サントリーニ島・イメロヴィグリのオススメレストラン☆大人なサンセットディナーからカジュアルなレストランまで紹介

スポンサーリンク
海外旅行・国内旅行
スポンサーリンク

そもそもイメロヴィグリってどこ?って思われそうなので。

夕日のスポットで有名なイアと島の中心地フィラの間にある村です。フィラ→イア行のバスに乗ると、途中でイメロヴィグリのバス停があります。今回の宿泊地がイメロヴィグリだったので滞在中のディナーは全てイメロヴィグリにしました。

宿泊先の「レジーナマーレ」からの距離、トリップアドバイザーやGoogleマップでの評価・口コミを基にお店は決めました。1店舗は完全な行き当りばったりで飛込みです。

全てお店は当たりでした!!料理、スタッフの対応、雰囲気全て良しです!

ネット予約も滞在中の3日間取れず、直接お店を見に行きスタッフの方に予約状況を聞いたお店や外から見かけて素敵だな♪と思ったお店もご紹介していきます。

スポンサーリンク

行き当りばったりで見つけたお店「Infinity Restaurant」

Infinity Restaurant」は、ホテル:レジーナマーレから徒歩6分。広めの道をスカロス・ロック(Skaros Rock)に向かって下っていきます。

スカロス・ロックも人気の観光スポットみたいで、頂上まで行くことができエーゲ海を一望できるパノラマビューの岩の岬です。これはInfinity Restaurantから見えるスカロス・ロックです。

階段を下ると左手に「Infinity Restaurant」の看板とメニューがあり、中を覗くと事務所?みたいな造り。ここは受付みたいで、「今から入れますか?」と尋ねた時がオープン10分前くらい。大丈夫と応えてくれ、レストランまで案内してくれました。

受付からはホテルの敷地のような階段をひたすら下っていきます。まるで迷路。

オープン前なので人は誰もいません。

スタッフの方も快く迎えてくれ、好きな席に座っていいよと言われたので海側の席へ。眺望はいうことなしで、ビールも美味しいです。海風に当たりながらなのでエアコンなんてものは必要ありませんが、直射日光すぎて暑くなり席を奥の日陰に変えてもらいました。この時もイやな顔一つせず移動してくれました。サンセットが見たい方は20時半~がいいですね。人がいないのが良い方は18時のオープンからがオススメ。

日本でいうと、付だし。カリカリのパンにフェタチーズ&ミニトマトがのり、オリーブオイルがかかっているだけのとてもシンプルなもの。ギリシャはオリーブオイルが有名で、オリーブオイルの香りがとても良いです。
注文したのは、グリークサラダ、エビ&ホタテのリゾット、Tボーンステーキ。

ギリシャ料理にはフェタチーズは欠かせないものでサラダには必ず入ってきます。ヤギのミルクからできていて触感はホロホロと独特の触感で、チーズだけでも塩分強めなので味があります。今回のサラダは、フェタチーズは焼いたバージョンでした。 Tボーンステーキの付け合わせのジャガイモが、付け合わせとは思えないくらいのハーブ塩&バターが絶妙でめちゃくちゃ美味しかったです!

スタッフの方は、「大丈夫?問題ない?」と聞きに来てくれたり、取り皿を気にかけてくれながら交換してくれたりと丁寧です。

支払方法:現金、クレジット

※ただしクレジットの機械がお店にはないので初めの受付に行ってほしいと説明され、受付まで上がっていきます。その手間を考えても、飛込にしては、料理はおいしく、接客態度もよく、景色もよく当たりです♪

ランキング上位・お洒落で人気な大人なお店は予約必須
「Throubi Restaurant」

Throubi Restaurant」まで徒歩4分。海沿いの道を歩いていくと、池?つきデッキのお店が急に現れます。

Googleマップで調べると徒歩18分と表示されますが、これはThroubi Restaurantがホテル内レストランのため、ホテルからの入り口を表示しているため遠回りになります。

レジーナマーレからくると直接お店の入り口に行けるので、実際は徒歩4分となります。

デッキ席は予約必須席です。飛込も入れますが室内席を案内されます。とにかく造りはオシャレの一言!景色最高!!そんな雰囲気なお店なので、もちろんカップルや夫婦ばかり。あとは女性2人組。カクテルのメニューも多く、ワインリストがとにかく多いです。まずはドリンクメニューだけ渡され、注文後に食事メニューが渡されます。英語が苦手なので、ホームページで先にメニューを調べたところメニューが全て載っていた為、翻訳してから訪問しているので直ぐにオーダーできました(笑)

初めにグリッシーニ(細長いパン)が2種類&一口サイズの3種盛りが出されますが全部美味しい!!またオリーブオイル美味しすぎるよ!!今回注文したもの

前菜からは「Shrimps With capers, avruga and tarama」

Fishからは「Whole meal spaghetti  With sea urchin (全粒粉のウニのスパゲッティー」

Meatからは「Wagyu fillet  With Jerusalem artichoke, carrots, cashews and shimeji
mushrooms(和牛フィレ)」

Dessertsからは「Red fruits soup  With lemon sorbet」と「Low fat cheese cake」

料理の味はもちろんですが目でも楽しめます。生ピアノ演奏に生歌を聞きながらの食事。

スタッフの方は白シャツ。気配りが行き届いていて、気づかないうちに片づけられているときもありさりげなさ過ぎて、食事や会話の邪魔をしません。女性のスタッフは常にニコニコ笑顔で、大丈夫ですか?と気にかけてくれます。

化粧室も広く綺麗です。

コストが高い分、全てに行き届いています。景色、料理、スタッフ、雰囲気全てが◎。

支払方法:現金、クレジット

良い口コミばかりで良心的なお店「Vigla Restaurant Cafe」

Vigla Restaurant Cafe」までは徒歩5分。ツアーや送迎のピックアップに使う大通りの突き当りです。
Vigla Restaurant Cafeの前を何度か通っていたのでお店は知っており、気になっていたので調べてみたら評価が良い!!食べたかった海鮮をいっぱい食べられそう!と思い選択しました。

写真に写っているスタッフの方が対応してくれ、窓際の席を案内してくれました。サンセットがこの席なら見えるからと。

メニューが多く英語なのでオーダーに時間がかかっていると、スタッフの方が「食べたいものはなに?お肉?お魚?海鮮?」と聞いてくれたので

「イカを食べたい。海鮮をたくさん」と伝えると

「オススメはこれだよ」とメニューで教えてくれ「画像を見せてあげると」写真で見せてくれたのでとても分かりやすかったです。

注文したのはシーフードドリア、海鮮盛り合わせ(イカ、エビ、タコ、ムール貝)。どちらもGOOD!!シーフードドリアが止まらない美味しさ。念願のシーフードをガッツリ!焼いているだけなシンプルな味付けなのが素材の味で最高です。敷き詰められた大きなトマトのサラダにも海鮮の味が染みり美味しかったので、余すことなく頂きました。

海鮮で手が汚れ、お皿のエビの殻や貝の殻が増えてくるとスタッフの方が新しいお絞りと取り皿を、さりげなく交換してくれニコっとしてくれます。

お会計をお願いすると「サービスだけどスイカ食べる?」と聞かれお願いすると冷えてカットされたスイカが。食後のサービスがでてきたのは、今回の旅行中このお店だけです。お会計の時は、伝票を見せて1つづつ確認してくれ、最初に出されたパンに手を付けていないのも知っていて、「会計には入れていないから」と説明してくれました。

最後にサービスで出してくれたスイカも、会計に入っていないことを説明してくれました。

とても丁寧でフレンドリーなスタッフです。このお店が人気なのもとても納得です!!

支払方法:現金、クレジット

予約が取れなかったお店・素敵で行ってみたかったお店

予約が取れなかったお店2店舗は、実際にお店を見に行き、ロケーションがすごくよくサンセットが見やすいお店なので人気なのかな?と思いました。1つはホテル内のレストランなので宿泊客のお客様が多いというのもあるかもしれません。

The Athenian House」 

 

Kapari Wine Restaurant

ただ、どちらのお店も日よけがないので、日本でいう夕方の18時頃は、まだ炎天下の中です。昼間と変わらない暑さの中での食事は、食事どころではありません。

日よけのないお店は、20時過ぎからがベストです。

Le Moustache Caldera Pool Lounge & Restaurant
お店の前を何度も通り気になったお店です。昼間通ったときはプールに入っている方もいました。夜は、また昼と雰囲気がガラッと変わりムーディーで素敵です。

お店の向かいの建物に可愛らしいウサギがいくつかいます。探してみて下さい♪

イメロヴィグリには素敵な美味しいお店が豊富です。あるお店の口コミに、「どこのお店も味は同じ。英語が苦手な日本人だとわかると態度が悪い」など書かれているところもありましたが、今回行ったお店は真逆です。

嫌な思い1つすることなく食事を堪能でき、お腹も心も満たされました。

ぜひ、食事のお店選びのとき参考になさってみて下さい。

よく読まれている記事
海外旅行・国内旅行
スポンサーリンク
yumiyumiをフォローする
スポンサーリンク
フククル

コメント

タイトルとURLをコピーしました