宮崎県椎葉平家まつり2018!みどころは?混雑状況は?徹底ガイド!


宮崎県の秘境ともいえる椎葉村には、平家と源氏の悲しい恋の話が語り継がれています。


この椎葉村では、平家の末裔である鶴富姫の慰霊と、村興しを兼ねて毎年11月に椎葉平家まつりを開催されています


人口の何倍もの観光客が訪れる椎葉平家まつり について、その魅力をご紹介していきたい共います。


スポンサーリンク

宮崎県の秋といえば!椎葉平家まつり!どんなお祭り?

椎葉村と平家の関係

宮崎県椎葉村で行われる椎葉平家まつり
なぜ椎葉村でこのお祭りが開催されるようになったのでしょうか。


壇ノ浦の戦いで負けた平家の残党たちは、生き延びるために各地に散り散りになって逃げます。椎葉村はその残党たちの一部が逃げてきた場所です。


農民に交じって隠れ住んでいましたが、その情報が源氏に入り、源頼朝の命で那須大八郎は椎葉村へ残党討伐に向かいます。しかし、平家の残党たちは、農民として生活しており、討伐する必要はないと判断、頼朝には「全員討ち取りました」と嘘をつき、椎葉に留まる決意をします


平家の末裔である鶴富姫と出会い、2人は恋に落ちます。その後、鶴富姫は大八郎のこどもを身ごもりますが、生まれる前に大八郎は幕府に戻ってくるように命令されます。幕府の命に背く訳にはいきませんので、2人は離ればなれになってしまいます。


鶴富姫の生んだこどもは女の子でした。その女の子が大きくなると婿を取り、その婿に大八郎の姓である「那須」を名乗らせた。という言い伝えがあります。


椎葉平家まつりとは

平家と繋がりの深い椎葉村では、壇ノ浦からちょうど800年目の昭和60年に、「椎葉平家800年まつり」を開催します。那須大八郎と鶴富姫の悲しい恋物語をテーマに、鶴富姫の慰霊と村興しのためにはじめました。


最初の年から全国から観光客が多く訪れたことから、2年目には「椎葉平家まつり」と名前を変え、毎年11月第2週の金・土・日の3日間に開催しています。


人口3,000程の小さな村に、お祭りの3日間には2万人もの観光客が訪れる、宮崎県内でも屈指のお祭りになっています。


2018年の開催情報

椎葉平家まつりの今年の開催は下記の通りです。


2018年11月9日(金)・10日(土)・11日(日)の3日間
メインステージは椎葉村役場横中央ステージ、鶴富屋敷、開発センター


国道沿いの河原に臨時駐車場(無料)が1,000台設けられます。
無料のシャトルバスが動いているので安心です。


電車:JR 日向市駅よりバスで約2時間30分(上椎葉下車)

: 福岡市内より車で約3時間30分 熊本市より車で約2時間
   宮崎市より車で(東九州道経由)約2時間30分



椎葉平家まつりの見どころ3選:1.法楽祭

9日(金)の夜に行われる法楽祭。
鶴富姫の慰霊とお祭りの安全を祈願します。


ほとんど松明の灯りだけで執り行います。松明の炎の灯りのもとで行われる神事や、大八郎と鶴富姫の逢瀬を再現した劇は、まるで源平の時代にタイムスリップした気分になれます。


出典:椎葉平家まつり2013 法楽祭



椎葉平家まつりの見どころ3選:2. 大和絵巻武者行列

このお祭りのメインともいえる街頭パレードです。
甲冑を着た那須大八郎役の男性が馬に乗ったり、鶴富姫役が綺麗な着物を着て輿に乗ってパレードします。


騎馬武者や甲冑鎧の武者たち、華やかな烏帽子や侍女など総勢約300名のキャストのほとんどが椎葉村民です。上椎葉街道を練り歩く様子は、平安時代を彷彿とさせます。


今年は締めきってしまったようですが、平家の姫君役を一般から募集しているようです。募集期間は毎年5月末~7月中旬の間。地元の人でなくても参加可能なので、興味のある方は、来年応募してみてください!


その他にも、伝統芸能や吹奏楽など総勢200人で行うパレードは圧巻です。


出典:椎葉平家祭り



椎葉平家まつりの見どころ3選:3.椎葉神楽


椎葉神楽とは、椎名村を中心に伝わる国の重要指定無形文化財に指定されている、伝統芸能です。


この平家まつりから12月まで踊られることが多い椎葉神楽は、この地域の人達にとって、1年の締めくくりの意味もあります。


村の過疎化により継承者が不足していて、椎葉神楽を見ることができる貴重な機会になっています。


11月11日(土) 18:00 中央ステージ で披露されます。


【おわりに】

椎葉平家まつりは、
平家の末裔鶴富姫と、敵の源氏 那須八五郎の悲恋をテーマにしたお祭り
大和絵巻武者行列は、大名行列のような豪華さで見応え充分
椎葉神楽は、国の文化財に指定されている伝統芸能


夜は松明の中で進行される本格的に源平の時代を再現した珍しいお祭りです。悲しい恋物語をモチーフに、鶴富姫と大八郎が悠久の時を超えて再会を果たすシーンが村民総出で演出されます。


昼と夜では、同じ行列でも全然雰囲気が違って見えますので、ぜひ夜の法楽祭と昼の武者行列は両方見てほしいです!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です