福井の冬といえば!水仙まつり2019!見どころ・混雑状況は?

01
福井の冬を彩る「水仙まつり」。可憐な水仙が越前海岸一帯に群生している光景は息をのむほどの美しさです。
越前水仙の開花の最盛期に行われるこのお祭りは、カニや日本海でとれた地物の海産物なども味わえます。
そんな福井「水仙まつり」について、2019年の開催概要やみどころなどをまとめました。

スポンサーリンク

【福井の1月といえば!水仙まつり2019ってどんなお祭り?】

02

◆水仙まつりはどんなイベント?

越前海岸は、日本でも有数の水仙の群生地です。福井県の水仙の開花は12月から2月上旬の約2カ月。その時期に合わせて、越前海岸周辺で様々なイベントが開催されます。越前といえば、有名なのが越前カニ越前カニや日本海で採れる魚介類がふるまわれたり、先着で水仙がプレゼントされたりと、たくさんの魅力が詰まったお祭りです。



下田「爪木崎」水仙まつり!300万本の水仙の見頃・まつりのみどころは?

◆2019年の開催概要

期間:2018年12月15日(土)~2019年1月21日(月)
場所:越前海岸一帯(越前町、南越前町、福井市)

・主なイベント

2019年1月12日(土)・13日(日) 荒波フェスタ(南越前町 河野シーサイドパーク)
2019年1月19日(土)・20日(日) 水仙カニフェア(越前町 道の駅越前)
2019年1月18日(金)・21日(月) 水仙いけ花展(福井市 福井新聞社風の森ホール)



【ところで水仙ってどんな花?なぜ福井県?】

出典:越前岬の越前水仙


水仙とは、原産地は地中海沿岸で、日本には古くに中国から渡ってきたといいます。日本各地で野生化しており、その中でも越前海岸は水仙の日本三大群生地として知られており、福井県花や越前町花に選ばれている程、福井県民にとっては特別な花です。

黄色や白色の花が多く、葉は太いニラのような形をしています。球根で、日本の気候と相性が良いため、植えっぱなしでも大丈夫なので、家庭でも育てやすい花です。(筆者の実家でも庭に植えてありましたが、特別な手入れなどしなくても毎年同じ時期に咲いていました。)

水仙は別名「雪中花」ともいい、雪が降るような寒さの中でも凛として花を咲かせるというところからきています。我慢強くひたむきに咲いている姿が日本人に心に響くものがありますね。

<花言葉>
自己愛、気高さ(ギリシャ神話からきているようです)
尊敬もう一度愛して・愛にこたえて

プレゼント用に使う時は、良く考えてから贈りましょう。

【福井水仙まつりの見どころ3選!】

◆荒波フェスタ

おすすめのイベントは、鍋セイコガニ鍋の販売。1杯500円でせいこガニが丸ごと入った味噌汁を食べられます。カニの出汁がきいた鍋は、福井の寒さで冷えた体をほっと温めてくれます。

セイコガニとは、メスのズワイガニのことで、ズワイガニとして一般的に売っているものはオスです。せいこガニは、ズワイガニに比べて味が濃いため、鍋や汁物に向いています。ズワイガニよりも安く手に入るので、せいこガニの方が地元では良く食べられるのだとか。ちなみに越前ガニは、福井県で採れるズワイガニのことです。

出典:越前町いきいき情報局 第43回水仙まつり(平成29年12月9日放送)


期間:2019年1月12日(土)・13日(日)
場所:河野シーサイドパーク(福井県南条郡南越前町河野)
時間:10:00~16:00

◆水仙・カニフェア

道の駅「越前」で開催される物産展です。その名の通り、抽選会では水仙や越前カニやエビなどが当たります。即売会では、越前がになどの特産物が通常時よりも安く購入できます。道の駅で購入した魚の干物をその場で焼いて食べられるセルフBBQコーナーもあります。

福井の1月はとっても冷えるので、併設の露天風呂(有料)に入って温まるのも良いですね。

期間:2019年1月19日(土)・20日(日)
場所:道の駅越前 駐車場(福井県丹生郡越前町厨71-335-1)
時間:10:00~16:00
※道の駅のアンテナショップは9:00~営業しています。

◆屋台村でご当地グルメを堪能!

03
上記の2つの会場では、荒波屋台村と称して、海産物を中心に越前ガニ丼や、近海で採れた魚介類の浜焼きなどが食べられます。

【混雑予想は?避けるべき日時は?駐車場はあるの?】

水仙まつりの各会場の駐車場の台数は下記の通りです。

◆水仙・カニフェア:道の駅 越前

道の駅越前 駐車場 約100台
厨漁港広場臨時駐車場 約500台 ※

※会場より北に1キロほど離れていますが、この駐車場からシャトルバスが運行しているので、歩かずに会場まで行けます。

◆荒波フェスタ:河野シーサイドパーク

敷地内の駐車場 150台
越前町厨漁港広場 約500台 ※

※こちらも同じ場所からシャトルバスが出ています。敷地内は駐車台数が少ないので、はじめから漁港広場の駐車場に止めた方が良いかもしれませんね。

◆混雑予想

開場直後は、即売会の開始、水仙の無料プレゼントなどイベントが目白押しなので、混雑は避けられません。ただし即売会は、どんどん品物が無くなっていくので、即売会を目当てに行く場合は、10:00には会場に着くようにしましょう。

ちなみに水仙の無料プレゼント10時半、13時、15時半(昨年実績)の3回あるので、その前後も水仙を貰う人の列で人の流れが悪くなります。

混雑を避けたい場合は、お昼を過ぎた13時以降だと一旦混雑が和らぎますので、おすすめです。何度もいいますが、即売会でゲットしたい物がある人は、混雑覚悟で午前中に行きましょう。

◆第44回水仙まつり公式情報

詳細は下記のHPを確認してください。
第44回越前海岸水仙まつり<総合案内>|イベント|えちぜん観光ナビ
第44回越前海岸水仙まつり<総合案内>|えちぜん観光ナビのイベント紹介ページです。

【さいごに】

水仙まつりのまとめ
水仙の日本三大群生地、越前海岸で行われるお祭り
越前ガニなどの魚介類も楽しめるお得なイベント
2018年12月15日(土)~2019年1月21日(月)
みどころは、荒波フェスタと水仙・カニフェア


水仙まつりは、年をまたいで約1か月間行われます。お正月期間は大きいイベントはありませんが、冬休みに近くに帰省する人などは一度水仙だけでも見て行ってはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です