている記事
夏休み昆虫採集
スポンサーリンク
takatakaをフォローする
スポンサーリンク
フククル

コメント

タイトルとURLをコピーしました