足利フラワーパークイルミネーション2016!見どころ総まとめ!割引クーポン券は?

スポンサーリンク

6-1藤の花

栃木県足利市と聞くと皆さんは何を思い出しますか?
私は室町幕府の征夷大将軍、足利尊氏!が頭にパッと浮かびます。
特に歴史が好きな訳ではないのですが、これだけは覚えていて(^_^;)
そういえば日本史で習ったかな~という程度なので、歴女の方がいたらごめんなさい<m(__)m>


今、その足利で熱いスポットがあるのを知っていますか?
夜景鑑賞士が選ぶ「第二回イルミネーションアワード」のイルミネーション部門で、なんと堂々一位を獲得した「足利フラワーパーク」が今、話題なんです。


「足利フラワーパーク」といえば藤の花が有名なのは知っていますが、イルミネーションが第一位というのはどういうことなのでしょうか?
これは早速調べてみないといけませんね!


そもそも"夜景鑑賞士"というのも初めて耳にしました。
きっと、夜景に詳しい人たちだろうということは想像できますが、その辺のことを含めて「足利フラワーパークイルミネーション」について詳しく調べていきたいと思います!
全国第一位を取ったというイルミネーション!…これは是非見てみたい!



スポンサーリンク

【足利フラワーパークイルミネーション2016!どんなところ?】

0

四季折々の花が見られることで知られている足利フラワーパークですが、ここで少し歴史について触れてみたいと思います。


最初は今の場所ではなく、足利市堀込町に4本の大藤を目玉とする「早川農園」として開園され、当時入場者数は10万人弱だったそうです。
その後1996年に現在の足利市迫間町に移転し、その際大藤4本を移植したのが、日本女性樹木医第1号の塚本こなみさんによるものでした。
移転により入場者数も増えましたが、伸び悩んだ時期もあり、再び女性樹木医の塚本こなみさんの力によって、今や年間入場者数100万人という人気の植物園になりました。


そんな歴史を持つ現在の「足利フラワーパーク」はというと、1年を8つに分けて、それぞれテーマを決めて作られ、その時期その時期違った魅力で、私たちの目を楽しませてくれています。
その8つの中で10月末から2月の上旬まで行われるのが、第8章『光の花の庭』というイルミネーションです。
しかもその期間中に、さらに3度も趣向を変えるというこだわりの演出のイルミネーション!


今年度の足利フラワーパークイルミネーションは一体どんな内容なのか?


こちらが「足利フラワーパークイルミネーション2016」の概要になります!


◆開催期間:2016年10月22日~2017年2月5日
      ※定休日なし(ただし2月第3水曜日・木曜日及び12月31日は休園)
◆開催時間:平 日 PM3:30~PM9:00
      土日祝 PM3:30~PM9:30
      ※イルミネーション点灯はPM4:30頃
◆入園料:大人800円、子供400円


こちらは昨年の11月のイルミネーションの様子です。




0:35秒ごろの動画に注目!子どもが大喜びしそうな可愛らしいイルミネーションが出てきますよ。
2:50秒ごろ、何かが頭の上を飛んでいきました! おもしろそうー\(^o^)/


あ~好きな彼と(彼女)と一緒に光のトンネルの中を、手をつないで歩いたら、どんなにロマンチックなことでしょう💛(≧▽≦)




【足利フラワーパークイルミネーションのスケジュールと見どころ3選】

毎年10月の下旬から翌2月上旬まで開催される「足利フラワーパークイルミネーション」は時期によって3つにテーマが分かれています。


(3つのテーマ)(2016年10月~2017年2月)

①テーマ「光と花のコラボレーション~光とアメジストセージの融合~」(10月下旬~11月中旬)
紫水晶ともいわれるアメジストセージは、宝石アメジストと同じ美しい紫色と、白の花を咲かせるハーブです。
光とコラボするアメジストセージはまさに宝石のような美しさです。


②テーマ「フラワーパークのクリスマス~クリスマスファンタジー~」(11月下旬~12月下旬)
いよいよクリスマス間近という時期に行われる、クリスマスムードたっぷりのイルミネーション!
カップルは必見です!


③テーマ「ニューイヤーイルミネーション~光と冬ボタンの競演~」(元旦~期間終了まで)
光と大輪冬牡丹の花で、新しい年を祝う"ニッポンのお正月"を表現しています。


テーマは時とともに変わっていきます。


また花は自然の生き物であり、天候等によっても左右されるので、入園料、開催時間、時期なども変更されることもあるので、行く前には必ず最新情報をゲットしてから、出かけるようにしてくださいね!


そして足利フラワーパークイルミネーションの見どころを3つあげるとしたら・・・


その1.フラワーパークならではの花と光のコラボレーションが見られる!
本物の花や花に見せかけた電飾が、他にはない魅力です。


その2.約ひと月ごとに違ったテーマのイルミネーションが見られる!
季節の流れを感じながら3つのテーマで飾られたイルミネーションを、全部見たくなりますよね(^_-)


その3.ショッピングハウスが充実している!
やっぱり藤にちなんだキレイな紫色のオリジナルスイーツがたくさんあって、お土産用に自分用にとあれこれ迷ってしまうほど種類が充実。
食べ物だけでなく花の鉢植えなども可愛いのがたくさんあるから、欲しくなちゃいます!
特に女子は買い物、大好き!

6-鉢植え (2)

【足利フラワーパークイルミネーションをお得に!割引クーポンはどこで手に入るの?】

魅力たっぷりのイルミネーションを見るために、お得な裏技もご紹介しちゃいます。

スポンサーリンク

●年会費入会金無料の足利フラワーパークのメール会員に登録する!
こんなにお得です!

・フラワーパークの花情報やイベント情報を教えてくれる
・入園料が期間限定で割引される
・花売り場でも割引適用になる
・ソフトクリーム割引がある!(^^)!

※割引サービスを受ける場合は割引券のプリントアウト、携帯等の画面提示が必要ですよ~。


●花おい倶楽部の会員になる!
入会金1,000円と年会費4,800円を支払うと

・1年間入園無料!!!(季節で花も演出も違うから何度も行く方は絶対お得~)
・同伴者入園割引(同半者5名まで200円引き)
・各種イベントご優待(本人と合わせて4名まで10%引き)
・宴会メニューの団体割引(宴会メニュー予約で10%引き)
・ショッピングハウス内割引10%引き!
・レストランでの食事が20%引き!
・誕生月来園で花鉢がもらえる!


●JAF会員証提示で入園料100円引き!

●コンビニで前売り券発売!

●近隣駅で割引クーポン券や割引券が付いたチラシをもらう

何度も行く人は花おい倶楽部会員に、そうでない人はとにかくメール会員になった方がいろいろお得なようですね。



【足利フラワーパークのアクセスと混雑予想!】

年間通して100万人も訪れるという「足利フラワーパーク」
どうせ行くならゆっくりのんびりと楽しみたいところです。


しかし、このイルミネーションが行われる時期は今年も混雑が予想され、最も混雑している時期は、なんといってもクリスマスの頃になります。
そして土日祝は特に混みますね。
でもその時にしか行けないとなると、事前に計画を立ててから出かけた方がいいでしょう。


車・電車・バス・シャトルバス・徒歩のどれにする?


○車の場合
東北自動車道⇒佐野藤岡ICから国道50号前橋・足利方面(18分)
北関東自動車道⇒1.太田桐生ICから国道122号経由→国道50号足利・小山方面(20分)
        2.足利ICから国道293号経由→県道67号佐野方面(15分)
        3.佐野田沼ICから県道16号経由→県道67号足利方面(12分)
★駐車場は無料駐車場が園内に300台分
・ここに停められるのがベストですが、すぐにうまってしまうので早朝を狙うしかないでしょう。
・イルミネーションだけを見に行く場合は夕方17:00頃が最も混雑するので、15:30くらいまでに園内に入るようにして、点灯するのを待つという手も考えらえます。
★その時によって臨時駐車場があるかどうかはハッキリしないので問い合わせてみてください。
akippa(アキッパ)というスマホなどのオンラインコインパーキングで調べてみる方法もありますね。


○車+電車+バス
・JR「佐野駅」「足利駅」に車を停めてバスや電車を利用するという方法もありです!
・足利市駅からのシャトルバス運行は、変更などがあるので事前に調べた方がよさそうです。(所要時間30分)
こちらを参照⇓


○歩く場合
・JR両毛線「富田駅」下車 徒歩13分



【感動の「足利フラワーパークイルミネーション2016」総まとめ!】

6-夜景

噂の「足利フラワーパークイルミネーション2016」とは?


●開催は2016年10月22日~2017年2月5日まで
2014年に全国第1位を獲得した実力のある、見る者を感動させる花と光のイルミネーション
●期間中約ひと月ごとに3回テーマが変わり、どれも工夫たっぷり見ごたえ十分のイルミネーション!
入園料は、割引を利用すること!メール会員はその他の割引もいっぱい有り!
●混雑回避は早めの行動!最新情報チェックも必須!


「夜景鑑賞士」とは、夜景の持つ魅力やその知識を深めることで、生活に潤いを与え、観光的価値を理解してもらうという趣旨で作られた「夜景検定」に、合格した人だけに与えられる称号で、全国に現在4,800名いるそうです。
今まで9,000人以上の人が受験しているということで、しっかり勉強した人でないと、簡単には受からないもののようですね。
いわば、「夜景のプロたち」ということですね。


その夜景のプロたちが選んだ全国第1位の「足利フラワーパークイルミネーション」は、それだけ聞いても実力あるイルミネーションだということが、おわかりいただけると思います。


「足利フラワーパーク」を経営する社長の理念は『フラワーパークに定まった形態はない!』ということで、現状に満足せず、日々改良やイメージを膨らませ進歩しようという素晴らしい「志」を持っていらっしゃいます。


今や「足利フラワーパーク」は、日本だけでなく海外でも人気のスポットとして、有名になってきています。
まだ行ったことのない人は、必ず一度は足を運んで、その素晴らしい「足利フラワーパークイルミネーション」をその目でご覧になることをおすすめします!


どうぞご家族や恋人同士で、もちろん一人でだって、光と花の輝きで"幸せなひと時"を味わって来てください。


◎あわせて読みたい!10月開催イルミネーション・ライトアップ記事はこちら!


噂の長崎ハウステンボスのイルミネーション2016!期間はいつから?料金は?

よみうりランドイルミネーション2016!期間は10月から!割引・混雑情報まとめ!

北大の銀杏並木の観光ガイド2016!ライトアップは?一般開放は?見頃は?

スポンサーリンク