お花見の場所取りトラブル3選!トラブルに巻き込まれないためには?場所取りのマナーは?

お花見・桜

桜が綺麗な季節になると、誰もがお花見を計画しますよね。桜の下で楽しくおしゃべりしながら、お酒やお弁当を食べたりするだけで楽しいお花見ですが、大変なのが場所取りですよね。お花見の場所取りではトラブルに巻き込まれることもしばしばです。

トラブルに遭わないように事前にトラブルについて知っておくことをおすすめします。

お花見の場所取りトラブル実例集3選! その1:占拠する場所の広さ

一番最近多いのが、場所取りする際に確保する場所の広さです。参加者がとりあえず座れる広さを確保できれば良しとしておかないと、他のお客さんたちに白い目で見られることになりかねません。

特に企業などで、宴会をするために確保する場合は、かなり広い場所を確保しておきたいものですが、その広さで周りから、どこどこの会社は何様のつもりだ!とか、モラルがかけている、とネットで批判されて、炎上してしまうケースもあるので、注意が必要です。

あくまで、公共の場なので、最低限の広さで良しとするようにしましょう。さらに、トラブルに発展しないように、企業などでお花見をする際は、企業名を伏せておいたり会場を複数個所に分けて行ったりして、目立たない配慮が必要だと思います。

海老川花見場所取り

海老川花見場所取り

お花見の場所取りトラブル実例集3選! その2:酔っ払いに絡まれる

 

お花見にはいろんな人がいます。多くは、昼間からお酒を飲んで騒いでいることでしょうから、女性ばっかりのグループなら、酔っぱらった男性グループに絡まれることもあるでしょう。女性ばかりだと、あしらうのも難しくなります。

 

皇居で花見、一般公開はあるの?皇居周辺見頃と混雑回避ワザ!

 

なので、危険がないか、周辺の環境も考慮して、場所選びをするようにしましょう。また、酔っ払いが多い会場だと思ったら、会場自体を変えることも大切です。

酔っぱらっているグループはそもそも騒がしいことも多く、近くのグループの飲み物やシート、食べ物に手を出してしまう可能性もあります。かなり迷惑な行為ですが、文句を言えば、酔った勢いで言い返してきて、面倒なだけなので、危険と感じたら速やかに離れた方がいいでしょう。

お花見の場所取りトラブル実例集3選! その3:一瞬無人になった時に、シートを撤去される

場所取りを行う場合によくあるトラブルですが、一人で場所取りをしており、トイレや飲み物を買いにシートから離れたすきに、管理者や他の人にシートを撤去されてしまうことがあります。

基本的にお花見での無人の場所取りはマナー違反であり、禁止事項なので、少しでも離れて無人にするとシートがなくなっていることがあり得ます。撤去した人に怒っても、無人にした人の責任であり、後の祭りなので、そうならないように必ず3人くらいで交代で場所取りを行うようにしましょう。

実際に、無人になったら撤去すると明記する会場もあるので、くれぐれも注意してくださいね。

お花見の場所取りトラブルに巻き込まれないために守るべきマナーとトラブル相談先

お花見でのトラブルを避けるためには、会場ごとに設けられたルールを事前にしっかりと調べておき、過去にその場所で起こったトラブルについても事前に調査しておくことが大切です。

基本的なマナーとして、桜の木の根がある場所にはシートを敷かないこと、ごみを持ち帰ること、近所住民や周辺の客の迷惑にならないようにすること、飲酒禁止の会場ではお酒を飲まないことなどがあります。

マナー違反を見つけた時には、管理者に相談しに行くといいでしょう。大抵は、駐車場付近にいることが多く、管理小屋がある場合もありますね。

そういった人たちがいない場所で、トラブルに巻き込まれた場合は、自分たちで解決しようとせずに、すぐに警察を呼んで仲介に入ってもらうようにしましょう。

「魔法のような体験」 急増する海外からのお花見観光客

「魔法のような体験」 急増する海外からのお花見観光客

【最後に/まとめ】

お花見では場所取りの段階からトラブルに巻き込まれやすいので、場所取りの担当になった場合は、事前に会場の下見をして、いくつかの候補を確保して、当日は余裕を持ってトラブルにも対応できるようにしておくといいでしょう。

よく読まれている記事
お花見・桜
takatakaをフォローする
フククル

コメント

タイトルとURLをコピーしました