「関西文化の日」無料開放施設3選2019!時間を忘れる!国立民族学博物館も無料!

スポンサーリンク
11月のお祭り
スポンサーリンク

関西文化の日というのを知っていましたか?

アレ?

国民の休日が一日増えたのかな・・・違います!

関西限定の国民の休日ではありません!

関西2府8県の文化施設が入館無料になる日なんです。

開催日は、毎年11月第3土日とされています。

この日はすごいんです!!

近畿地方2府4県に三重県、福井県、徳島県、鳥取県の地域の美術館、博物館、資料館などが入館無料になるんです!!

たくさんの施設が無料になりそうですね。

早速、厳選した3つの施設をご紹介しちゃいます♪

スポンサーリンク

え?あの施設の入場料が無料なの?「関西文化の日」とは?

関西文化の日は、2003年3月に当時文化庁長官だった河合隼雄が、「関西地方を文化事業で活性化させて、関西、そして日本全国を元気にさせよう」

という狙いから立ち上げた「関西元気文化圏」の中核イベントのことです。

11月の一定期間、入場料を無料にすることで、たくさんの人々に広く美術作品や学術資料に接する機会を持ってもらい、美術・学術好きを増やそうというのが目的です。

いつも文化施設に行かない人も、無料ならば気軽に行くことができますね。

関西在住なら、絶対お得な日です!

2019年度は特別企画!従来の11月の取組に加え、9月も実施!
・参加登録された関西一円の美術館・博物館・資料館等の文化施設が入館無料!
・参加施設の募集中!

1.対象施設
趣旨に賛同し、参加登録いただいた関西2府8県4政令市内の美術館・博物館・資料館などの文化施設(通年にわたって入館無料の施設も、参加対象とします。)

2.対象地域
福井県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、徳島県、京都市、大阪市、堺市、神戸市

3.事業内容
各文化施設に「関西文化の日」への参加を呼び掛けるとともに、参加施設(原則として常設展の入館料を無料とする。)の情報を整理し、幅広く提供します。
※企画展や特別展等の入場料の取り扱いについては、各施設の判断によります。

2019年度は9月と11月の2回実施します。

1.関西文化の日プラス・・・2019年9月中の特定の日
9月中の任意の日(1日以上、平日も可)に実施
(参加施設の都合に応じて9月中で実施日を設定)

2.第17回関西文化の日・・・2019年11月中の特定の日
11月16日〔土〕、17日〔日〕の2日間を中心とする11月中に実施
(参加施設の都合に応じて11月中で実施日を設定)

【お知らせ】令和元年5月28日発表 2019年度「関西文化の日」の実施について|関西広域連合
・2019年度は特別企画!従来の11月の取組に加え、9月も実施!・参加登録された関西一円の美術館・博物館・資料館等の文化施設が入館無料!・参加施設の募集中! 

関西文化の日 無料施設3選!その1:国立民族学博物館

4FotorCreated

国立民族学博物館(略称 みんぱく)は、1971年にオープンした民族学の展示施設です。

大阪の万博記念公園にあります。

見どころはコレ!

1. スケールが大きい!!

展示数 約12,000点、所蔵数 約25万点、面積 9,000平米、順路で歩く距離 約5km など、とにかくスケールが大きい!

回るだけで、ちょっとしたウォーキングです。

世界の民族の社会や文化などを紹介する博物館としては、世界最大級!

こんなにたくさんあるのだから、自分の好きな物、興味を惹かれるものにきっと出会えるはずです!

2.建物が面白い!

建物の設計は、あの有名建築家の黒川紀章氏。

古代ローマを思わせる美しい中庭や、SF的な視聴覚ブースなどは、建築にくわしくない人にとっても、十分興味を引くものになっています。

必見です!

3.ちょっと怖い展示物も!?

怖いお面や不気味な人形が展示してあるんです。

遠足に行った小学生が泣くこともあるそうですよ!

小さいお子さんを連れている場合は、気を付けてくださいね。

4.無料開放情報

・入館料:一般580円・大学生250円・高校生以下無料 →  関西文化の日には無料になります!

・開館時間:10時~17時

※毎週土曜日は、小学生・中学生・高校生の無料観覧日です。

※夏休み期間中に無料開館日がある場合がありますので、お問い合わせくださいね。

・飲食可能(休憩所内)

・授乳室・おむつ替えのスペースあり←子連れで安心して楽しめますね!

・駐車場はありませんが、万博記念公園内の駐車場が利用できます。

関西文化の日は入館料が無料ということで、混雑が予想されます。

公共機関を利用しての入館をおススメします。

国立民族学博物館公式WEBサイト

国立民族学博物館

関西文化の日 無料施設3選!:その2 京都市青少年科学センター

京都市にある1969年にオープンした京都市青少年科学センターは,100点を超える体験型の展示品があり、楽しみながら理科や科学について学べます。

見どころはコレ!

1.おしゃべりするティラノサウルス

2FotorCreated

研究成果と最新の技術で完成した模型に音声による解説装置を備え、楽しみながら恐竜の生態や当時の環境について学ぶことができます。

2.プラネタリウムも併設!

子供たちに宇宙や天文の不思議に付いて興味を持ってもらうため、プラネタリウムを併設しています。

夏休みや土日には、小さい子向けのプログラムもあるのでみんなで楽しめますよ(*^-^*)

3.見るだけじゃない!体験できる!

物に触れたり、体験できる企画がいっぱい。

実験や工作などのイベントも行われているので、退屈しません。

面白い体験ができるので、子供たちが理科好きになること間違いなし!

4.無料開放情報

・入館料:一般510円・中高生200円・小学生100円 → 関西文化の日は無料!お得!

・開館時間:9時~17時

※土日は,京都市内に住所または通学先を有する小・中・高校生の児童・生徒の入場料及びプラネタリウム観覧料が無料となります

・飲食可能(休憩所内)

・おむつ替えのスペースあり

・駐車場は30台のみ

関西文化の日は混雑が予想されますので、駐車場はすぐ満車になる可能性があります。

公共機関を利用しての来館をおススメします。

京都市青少年科学センター公式WEBサイト

京都市青少年科学センター | Kyoto Municipal Science Center For Youth
京都府京都市。各実験教室などのイベントの紹介・事業内容・施設概要、利用案内。

関西文化の日 無料施設3選!:その3 福井県立恐竜博物館

「福井県立恐竜博物館」は、恐竜に関する国内最大級の博物館です。

福井県は恐竜の化石がたくさん取れるんですって。

そんな関係で、この博物館はできたのでしょうね。

見どころはコレ!

1. 恐竜に関して知りたいならココ!

4,500㎡という広大な展示室には、42体もの恐竜骨格をはじめ、千数百もの標本、化石、 大型復元ジオラマなどが展示してあります。

恐竜に関するビデオ作品上映などもあり、行けばあなたも恐竜博士!

2. 長さ33メートルのエスカレーター!

館内に入るとすぐ見えるのが、このエスカレーター。

実はエスカレーターも有名なんで、映画の撮影に使われたこともあるそうです。

SF映画!?と思わせるような長いエスカレーターが数本あり、感動です!

3.触ってもいい!?化石の数々

本来、化石というのはとても壊れやすくたくさんの人が触る博物館に置くのは大変なんだそう。

この博物館では、それができちゃうんです。

ティラノサウルスの骨や、マンモスの牙などに実際に触れることができます。

普段触れないものを触ることで、新たな発見ができるかもしれませんね。

4.無料開放情報

・入館料:一般730円・高校大学生420円・小中学生260円 → 関西文化の日はこれが無料!

・開館時間 9時00分~17時00分

・飲食はダメですが、レストランがありますし、博物館の外が広い公園になっているので、そちらでどうぞ。

・授乳室・おむつ替えのスペースあり

・駐車場あり。隣接する公園内の駐車場もあり。

土日は混雑するので、関西文化の日はもっと混み合います。

早めの入館と公共機関を利用しての来館をおススメします。

福井県立恐竜博物館公式WEBサイト

FPDM: 福井県立恐竜博物館
福井県にある恐竜を中心とする地質古生物学専門の博物館のWebサイト。館内には44体もの恐竜全身骨格をはじめ、化石やジオラマ、大迫力の復元模型等が数多く展示されており、大人も子供も夢中になれます。足跡化石を中心に発掘体験ができる野外恐竜博物館もあります。サイトでは利用案内やイベント情報、恐竜図鑑などが楽しめます。

まとめ

5FotorCreated

1:関西文化の日は、近畿地方2府4県に三重県、福井県、徳島県、鳥取県の地域の美術館、博物館、資料館など約650の施設が入館無料になります!

2:関西文化の日で無料になる日は、施設によって違う場合があるので、事前にHPでチェックすることが必要!

3:混雑が予想されるので、事前にプランを立てましょう!

たくさん施設を回りたい人は、事前に開館時間などを調べてくださいね。

電車やバスを利用するなら、1日乗車券も便利です。

関西文化の日を満喫しちゃいましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました