八坂神社節分祭2017!舞妓さんの舞踊奉納と豆まきの時間は?混雑予想は?

スポンサーリンク

maikosan

祇園さんと呼ばれている八坂神社で毎年開催される八坂神社節分祭と言えば、舞妓さんの舞踊奉納くじ付きの福豆です。今年こそは行ってみたいと思う方は、ぜひ記事をチェックしてくださいね。


スポンサーリンク

八坂神社節分祭2017!日程など概要は?

八坂神社節分祭は毎年、2日間に渡って開催されます。2月2日~3日に渡って、午前9時から午後5頃まで開催されます。舞妓さんと芸子さんによる舞踊奉納や雅楽会、獅子舞、今様歌舞会による舞踊奉納もありますよ。


さらに、毎度の舞踊奉納後には、豆まきが行われますよ。甘酒の接待も楽しめます。
さらにくじ入りの福豆や一年の災難を祓ってくれる串札というお札も限定販売されますよ。


八坂神社/節分祭




八坂神社節分祭といえば舞妓さんによる「舞踊奉納と豆まき」

2日間ある節分祭の午後1時午後3時舞妓さんと芸子さんの舞踊奉納と豆まきが行われます。豆まきは舞妓さんたちと混じって、年男、年女もいっしょにやりますよ。


お祭り期間中に参加する舞妓さんと芸子さんは4つの組が参加するので、事前に詳しく調べてどこを目がけて行くのか決めると良いでしょう。




2016 節分祭 1 先斗町 「梅と松」 八坂神社 舞妓さん 2016年2月2日



「福豆」は必ず買っておこう!

豆まきと同時に福豆の販売を行っており、豆まきで投げられる福豆が入手できなかった方は購入することでご利益が得られるわけです。1袋300円と良心的です。


さらに、袋の中には福引券が入っており、その福引券を持って三角くじを引くことができる「節分景品福引所」に行くと、番号がボードに書かれており、景品の引き換えができます。景品は毎度変わり、協賛企業によるので何とも言えませんが、ハズレだとスポンジなどがもらえますよ。

スポンサーリンク

引き換えは、午前10時から午後5時までで、2月2日から3日の祭り期間に限るので注意してくださいね。


2011.2.2八坂神社 節分祭1/2



京都の節分といえば「四方参り」

京都の節分と言えば、「四方参り(よもまいり)」が有名です。これは節分の日に鬼が鬼門(北東)から現れ、北東の吉田神社→南東の八坂神社→南西の壬生寺→北西の北野天満宮の順番に追われて、最後の北野天満宮で閉じ込められると言われ、1000年前から続く参拝方法として知られています。4つ全部を回ると幸福をより得ることができるそうです。


そんな4つのお寺や神社の節分祭りは以下の通りです。


吉田神社

吉田神社節分祭は、2月2日~4日までの3日間で、2月2日に開催される鬼やらい神事が見所です。さらに、2日~3日に出る800ほどの露店も人気です。年越しそば屋台は節分名物らしいですよ。他にも、抽選付きの厄除け福豆も人気ですよ。


八坂神社

八坂神社節分祭は、2月2日~3日の2日間で、舞妓さんの舞踊奉納と豆まきが人気です。


壬生寺

2月2日~4日までの3日間で開催され、2月2日~3日には節分という演目の狂言が13時から1時間おきに8回も行われます。セリフのない劇なので、だれでも楽しめますよ。さらに、ほうらく奉納という素焼きのお皿に願い事を書いて奉納する行事が人気ですよ。


北野天満宮

2月3日に行われる節分祭は、舞妓さんと芸子さんによる日本舞踊奉納や狂言を見ることができます。舞妓さんや狂言師さんたちによる豆まきも人気ですよ。福豆の数も多いので、入手しやすいと言われています。


京都 壬生寺節分祭 大護摩祈祷



【最後に】

setsubun_akaoni_mame

福豆も舞妓さんの舞踊奉納もとっても楽しめる八坂神社の節分祭は2日間開催されるので、他の「四方参り(よもまいり)」のお寺や神社と合わせて参拝されることをおすすめします。福豆の抽選も運試しだと思って試してみてくださいね。

スポンサーリンク