初心者でも爽快に♪グアムでオフロードアドベンチャー!バギーもATVもあって日本人スタッフ在中で不安なく楽しめる!

buggy海外旅行・国内旅行

今回のツアーはこんな方にオススメ

  • アクティブなアドベンチャーがしたい
  • 自然と触れ合いたい
  • 初心者でもATVやバギーに乗ってみたい
  • 日本語対応スタッフ必須
  • スタッフの対応がいい、アドベンチャーのスペシャリストの会社を利用したい

今回参加したのはベルトラの

グアム オフロードアドベンチャー 豪快にバギーで駆け抜ける爽快体験! <無料送迎サービスあり>

  • バギー<2名相乗り乗車>

を予約。主催会社はGuam Adventures(グアムアドベンチャーズ)です。


出典:グアムアドベンチャーズ公式サイトより

グアムアドベンチャーズについて

  • 住所:Guam International Raceway, Yigo, 96913 グアム
  • 電話番号:+1 671-989-0900
  • 営業時間:8時30分~17時
  • 定休日:日曜日


繁華街タモン地区からグアムアドベンチャーズまで車で20分ほど

敷地は広く、駐車スペースも余裕の広さなので現地まで自分で行くことも可能です。ホテルまでの送迎もあり。予約時に、「送迎あり」か「送迎なし」を選択します。

グアムアドベンチャーズは、オフロード、ハイキングやマウンテンバイク、ゴーカートやスーパーカー、ジップラインなどのスリリングなアドベンチャーを提供しているアドベンチャーのスペシャリスト。

サイパンにも姉妹店があるので、サイパンでもアクティビティができます。

Guam-adventures01

Guam-adventures02

受付や説明の場所は広く、ヘルメット、クロックスなどのレンタル、貴重品預けロッカーがあります。

靴が汚れて困る方は、無料でクロックスのレンタルができます。ウエストポーチを1組に1個貸してくれるので、ここにケータイなど持っていきたいものを入れていきます。

スクリーンもあり、ここで映像による注意解説や乗り方の説明を受けます。その後、英語での口頭説明もありますが、日本語で通訳してくれるので安心!

Guam-adventures03

この室内をでた屋外にトイレ(男女別)であります。

コースにでてしまうとトイレはないので、乗車前に必ず行っておきましょう!

Guam-adventures04

オフロードアドベンチャーは初心者でも安心♪

泥道やでこぼこ道などを走り、大自然を満喫。使用する車種(ATV、バギー)は面倒なクラッチやギアの操作なしなので初心者でも簡単。

2人乗りもあるからカップルや友達と乗ったり、運転に自信のない人はガイドが運転してくれるツアーがお薦めです。

  • 開始時間:8時30分、10時30分、14時、15時30分(予約時に選択)
  • ツアーに含まれるもの:ヘルメット/ウエストポーチ/英語インストラクター/日本語スタッフ(乗車前の説明・レクチャー)/ホテル送迎
  • 運転可能年齢:18歳以上
  • 参加年齢:4歳以上(4歳~17歳までは助手席での参加

使用する車種3種類とガイド運転プランの計4プラン

初心者でも練習あり、レクチャーあり

「安心ポイント①」
コースに出る前に、実際のバギーを使用して乗車前にアクセル、ブレーキ操作をユーモア交えながら単語での日本語&英語でレクチャー。その後、オフロードアドベンチャーへ出発!

途中にある休憩ポイントで2名乗りの方は運転を交代するので、2人とも運転を体験できます♪

「安心ポイント②」
出発後すぐ、いきなりオフロードコースではなく、練習コースをゆっくり走って練習します。

なので、練習したい方、初心者の方は前半に運転しましょう!

練習コースは高低差も少なく走りやすいコース

ガイドさんが1番前を走り、縦列しながらついていきます。加速もしないので安心。

とても開けた見通しの良い場所で練習です。

スタート時から、同行するカメラマンが随所で撮影してくれています。

puractice-area

Off-road-course09

オフロードコースは大自然で爽快!

オフロードコースは、でこぼこ道が多く、水たまりエリアが多数。

確実に汚れます!!泥水の跳ね返りを全身に浴びるのは覚悟しましょう。

筆者は、Tシャツ短パンで挑みましたが、服だけでなく、足、顔、首、なぜか背中まで汚れていました。

実際に走った道はこんな感じ。

Off-road-course01Off-road-course03Off-road-course05

Off-road-course02Off-road-course04Off-road-course06

休憩手前では、最後に泥水の制裁を。

Off-road-course07

大きな木のところで休憩。

休憩所は本当の憩いの場

運転の交代&休憩を兼ねた場所は、実は海沿いの絶景ビュースポット!

View-spot

ここでもカメラマンが1組ずつ海をバックに写真を撮ってくれます。

運転を交代し、草木に覆われた道を戻っていきます。

Off-road-course08

約1時間ほどでコースは終了。

ツアー終了後もおもてなし

ツアーが終了すると、受付等をした屋内に戻ると、初めに着席していた席に各席ごとへ

  • 冷たい水
  • ポップコーン

が用意されていました。これは、かなり嬉しい。

1時間炎天下の中遊んできているので喉は乾き、小腹も空いて帰ってきています。

巨大スクリーンで撮影会

この場面は撮影禁止なので映像がありませんが、ツアー中に撮影された写真がその場でスクリーンに映しだされます。

それも撮りたての写真に音楽をつけスライドショーで再生。

ツアーで一緒になった方達は、初対面の方達ですが、この時は友達の映像を見ているかのような気分になります。

こんな感じで泥水を浴びているとこなどの瞬間も。

Off-road-course10

撮影された写真はデータで購入可能

その場でケータイにデータ転送やUSB、CDRなど。人数や媒体により値段は変わります。

ちなみにケータイにデータ転送は$30(約3,330円)。5分ほどで全て完了。

まとめ

海外でもバギー体験をしたことのある筆者には少し緩めのコースに感じました。川や高低差の激しい岩道などを走るような危険な道ではなく、基本は泥などのぬかるんだ道、でこぼこ道が大半です。

初心者向けなコース、丁寧なレクチャーなので初めてでも完走できます。

童心に返って泥まみれになり、はしゃぐ。自然とも触れ合えて、キレイな景色も見れる。こんな時間は普段過ごせない時間です。

日本人のスタッフもいる点がさらに安心感を与えてくれ、グアムにいても日本人のおもてなし精神を受けられます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました