深大寺だるま市2019!自分にそっくりなだるま!?見どころ総まとめ!

150415282144
日本の三大だるま市の1つに数えられる深大寺だるま市は、「厄除元大師大祭」というのが正式名です。

願いことや一年の安全祈願のために、だるまを購入してみてはいかがですか?

他のだるま市とは、一味違う深大寺だるま市をご紹介します。

スポンサーリンク

深大寺だるま市2019!日程など概要は?

深大寺だるま市は、毎年、3月3日と4日の2日間で9:00~19:00の時間で開催されます。

東京都調布市の深大寺とその周辺で行われるこのだるま市には、300店以上の露店が並び、どの店でもだるまを販売しています。

大小さまざまで、1000円から大きい物なら1万円以上になります。

前年に購入しただるまを深大寺に納めて、だるま市で新しいものを購入して、深大寺で目入れをしてもらうのが定番の流れです。

毎年、10万人の人々がだるまを買いに来ますよ。

4K 2016深大寺だるま市




自分にそっくりな”だるま”がいるって本当?だるまの買い方・飾り方は?

深大寺だるま市では、多く並ぶ店から自分の表情に似ただるまを探して買うのが、通の買い方なんだそうです。

さらに、購入する際には、値切った方が縁起が良く、値段設定も高めに設定されているので、少し値切って購入しましょう
だるまを初めて購入する際は、小さいものを選ぶようにしましょう。

なぜなら、次の年には、前年のものよりも一回り大きいものを購入する方が縁起が良いからです。

飾り方にルールはありませんが、目につきやすい居間に飾るのが一般的ですね。

自分の願い事を1年忘れないでいられますし、だるまは厄除けでもありますからね。

Daruma Festival ~ 深大寺だるま市 調布


深大寺だるま市のみどころ3選!

護摩祈願

10:00、11:00、12:00、13:00、15:15、16:00で申し込みをすることができ、護摩壇中央にある路の中で燃える火の中に、供え物や願いを書いた特殊な薪を入れて、元三大師様に伝えて、願いが成就するように祈願することができます。

だるま開眼

2日間の9:00~17:00に、僧侶が直々に購入しただるまに目入れをしてくれます。

古いインドの文字で「阿」の字を書き入れてくれるので、1年後に願いが叶ったり、1年無事に過ごせたら、次の年には「吽」の字を入れてもらい、お寺にそのまま納めましょう。

ちなみに、阿吽(あうん)の呼吸の文字ですね。

お練り行列

2日間とも14:00から始まるお練り行列があります。

雅楽にあわせて木遣り唄を歌いながら、お揃いの法被を着た雅楽衆、木遣衆、赤い法衣を着た高僧たちが境内を進んでいく行事です。

きらびやかで圧巻ですよ!

深大寺だるま市 2014


深大寺だるま市の混雑予報!空いている時間帯は?

2日間で10万人が訪れるので、大混雑となります。

露店のある場所は特に混雑し、身動きが取れないほどです。

お昼が一番多いですが、僧侶の目入れの受付が終了してしまうと人も少なくなるので、だるまが手に入ればよいと考える人や、次の日の早朝や遅い時間にもう一度戻ってこられるのならば、初日の19:00近い時間に購入するのがおすすめですよ。

深大寺 だるま市 【HD】


最後に

深大寺だるま市は、とっても人気があるだるま市です。

ご利益もありそうなので、だるまがほしくなってしまいますね。

あまり、だるまになじみがない地域の方こそ、ぜひ一度はだるま市に出かけて数々のだるまを目にしてほしいですね。

とっても小さくてかわいいだるまもあるので、意外と飾りやすく購入しやすいものですよ!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です