鼻水ねばねば徹底解説!透明・緑・黄色・ねばねばからサラサラの原因は?

生活の知恵・裏ワザ

黄色・緑色のねばねば鼻水の原因は?

003

黄色いねばねばした鼻水は、上でもお話した通り風邪が原因の場合がほとんどです。

ウイルスを撃退していくと、透明でサラサラな鼻水が黄色くねばねばになります。

これは撃退して残った残骸のようなものなので、身体が頑張ってくれた証拠でもありますね。

「黄色い鼻水がでるのは風邪が治りかけている証拠」などと言われることもあります。

とはいえもちろん、免疫力だけで風邪が治りきるとは限りません。

体調不良など自覚症状がある場合は、無理せず病院を受診してくださいね。

そこまで身体がつらくない場合も「まだ風邪が治りきっていない」ということは忘れず、出来るだけ身体を休めてください。

黄色いねばねば、また緑色のねばねばの鼻水が続く場合は、塊が出る場合と同じく副鼻腔炎を疑ったほうが良いです。

特にこのような濃い色のねばねば、ドロドロした鼻水が続く場合は「慢性副鼻腔炎」の可能性があり、出来るだけ早く耳鼻咽喉科を受診しましょう。

副鼻腔炎(蓄膿症)は、名前の通り鼻近くの空洞に膿がたまる病気です。

急性の場合はまだ良いのですが、慢性化すると常に鼻づまりや集中力の低下、頭痛など困った症状が出てしまいます。

悪臭が出る場合もありますので、出来るだけ早く対応しておきたい病気なのです。

副鼻腔炎は悪化すると慢性的な喉の痛みや気管支炎、更に副鼻腔炎の炎症が引き金でもっと大きな合併症を引き起こす可能性もあります。

鼻の位置を考えると納得できるのですが、目や耳、そして何より脳といった重要な器官がすぐ近くにありますよね。

ちょっとした油断が命に関わる合併症になりかねませんので、副鼻腔炎が疑われる場合は必ず耳鼻咽喉科を受診することを忘れないでください。

鼻水がねばねばからサラサラになった意味は?

004

では逆に、黄色いねばねばした鼻水からサラサラの鼻水に変わっていった場合はどうなのでしょうか?

黄色くなる・ねばねばする鼻水はウイルスと顆粒球が戦った証拠でもありますから、それがなくなってきたというからには「ウイルスの撃退が終わった」と取れますね。

残骸を出す必要がなくなってきたから、サラサラの鼻水に戻ってきているんです。

「鼻水は常に出ているもので気付いてないだけ」なので、鼻風邪でまだ少し残っているウイルスに反応しているだけでウイルス自体は減ってきている状態です。

しかしもちろん、これは「風邪の完治」を意味するものではありません。

ウイルスが身体に与えた影響はもちろん突然真っ白に戻ったりはしません。

他の症状もなくなり、鼻水も全然出なくなったタイミングが「風邪の完治」です。

鼻水がサラサラになったからといって決して油断せず、他の症状もきちんと判断してくださいね。

まとめ

鼻水は特に冬場は寒暖差でよく出てくるものですし、日頃はあまり気にしない方が多いと思います。

けれどじっくり見てみると、こんなにサインを出してくれていたのですね。

花粉症と風邪の初期症状は区別がつけにくく、また花粉症だと自覚していない方は尚更分からないと思います。

「外に出ているときに鼻水が出続けていて、家に帰って落ち着いたら出なくなった」など、少しずつ自覚していくパターンが多いですよね。

どちらにしても鼻水が出た場合は一度確認し、自分の体調や状態を見直すことが大切です。

それが風邪の悪化や大きな病気を防ぐことにも繋がりますので、ぜひ実践してみてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました