お年玉は新札じゃなきゃダメ?年末年始に両替できる場所は?お札は何歳から?

年末年始・お正月

お年玉を上げる際には、お札の場合は新札が必須ですよね。

新札は普通の生活をしている上ではあまり縁がないことでしょう。

新札を手に入れるにはどうすればいいか、また、いくつからお札をお年玉にするのかもついでに話していきましょう。

お年玉は新札じゃないといけないの?お年玉のマナー・ルールとは?

まず、お年玉は新札にするのがマナーですが、ない場合はなくてもOKというのが最近の現状だと思います。

親戚の子供の少なくなったので、内内のことですし、あまり厳格にこだわらなくなったようです。

ちなみに、上司の子供にはお年玉を上げないのが一般的です。

失礼にあたるので会ってもあげなくてOKですよ。

子供から親へもお年玉を上げてはいけません。

あげる場合は、「御年賀」と書いたものにしましょう。

また、お年玉は基本3が日に渡すのが良いですね。

お年玉を新札で渡したい!年末年始で新札に両替出来る場所は?

年末年始で新札に両替してくれる場所としては、もちろん銀行がありますが、休みに入っている場合もありますね。

郵便局でも替えてもらうことができますが、どちらも早い段階で行わないと在庫がなくなりますので気を付けてください。

また、銀行のATMやコンビニのATMは高確率で新札をゲットできます。

ほかには結婚式場やホテルなどもおすすめですが、迷惑にならない程度にお願いしましょう。

お年玉のお札、新札だからこそ折り方にこだわりたい!

新札を贈るのが一般的ですが、新札でなくても、ポチ袋に入れる際には、肖像画がある方を内側に、左から3つ折りにします。

右側がかぶさった状態で表にしたポチ袋に入れましょう。

ちなみに、硬貨の場合は、製造年数が書かれているのが裏ですよ。

【高画質】お年玉の常識!? 正しいお札の折り方 R¡i¡ /

お年玉の相場、お札をあげるのは何歳・何年生からが普通?

赤ちゃんから3歳までは1,000円(お菓子やおもちゃ、絵本も可)、幼稚園までは2000円小学生は3000円(低学年は2000円という場合もあり)、中学生は5000円高校生は5000円~1万円大学生は1万円が年齢別のお年玉の相場ですね。

幼稚園児まではおかしやおもちゃをあげるという人も多いですし、小学校低学年までは硬貨のお金であげるようにする人も多いようです。

余った折り紙 活用法 ポチ袋 封筒 作り方 折り方

まとめ

お年玉は意外と細かいルールがあったり、地域やそれぞれの家庭で値段の相場も違うものですから、それまで自分が親戚にしてもらっていたことを繰り返すのが一番良いという意見も多いです。

はるか昔のことで思い出すのが難しい人も多いかと思いますが、甥や姪にあげる際は、ぜひ自分のことを思い出してみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました