大沼函館雪と氷の祭典2022!みどころまとめ!ジャンボすべり台がすごい!

2月のお祭り
2022年度「第56回大沼函館雪と氷の祭典」は、新型コロナウィルスの感染が急拡大していることから、規模を縮小しての開催となります。  2022年1月24日更新
開催日時:2022年2月12日(土)・13日(日) 9:00~16:00
※氷のジャンボすべり台は中止とさせていただきます。 

会場には、地元の小中学生が作成する雪像と函館アイスカービングクラブ作成の氷像、
ミニ滑り台が並びます。ミニ滑り台は、14日(月)まで遊べます。
また、おでん等の屋台の出店はありません。
※今後の新型コロナウィルス感染状況等により、開催内容が変更となる場合が
あります。何卒ご了承願います。
七飯大沼国際観光コンベンション協会公式サイトより

北海道では冬になると様々なイベントが開催されますが、そんな中の一つ「大沼函館雪と氷の祭典」はご存知でしょうか?

昭和40年から始まった歴史の長いイベントで、氷で作られたジャンボ滑り台や地元の小中学生が作った雪像、氷像などが展示されています。

そんな大沼函館雪と氷の祭典、今まで興味がなかった方や行ったことがない方も、ぜひ次回は一度遊びに行ってみてはいかがでしょうか!

大沼函館雪と氷の祭典はいつ開催されるのか、また大沼函館雪と氷の祭典はどんなお祭りなのかを、これからチェックしていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました