りんご病かも!?赤ちゃん(4ヶ月)でもりんご病に感染するの?症状と治療法は?

7月のお祭り

生後4ヶ月の赤ちゃんのほっぺが赤すぎ!熱もある!これってりんご病?

2

4ヶ月の赤ちゃんのほっぺが熱い、しかも発熱もしているとなると、一番先に疑って良いのがりんご病です。

まずどんな症状がでるのかご紹介します。

感染経路

・飛沫感染

・母子感染

りんご病の症状

・両頬の赤み、盛り上がり

・微熱(37℃程度)

・腕、足、胸、背中にも赤い発疹が広がる

・発疹のかゆみ

このような症状があったら、すぐにお医者さんにかかりましょう。

中には風邪のような症状頬の赤み・平熱の状態から症状が始まる場合もあります。

少し盛り上がったような頬の赤みがあり、いつもと違う様子なら、様子見はしないで、すぐお医者さんへ行って下さいね!

りんご病の正式名称は「伝染性紅班」といいます。

ヒトパルボウイルスB19」というウイルス感染でりんご病を発症します。

潜伏期間は10日前後発症は10日から20日と長い期間、姿を現さないので、感染後すぐはわかりません

発症する1週間ほど前、風邪のような症状が出る頃に、一番ウイルスが活性化しています。

そのため、ほっぺが赤くなり症状が出始めた頃には、ウイルス自体の感染力は弱まっているのだそうです。

1年中可能性はありますが、りんご病が増えるのは7月頃。

もし風邪のような症状があったら、りんご病の可能性も考えておくと良いですね。

生後4ヶ月でもりんご病に感染するの? もう少し成長してからじゃないの?

3

でも、4ヶ月の赤ちゃんがりんご病に感染することってあるのでしょうか?

もう少し大きくなった子供達がりんご病を患うイメージがありますよね。

りんご病のピークを調べてみました。

りんご病のピーク

1.5歳~9歳

2.0歳~4歳

一番多いのは、やはり5歳~9歳。

小学生低学年の頃が最も多いといわれます。

ですが、次いで多いのは0歳~4歳なんですね。

調べてみると、やっぱり0歳児の頃からりんご病に感染している子供が沢山います。

0歳~10歳を迎えるまでは、りんご病にかかりやすい時期と思っておくと良いですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました